« 引越し間近 | トップページ | 引越し完了 »

2006年9月27日 (水)

DEATH NOTE

2_8今日は久しぶりにマンガ本の紹介。

映画化されて話題になった「DEATH NOTE」。とっても気になっていたのですが、なかなか読むチャンスがなく、ようやく友人からまとめ借りをして読み終えました。

このノートに名前を書かれた人間は死ぬ…。
死神 リュークが人間界に落とした一冊のノート「DEATH NOTE」。ここから、二人の選ばれし者「夜神月」と「L」の壮絶な戦いが始まる。かつてないスリルとサスペンス!

というキャッチコピーがついているのですが、ありえない話ながらも色々と考えさせられる内容でした。

相手の顔を思い浮かべ、ノートに名前を書くとその数分後に名前を書かれた人間は死んでしまう。病気や事故といった死に方も指定できる。本当にそんなノートが存在し、自分の手に入ったら……。

考えるだけで怖くなってしまいます。

マンガとはいえ、文字も多く内容がめちゃ濃いので毎晩1冊ずつ読むのがやっとでした。娘たちが寝てから読み始めても毎晩たっぷり時間がかかってしまい、おまけに読み終えた後に色々と考えてしまって寝付けないのです。

でも先が気になって仕方ない。。。そんな作品です。

最初は違和感のあった死神や超個性的なキャラクターたちも、読んでいくうちにいとおしく思えてきました。

映画の方は後編の公開も決まっているようですが、どんな風に仕上がっているのか気になります。

それにしても最近はマンガが原作のドラマ化、映画化が多すぎませんか?ネタがないんでしょうかねぇ。。。。

« 引越し間近 | トップページ | 引越し完了 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/124803/3606761

この記事へのトラックバック一覧です: DEATH NOTE:

« 引越し間近 | トップページ | 引越し完了 »