« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

2007年4月30日 (月)

JILLの苦手

070430gw002ゴールデンウィーク3日目。初日は天気も悪く、娘たちと家でゴロゴロ。掃除をしたり、お昼寝したり…。

2日目の昨日は快晴。お友だちファミリーが遊びに来てくれて、子どもたちはゲーム&外遊び。ランチをみんなで楽しんで、夕方まで賑やかに過ごしました。

そして今日は朝から快晴&暑い。この春最高の気温で22度くらいまで上がったのでは…。

070430gw029

午前中、娘たちはちょっとした行事で学校のグランドへ。私と帰ってきていたダンナさまで2階のベランダを大掃除。冬の間にたまった、枯葉を掃きとり、デッキブラシでゴシゴシ。

ダンナさまは汗だくになって働いてくれました。(私はバケツの水汲み係)

午後からJILLを連れて公園へGO。娘たちはそれぞれお友だちと遊ぶ約束をしてしまい、私たち夫婦とJILLでのおでかけ。この組み合わせは珍しい。。。

070430gw036_1

娘たちが大きくなると、だんだん親より友だち中心に。それが当たり前なのですが、ちょっぴり寂しい母でした。

さてさて、天気がいい事もあり、いつものスポーツ公園は多勢の人とワンがいました。

JILLもはりきって出発したものの、暑さのためか少しするとハァハァ状態に。

日陰に入って休憩をしながら広い芝生の広場へ。ロングリードに付け替えて自由行動にしたものの、

すでにお疲れのようで、あまりはしゃいでくれませんでした。いつも元気がいいのは最初だけで、電池が切れるのも早いんですよね。。。

それでも芝生の上を楽しそうに行ったり、きたり。とっても嬉しそうなJILLにこっちまでにんまり。お姉ちゃんたちが来なくて残念でしたが、楽しいお散歩ができました。

今日は本当に色々な犬種のワンがいて、すれ違うたび、挨拶をしていたのですが…ある事に気がつきました。

今までは自分より大きなワンが苦手だと思っていたのですが、どうやら同じ犬種…つまりフレブルが苦手なようなのです。

ちなみに、トイプードル○、ミニチュアダックス○、コーギー○、ゴールデンレトリバー○…フレブル×、ボストンテリア×。。。そうです、同じハナベチャ犬には近づくどころか、視線を外してしまうのです。

今日も2匹のフレブルちゃんにお会いしたのですが、飼い主さんには飛びついて頭突きをくらわせながら喜んでいたくせに、フレブルちゃんには近づくどころか、反対方向へトコトコ。。。まったくなさけない…。

確かに大きなワンは得意ではないようですが、レトリバーのような穏やかなタイプは自分から近づいていくのです。何で同じハナペチャがダメなのか不思議ですが、ひとつ謎がとけたような気分になりました。

070430gw042

公園の帰りにホームセンターでお買い物。ペット専用のカートに乗せると、前足をのせて、得意げにあたりを見渡しています。

でも、パピーの頃このカートから落ちた経験のあるJILLなので油断は禁物。

すれ違う子どもたちに「かわいい~」と言われながら、お買い物を楽しむJILL。大好きなパパちゃんとお出かけできて、よかったね。

2007年4月26日 (木)

おニューの服と首輪

070426002みなさん、こんにちわ。あたちはJILLです。このクリクリした瞳、色白な肌、どーみても可愛い女の子でしょ。

なのに…。昨日も東京にいるパパちんからあたちにプレゼントが届いたの。その前にもおニューの服が…。でもね、ちょっとコレって男の子用じゃない。。。

とJILLが思っているかどうかはわかりませんが、ダンナさまから届くJILLへのプレゼント。確かに男っぽすぎます。。。

Dsc09910

昨日届いたのは、鋲打ちのハードな首輪。前にしていたものより、よりハードなタイプ。確かに格好いいです。フレブルによく似合います。

そして「SALEだったから買っておいた」と送られてきた洋服。ド、ドクロマークと迷彩柄に恐竜!?

