« おもしろカレンダー | トップページ | JILLの朝…その1 »

2006年10月31日 (火)

展覧会

061029033_1日曜日は娘たちが通う小学校の展覧会でした。

いつもはお昼に一度帰ってきて、午後から片付けをするため学校に集合なのですが、今年は昼に全校餅つきを行うため、お弁当持ちでした。

「お餅も食べるのでいつもの半分くらいのお弁当を持たせてください」とお便りがきて、小さなおにぎりとおかずを少しだけ持たせて登校。

私も片付けを終え10時頃学校へ。展覧会の日は毎年ゲストを呼んで鑑賞会などを行います。今年は何年か前にも招待した高校生たちのブラスバンドの演奏でした。

生で見る色々な楽器ときれいな音色に子どもたちも静かに鑑賞していました。最後にはブラスバンドの演奏に合わせて全校生徒が「翼をください」を合唱。とてもよかったです。

鑑賞会の後に急いで教室を見てまわり娘たちの作品をデジカメで撮影。

上の写真は長女の版画でタイトルは「ひみつの景色」。自分でイメージした想像の世界を表現したと思うのですが、なかなかいい感じに仕上がっていました。

後ろにそびえ立つ山は富士山?長女は生の富士山をとても見たがっていて、一種の憧れがあるようです。。。。

確かにそう簡単には富士山を見ることはできないので、わかる気がします。いつか春休みにでも連れていってあげたいなぁ。。。

写真は体育館で行った全校餅つきの様子。低学年、中学年、高学年と3つの臼が用意されており、杵もそれぞれの学年に合わせた大きさのものが並べてありました。

061029037_1もち米を近所のおばあちゃんたちがふかしてくれ、父親やおじいちゃんたちが見本を見せ、子どもたち全員が交代でペッタン、ペッタン餅つきをしました。

演奏してくれた女子高校生たちも大喜びで一緒に餅つきを楽しみ、つきたてのお餅は母親たちが「きなこ」「餡」「大根おろし」の3種類をつけていただきました。

「大根おろし」は思っていたよりも美味しくて好評。甘いものが苦手な人やカロリーを気にしている高学年の女子、女子高校生、そしてお母さんたちに大人気でした。

とても盛り上がった餅つきでしたが、展覧会の方は年々展示されている物も内容も少なくなったような感じがします。

生徒数が少ないせいもありますが、「とりあえず間に合わせて作った」みたいなものが多く、私たちが子どもの頃のような訳にはいかないようです。

061029069

確かに土曜が休みになって授業数が減ったのに、総合学習の時間などが増え、なかなか作品づくりだけに時間をとるのも難しそう。

それでもここの学校はPTAの作品展示もあるし、廊下などには飾り付けもしてあり、父兄や地域の人たちが大勢足を運んでいました。

安全面のこともあってか、展覧会を行っていない小学校も多いと聞きます。何だか学校がどんどん閉ざされていく。。。。残念な話です。

最後の写真は下校してくる娘たちをストーカーのように撮影。2階から見ていたら、楽しそうな笑い声をあげながら帰ってきました。

« おもしろカレンダー | トップページ | JILLの朝…その1 »

行事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« おもしろカレンダー | トップページ | JILLの朝…その1 »