娘たちからはブーイング。。。「JILLは可愛い女の子ちゃんなのに、父さんったら」とあきれています。

070426004 でもどの服もよく似合うのよ、これがまた。でもこんなの着て、鋲打ち首輪してたら、絶対男の子と間違えられます。

だいたいJILLって名前も男の子と間違えられやすいし…。

もちろんこの名前もダンナさまが決めたもの。娘たちはもっと女の子っぽい、可愛い名前にしたかったようですが…。

070426006ところで、ぶるみさんちのぶるぞう君が、大きくになるにつれ、真っ白だった毛にクリームが混じってきたとブログに書かれていました。

うちのJILLもパピーの頃は本当に真っ白だったのですが、背中からお尻にかけて、そして耳の毛にクリームが濃く出てきています。

蛍光灯の下で撮ったので、写真ではあまりよくわかりませんが、「やっぱりクリームなのね~」とくらいベージュの毛が目立ってきました。

070426008

さてさて、久しぶりに家の中で元気に遊ぶJILLを撮影。

後ろ姿は、おやつを前に「待て」の状態。

そしておやつのためなら、ほら、こんなに上手に二本足で立つことだってできます。

ママになでなでしてもらっていると、とっても気持ちよくて、思わず体をよじって、お腹丸出しの無防備状態に。。。「もっと、もっとなでて~」

070426014

遊び疲れて、そろそろお休みの時間。ソファの上はお姉ちゃんたちが占領しているから、仕方なくベッドの中で丸くなっています。(でもこのあと、ソファが空いたら、すぐおばあちゃんの足元で甘えながら寝入ってしまったJILLです)

最近、ちょっとおやつの食べすぎか、ふっくらしてきたJILL。ちょっと油断するとすぐプクプクに太ってしまうので要注意!洋服を着せてみると、ムチムチ具合がよくわかります。

2007年4月24日 (火)

花壇

070421005春の花がきれいな季節です。

我が家の玄関前の花壇もご覧の通り、花さかり。といっても、コレは「緑の手」を持つおばあちゃんが植えてくれたもの。

花壇だけでなく、道端の路肩にも綺麗な花を植えこんでくれて、通る人の目を楽しませてくれます。

野菜や植物を育てるのが大好きで、とても上手。とても私には真似のできない趣味です。

季節ごとに庭の手入れをして、私たち家族の目と心を楽しませてくれる「緑の手」。そんなおばあちゃんが先日誕生日を迎えました。

私からは柔らかくて履き心地のいい革の靴を。娘たちはそれぞれ自分の小遣いからプレゼントを購入。長女はケーキ型にデコレーションされているタオルハンカチ、次女はマグカップとティースプーン。おばあちゃんはとっても喜んでくれました。

春です。そしてまもなくGW…遠出の予定こそありませんが、今年も家族総出で田植えを楽しみます。。。

2007年4月23日 (月)

最近面白かったもの

S20平日の夜、娘たちが寝てからのお楽しみは、DVD鑑賞や読書です。

春休み中は娘たちの夜更かしが続き、なかなか時間が取れなかったのですが、ようやく10時を過ぎると自分時間が確保できるようになりました。

読書といっても、今、夢中で読んでいるのが浦沢直樹の「20世紀少年」。この作者の作品は、連載中の「PLUTO」、最初から最後まで一気読みして、その内容の重さにしばらく考えこんでしまった「MONSTER」を読みましたが、そのどちらにも負けず劣らず面白い作品です。現在22巻くらいまで出ているようですが、ようやく15巻までたどり着きました。(知人からダンナさまが借りて、それをまた借りて読んでいます。レッサーパンダ?さま、ありがとうね~)

以前、NHKの「プロフェッショナル」で作者である浦沢直樹を取り上げていたのを偶然見ました。作品に対する熱意、真剣さもさることながら、こだわりの仕事に感心させられたものです。

「20世紀少年」は小学生時代のともだちと過ごした過去と現在がリンクしながら進んでいきます。設定が私よりも少し上の世代の話ですが、「大阪万博」など私の幼い頃の記憶にもある場面がたくさん出てきて、ノスタルジックな気分を味わっています。

続きが気になるし、どんな結末が待っているのか…早く知りたいよ~。。。

Photo_65

DVDの方は、ようやく「デスノート後編」を見ることができました。

前編はずいぶん前にDVDで見ていたので、とっても気になっていたのですが…。以前このブログでも紹介したように原作のマンガも読破しています。

映画ではどんな結末を迎えるのか…と思いながら見ました。ボリューム的には原作全体の半分でおさめてあるものの、なかなか考えられた結末だったと思います。

そして「夜神月」と「L」の対決。藤原竜也も松山ケンイチも良かったなぁ…。

Photo_66 そして藤原竜也つながりで見たのが、ずいぶん前にテレビでやった「古畑任三郎ファイナル」。多彩なゲストが犯人役の大好きなシリーズでしたが、ファイナルの3作品のうち、イチローと松嶋菜々子の回は見たのですが、藤原竜也&石坂浩二の「今、蘇る死」は見損ねていたのです。

これは3作品のうち、一番面白かったなぁ~。田村正和演じる古畑も良かったけど、脇を固めるレギュラー陣がとにかく笑わせてくれました。そして少年がそのまま大人になったような藤原竜也が演じた青年とその恩師役の石坂浩二。みんな演技のうまい人たちばかりで、テレビ番組というよりもミニ映画を見ているような感じでした。

2007年4月21日 (土)

遊園地へGO

070421010昨日はとってもいいお天気だったのに、今日は曇り~雨。

前から計画していた遊園地へ行ってきました。

昨年の暮れに親子3人の1年間フリーパス10,000円を申し込んでおいたので、今日はそのパスを作ってもらうのが目的。

一緒に申し込んでおいた、仲良しご近所さん親子と、雨が降ってくるまで遊ぼうということで、少し早めに家を出発。

私たちが支度をはじめると、いつものようにJILLもそわそわ。おばあちゃんが外に連れ出してくれたのですが、車を出してくると乗りたがってお散歩どころじゃありません。

いつもこんな調子なので、本当に置いていくのがつらいです。それでも近くのワン友のところに行ったら、喜んであそんでいたようなので一安心。

070421025

自宅から30分ほどの遊園地、土曜だというのにガラガラ。天気が悪かったせいもありますが、これじゃ気分も盛り上がりません。

フリーパス用の写真を撮ってもらい、その後は乗り放題。次女も去年まで乗れなかった乗り物も克服し、子どもたちはとっても楽しそうでした。

途中、小雨が降ったものの、午後2時半ころまでたっぷり遊んで帰ってきました。

このフリーパス、2回行けば十分モトがとれる値段なので、今年はたくさん連れていってやろうと思います。

ワンも同伴できるといいんだけどなぁ~。

写真上は次女が初挑戦した「ツインドラゴン」という乗り物。下は「あたちはまた、おるすばんでちた」と少々スネ気味の今日のJILLです。

2007年4月16日 (月)

ブヒの花見

Photo_64日曜日、ドッグカフェheitaさんの企画でお花見が開催されました。

この前日は強風が吹き荒れ、桜も散ってしまったのではないかと心配しましたが、満開の絶好の花見日和。

10時スタートだったのですが、私たちが到着したのは11時すぎ。花見の名所でもあるこの公園はすでに人でいっぱい。うまく合流できるか心配でしたが…歩いていると、前方にブヒがいっぱい。。。

070415015すぐにわかりました。しかし、9時から場所取りをしていてくれたというheitaパパチンたち。お店のオープンの時間がせまり、すでにパパチンの姿はなく、Booさまと寅ちゃんが「みなさーん、ここですよ」と目立つ格好で出迎えくれました。

ちなみにBooさまはブタ、寅ちゃんはヒヨコに扮していたようです。。。

1ヵ月ほど前に皆さんとお会いしたばかりですが、やはりJILLは最初から逃げ腰。心なしか顔つきも不安そうです。「あたちは…ちょっと…ここじゃない方が…」

070415021

みんなが「JILLちゃ~ん」って呼んでくれるのに、トコトコとひとりでどこかへ行こうとするJILL。抱っこして皆さんの輪に入れたものの、やっぱりダメ。

そんなJILLを見つめる愛しそうな視線…そーです、ナッツ君の姿も。残念ながらナッツ君ファミリーは早々にお帰りになってしまい、今回もゆっくりお話しができず、残念でしたが、ナッツ君の変わらぬ熱い視線が嬉しかったです。

070415028

時間がたつにつれ、次々と色々なブヒちゃんが登場。(この日は別にフレブル大会ではなかったのですが、なぜかフレブルばかりが集まり、あっちでもブヒブヒ、こっちでもブヒブヒ状態でした)

070415029

ちょうど帰ってきていたダンナさまも、初めて会うブヒたちに喜んでいたし、娘たちもあっちでなでなで、こっちでなでなで、楽しそうでした。

ところが…そーです、ダンナさまに買ってもらったばかりのおニューの服を着て、鋲打ちのかっちょいい首輪姿できたJILLは、その格好とは裏腹にびびりまくり。

みんなとは違う方向を見つめ、視線さえあわせることができません。

070415033

それでもかろうじて、自分と同じくらいの大きさの子には少し近寄ることができて、鼻をクンクン。それもほんの一瞬だけ。自分より大きい子には、見つめられるだけで、びびっていました。。。

同じくらいの大きさのフォーンのあくびちゃんや、JILLと良く似たクリームのハナちゃんは、女の子なのに元気いっぱい。男の子とも遊びまくっていたのに、この差は何なのでしょう。

かろうじてJILLがご挨拶できたのは、ブリンドルのラムちゃん、そして偶然通りかかったグリム君くらいじゃないでしょうか。

070415041

大きくてハンサムな男の子、ブリンドルのどん君のおうちの方が、重箱にたくさんご馳走を持ってきてくださり、私や娘たちは遠慮たくたくさんご馳走になりました。

他のワンたちが楽しそうに遊んでいる間、JILLはブルーシートの上で私の横にピタリと座り、他のワンたちとはまったく交流する気なし。さすがにダンナさまもそんなJILLの様子を見て、「もっと社交的にならなくちゃ…」と言っていました。

飼い主さんたちにはめいいっぱい社交的なんですけどね…。

070415047

お昼前後はポカポカと暖かい陽射しがさして、とってもいい気分でしたが、日がかげると冷たい風が吹いて、座っていると寒くなりました。

それでも絶好のお花見日和。公園内は家族連れ、やグループでいっぱい。バーベキューをしている人も多く、どこからともなく美味しそうな匂いが漂ってきていました。

070415049誰と遊ぶこともなく、ブルーシートの上でお座りしているJILLに次女が「さむいでしょ~」とフリースのマフラーやベストでグルグル巻きに。されるがままのJILLの姿に皆さん爆笑。「なんで、あたちを笑うの?」ときょとんとしている顔がまた笑いを誘っていました。

070415052

この日はheitaの常連さんだけでなく、通りがかりのフレブル、ボストンテリア連れの方たちも思わず足を止めて交流するなど、本当にたくさんのワンとそのファミリーと楽しい時間を過ごすことができました。

お会いできず残念でしたが、heitaパパちんさん、本当に楽しい企画ありがとうございました。。。その後、お店に流れていった方が多かったようですが、皆さん入れたのでしょうか…。それが少し心配でした。

2007年4月15日 (日)

父さん大好き~

070414jilljun002今週末は単身赴任中のダンナさまが帰ってきています。当然のことながらJILLは大喜び。

朝からストーカーのごとく足元をウロウロ。そしてご覧の通り、ダンナさまの足の間で安心しきったようにお昼寝。

娘たち以上に「父さん大好き~」のJILLを連れて少しだけお散歩に出かけました。

今日は朝から強風が吹き荒れ、ようやく満開を迎070414jilljun007 えた桜も寒そうに見えました。

時々陽射しが射すものの、午後からは気温も下がり、どんより曇り空。

それでもせっかくの桜並木。雨がやんでいる間に少しだけお散歩。天気が良ければ、たくさんのワンたちとすれ違う公園なのですが、今日はほとんど会うことができませんでした。

花見もきっと明日がピーク。天気が良かったら、私たちもJILLを連れて大きな公園へ花見の予定です。

070414jilljun011

最後の写真は木曜日に同僚が撮ってくれた、会社の近くにあるしだれ桜。これが本当に見事で、特にこの日はご覧の通りの快晴だったため、まるで旅行会社のパンフレットのような写真が撮れました。

本当に今の季節、車を走らせているだけで、学校、神社、河川敷他、あちらこちらで桜が楽しめるので、気持ちもウキウキしてきます。

2007年4月12日 (木)

キッザニアへGO

070408101春のプチ旅行続きです。

最初の写真は1日目の夕方に訪れた「恵比寿ガーデンプレイス」。ここは私が東京で暮らしていた頃、10年以上前にできました。ホテル、オフィスビル、ミニシアター、デパート、飲食店などが入っている複合施設。

10年以上ぶりに訪れたのですが、老朽化など感じられず、全然変わっていないなぁと思いました。

070408112 友人宅に宿泊し、翌日は私と娘、そして友人とその娘と従姉妹の女6人で「キッザニア」へ。

実はダンナさまはまったく興味がないと思い、チケットを用意していなかったのですが、直前になって「オレも行ってみたかった…」と。慌ててチケットの追加を手配しようと思ったのですが、時すでに遅し…。春休み中ということで、当日券の販売もなく、ダンナさまは行けないことになりました。

それでも「オレも豊洲は行ってみたい」ということP1020647で、豊洲の駅で待ち合わせ。キッザニアの入り口まで一緒に来てくれました。

その後、彼はオープンカフェでのんびりモーニングと読書をして昼頃帰ったそうです。。。(そんなダンナさまの豊洲の感想は、人工的な街。。。確かにその通りでした)

豊洲は最近できた新しい街。巨大なショッピングモール「ららぽーと豊洲」の一角にキッザニアはあります。ららぽーと豊州は、広い通路、大小様々なシPhoto_63ョップが並び、オープンカフェやレストランがズラリ。映画館もあるのでカップルでも、ひとりでも、ファミリーでも1日楽しめそうな場所です。

キッザニアは10時入場開始なのですが、すでに大行列。並んでいる間に腕にセキュリティリングをつけて、さらに数十分並び、ようやく飛行機の搭乗口になっているゲートから入場。

子どもたちが主役の街であるキッザニア。中は薄暗い夜の雰囲気で、建物すべて2/3の大きさに作070408117られています。思っていたよりも広さはなかったものの、実際にある企業の看板が並び、本当に小さな街に訪れたようでした。

さぁ、いよいよお仕事体験開始。まずは入り口でもらったトラベラーズチェックを銀行で換金。50キッゾが最初の所持金です。キッザニア内ではお仕事をしてお給料がもえらるものと、支払って体験するものがあります。

長女は事前にやりたい事を書き出していたものの、初めての場所、人の多さに何からやっていいかウロウロ。人気のあるパビリオンにはすでに長蛇の列が。ここでは並ぶのも子どもの仕事。親が代わりに並ぶことはできません。

ひとつのお仕事体験で、ユニホームへの着替え、説明、体験、後片付けまでを行うのに、早くても10分、長いものでは40~50分かかるものもあります。

070408134しばらくみんなでウロウロして時間ばかりすぎていきます。そこでとりあえず次女とお友だちは「ソフトクリーム屋さん」に挑戦。これは比較的小さな子でも体験できる人気のお仕事ですが、回転が早いのでそう長く待たずに順番がまわってきました。

どのパビリオンもガラス貼りなどで中の様子を見ることができますが、親が一緒に入ることはできません。

ユニホームのエプロン、帽子を070408146身につけ、手洗い、消毒、そして機械の操作の説明を慎重な面持ちで聞いています。これは親バカですが、ユニホーム姿の子どもたちはとにかく可愛いかったです。

その間、長女はようやく最初のお仕事を見つけました。「ビューティーサロン」でネイルアートのお仕事です。水色のコスチュームに着替え、まずは挨拶の練習。お客さま役の子どもたちを出迎え、マニキュアをぬってあげます。お客さまを送り出し、片付けを済ませるとスタッフのお姉さんから、ひとり8キッゾずつお給料をいただきました。

070408156_1

このネイルアートのお仕事は、あとから次女たちも体験。チビさんたちが真面目な顔で取り組んでいる姿は微笑ましいものでした。

次に長女が選んだのはLIONが出店している歯科医院。白衣をきてマスクをし、寝たまま口を開けている人形の歯の治療をほどこします。

実はこの歯医者さん、一緒に行ったお友だちも参加したのですが、まだ小学校に入学したばかりの女の子で、途中でドキドキしてきて泣きながら出てP1020673きてしまいました。その姿がまた可愛い。ひとつ年上のうちの次女では考えられない姿です。。。

次女たちはネイルアートのあと、グルグルとフロア内をまわって仕事を探していましたが、なかなかすぐ出来るところがなく、結局時間切れ。あとは子どもたちでおしゃべりしたり、フロア内を行ったりきたりして過ごしていました。

長女の方は最後にラジオ局「J-WAVE」でパーソナリティーを体験。手渡された原稿を手にリハーサル。そして本番ではフロア内に放送が流れます。最後に本人たちが出演した番組を録音したCDとお給料をいただき終了。とっても楽しかったと喜んでいました。

このキッザニアでは、一番人気のANNのパイロットとキャビンアテンダント(スチュワーデス)、ヤマト運輸の宅急便、オートバックス070408143のカーサポート、モスバーガー、ピザーラでの調理、電力会社、テレビ局、新聞記者、消防署に警察官、小さな子の面倒を見る保育士さんなど、とにかく多様なお仕事があります。また、ドコモがやっている携帯電話ショップではキッザニア内で使える携帯がレンタルできたり、車の運転免許の取得も。スポーツクラブ、ファッションショー、マジックショーへの出演、たまったキッゾでお買い物ができる三越デパート、お仕事を探すハローワークまであるのです。

P1020689一緒にいったママ友と「子どもたちでなくて、私たちがやってみたいよね~」と話していました。

入場制限があるものの、まだオープンして半年ほど。チケットの予約を取るのも難しいし、オークションでは高値で取引きされています。

結局、少ししかお仕事を体験できませんでしが、娘たちはとても楽しかったようで、特に長女はまた絶対連れてきて欲しいと言っていました。

一応、年齢制限は15歳までなのですが、一番楽しめるのは小学校4~6年生くらいでしょうか。まぁ、今回は初回ということで「こんなものかなぁ」と思いながら帰ってきました。

余談なのですが、実はキッザニアから出て、少し歩いたところで、次女が腰につけていたおサイフがないことに気づいたのです。キッザニアでもらった財布とキッゾ、そしてキャッシュカードが入っています。あわてて探しながら逆行し、キッザニアのスタッフに声をかけました。キャッシュカードには次女の名前が書いているので、それだけが頼り。すぐ手配しくれたら、銀行に財布が届けられていたそうです。「よかった~」と一安心し、スタッフの方にお礼を言って、その場を後にしたのですが、もしかしてと思って財布の中を見ると、やっばり…次女の所持金50キッゾが抜かれていました。

まさか子どもが抜くとは思えないので、拾った大人の仕業だと思われます。じつはこのキッゾだけでもオークションにかけられているんです。。。。

落としてしまった次女の責任でもあるので、本人は落ち込んでいたものの「なんでキッゾだけ抜かれちゃうの…」といまいち納得がいかなかったようです。最後の最後に本当の大人の世界のイヤ~な部分を見せてしまった気がします。

そしてもうひとつ、先月のディズニー旅行前に新しいデジカメを買おうか迷っていたのですが、まだ使えるし…とかなり古くなったカメラをそのまま持参。しっかり充電しておいたのですが、初日に動物を撮りまくりすぎて、なんと電池キレ。本当は美味しかったお好み焼きやステーキの写真、キッザニアの様子などもいっぱい撮りたかったのですが、娘たちのお仕事風景を撮るのが精一杯でした。最後にはレンズの収納もできずまままったく動かなくなってしまいました。。。やっぱり新しいデジカメ買わなくちゃ~。。。

2007年4月 9日 (月)

動物園へGO

070408002先週末、娘ふたりと春休み恒例のプチ東京旅行へ行ってきました。(3年連続です)

今回の目玉は「キッザニア」。何ヶ月も前に予約を入れ、ようやくたどりついた出発の日。

土曜の朝、新幹線で東京へ。東京駅で単身赴任中のダンナさまと合流。この日はまだ桜がかろうじて残る上野動物園へGO。

上野動物園は何度か来ていますが、今回はプチリニューアルしているという情報を得て、何年かぶりに訪れました。

上野駅周辺は相変わらず観光客でごったがえしており、昼間から宴会を始めている花見客もかなりいました。

070408003「上野動物園」といえばやっぱりパンダ。ですが、ご覧の通りすごい寝相でお昼寝中。顔を見ることができずに残念でした。

続いて新しくなった「かわうそ」君のところへ。丁度エサの時間で大混雑。それでも何とか側まで行って、かわうそ君の可愛い顔をアップで撮影。

今までなかった仕掛けのひとつで、池から透明の筒がのびていて、これまた透明の箱の中にエサをもらいにカワウソ君がやってくるのです。

070408007

箱の中でギャラリーに見つめられながら美味しそうにお食事。子どもたちが喜びそうな仕掛けです。

実は上野動物園も数年前から「旭山動物園」を見習ってか、檻の中の動物でなく、自然体の動物が見れるように、いくつか動物たちの居場所をリニューアル。

そのせいもあって以前より動物臭さも気にならず、それぞれの展示にも工夫が見られます。

070408013

動物の足跡、大きさ比べ、体重の表記、トラや象の実物大模型(乗って撮影ができる)など、よりリアル感が味わえるようになっていました。

写真のライオンやトラも檻の中ではなく、広い森の中にいるような造りになっており、ガラス越しに間近で見る事ができます。

070408024

同じようにゴリラの森では、それぞれのゴリラが思い思いの場所で、好きなポーズで日向ぼっこ。

中には布をかぶっているゴリラの姿も。。。

070408037

白熊、熊の森、サル山、そしてシマウマやきりん。ひととおり園内をまわりました。

素晴らしく変わって綺麗になったという訳ではありませんが、施設全体が整備され、何よりも以前来た時のカラスがいない!

前回来たときは、食事中もつねにカラスが側にいて、親が席を離れると、容赦なくテーブルにのっている食べ物を持ち去っていったものです。どうやってカラス対策をしたのか…。ハトはたくさんいましたけどね…。

070408047

天気のいい春、ということで、家族連れや海外からの観光客もとても多く、特に中国や韓国の方と思われるアジア系の観光客がたくさんいました。

ディズニーへ行ったときもそうですが、年々、中国方面からの観光客が増えているような気がします。

東京が地元の友人の話では「デパートで高級品買っている中国からの観光客多いよ」とのこと。

バブル期に日本人がハワイやヨーロッパなどで、ブランド品を買いまくっていたのとどこか似た感じがします。

070408053

ところで、象の下の写真、何の動物か分かりますか?そうです、今人気!?の「カピバラ」さんです。

オレンジ色のヌイグルミがあちらこちらで売られているマスコット的な存在。

この日はじっと目を閉じたまま、動きませんでしたが、女の子たちから「かわいい~」との歓声が…。うちの娘たちも「かわいい」と言っていましたが、正直私にはその可愛いさがよくわかりません。。。

070408071キリンの写真は大きすぎてうまく全身が入らなかったので、長くて細い足を撮ってみました。

このキリンにしろ、シマウマにしろ、体の模様は良く見ると本当に綺麗で不思議。

動物園に来るといつも思うのですが、テレビの中で見ているだけでは、その大きさやしぐさ、迫力感は絶対味わえません。

そう思って、何度も娘たちを連れてきてしまうのです。でもさすがに長女は「もう動物園はしばらくいいや」とのこと。確かに少し前に「多摩動物園」に連れていったばかり。

でも動物園って私はけっこう好きなんだよね。入場料も安いから、気軽に行けるし…。

主だった動物を中心に園内をまわり、最後にお土産屋さんへ。娘たちはそれぞれ自分用、お友だち用に買っていました。中でも長女が気に入ったのが、象のウンチで作った用紙でできたノート。草が主食の象のウンチを紙にしちゃったらしいです。。。和紙っぽい感じの質感で、もちろん臭さはありません。

070408097_1

動物園を後にして、上野公園内を歩くと、花見客で大盛り上がり中でした。

電車を乗り換え、ダンナさまが住む町へ。

始めて父さんが住む部屋に訪れた娘たち。第一声は「せっまーい」。そりゃそうですよ。便の良さだけで都心部を選んだ部屋なので、4人もいる場所がない。もう少し広い部屋ならお泊りできるんだけどなぁ…。

でも5階にある部屋の窓からは目黒川の桜が見えます。少し部屋で休んでから、早めの夕食をとりに恵比寿ガーデンプレイスへ。38Fの展望レストラン街でお食事です。

窓から見えた目黒川の歩道を桜を楽しみながら歩き、恵比寿に向かいました。

夕食はお好み焼きと鉄板焼きのお店へ。素晴らしい夜景に長女は大喜び、食事もめちゃ美味しかったし、楽しい時間を過ごせました。

その後、恵比寿駅でダンナさまとお別れ。私たち3人は友人宅に宿泊です。そして翌日はいよいよ「キッザニアへ」。その様子はまた次回。。。

2007年4月 5日 (木)

ドリームガールズ

326032view011見てきました~「ドリームガールズ」。

見た人の感想はどれもよかったということで、とってもとっても見たかった映画。明日で終了ということで、仕事帰りにちょっと無理して行ってきました。

本当は同僚と行く予定だったのですが、熱を出してお休みしてしまい、一人で行ってきました。久しぶりの一人映画。。。

平日の夕方からで、終了間際の映画ということでもちろんガラガラ。カップルが3組と女性同士のグループ、あとは私のような一人鑑賞が数名。ちょっと寂しい劇場内でした。

でも、楽しかった~。ステージも歌も最高。やっぱり大画面で見て良かったです。まさにハリウッドのエンターテイメント、ドリームストーリーを描いた作品ですが、時代を感じる衣装やメイク、そして華やかなステージ。あっという間に時間が過ぎてしまいました。

「シカゴ」も良かったけど、「ドリームガールズ」もブロードウェイミュージカルがモトだけあって、素晴らしかったです。主演のビヨンセはとっても綺麗。そしてアカデミーに輝いたジェニファー・ハドソンの歌唱力と演技は感動モノでした。

やっぱりこの手の映画は大きな画面の方が数倍楽しめますね。

ただ残念だったのが、見終わった後の感想を語る相手がいなかったってこと。ピエールママさん、今度お会いしたらぜひ語らせてください。。。

2007年4月 4日 (水)

お散歩の帰りに

070401066日曜日のお散歩話の続きです。

公園で遊んだ後、ドッグカフェheitaさんでランチ。そして夕方、ワクチンを打ってもらいに動物病院へ行きました。

この病院はパピーの頃からお世話になっている、とっても優しい獣医さんのいる病院。

でもJILLにとっては、大嫌いな耳の洗浄をしたり、避妊手術をしたイヤな思い出ばかりある場所。

案の定、車から降りたとたん尻込み。ダンナさまにうながされてようやく中に入っていきました。

070401068待合室では騒ぐこともなく、娘たちに抱かれて外を見つめるJILL。「はぁ~今日は何されるんだろう…」っていう気分なのでしょうか。。。

久しぶりの病院で、診察台に乗せたら、ブルブル震えています。。。優しい看護婦さんに撫でてもらいながら、じっとしているJILLがけな気なんですよね。

体重は6.8キロ。これじゃパピーちゃんに間違えられるはずです。前回の診察時より少し痩せたようです。というのも、冬の間、油断したらコロコロに太ってしまったので、食事の量を少し減らしていたんですよね。

そう話したら先生も納得。骨格からして7キロ前後がベスト体重のようです。とくに避妊手術をしたワンはどうしても太りやすい体質の子が多いとか。これからもこのくらいの体重を維持した方がいいと言われました。。。

070401078

今日は本当は「狂犬病」の予防接種の予定だったのですが、ワクチンが先の方がいいだろうということで、ワクチンを注射。一緒に診察室に入っていた次女はその場面を見ていられなくて、私に顔をうずめていました。おいおい、注射するのはJILLだよ。

「キャン」という一声もなく、震えながらも無事注射終了。1ヵ月後に「狂犬病」の予防接種のため来院です。。。JILL、おつかれさまでした。

先生から「たまにワクチンのアレルギー反応で、顔が腫れて痒がる場合があります…」と言われ、どうなるか少し心配でしたが、まったくアレルギーは出なかったようで、一安心。小粒なわりに、丈夫なだけがとりえのJILLです。

2007年4月 2日 (月)

春ですね

070401015日曜日、曇り空の中、黄砂が飛んでいました。土曜の夜にダンナさまが帰ってきたので、JILLは大喜び。

この日も朝からストーカー状態でダンナさまにピッタリ。天気はイマイチでしたが、少し前に買ったロングリードを持って、スポーツ公園に出かけました。

まだ緑になりきっていない芝生ですが、JILLは大喜びで駆け回ります。(普通のリードの時)

070401022

さっそくロングリードをつけてみたものの、少々とまどい気味のJILL。金具が重いのかなぁ。。。トコトコ歩いては見るものの、走り回るという感じではありません。

それでも子どもたちがボールで遊んでいる側で、気持ち良さそうに風を受けていました。

ダンナさまも久しぶりに公園に来れたので、次女も大喜び。芝生の上で側転をしたり、逆立ちの練習を何度もしていました。「みて、みて」状態です。

070401034

まだ体の柔らかい次女は思いっきり体育会系。長女はどちらかというと文化系でしょうか。。。

しばらく公園をお散歩したり、芝生の上で遊んでいたらアッという間にお昼。次女の希望で「heita」さんでランチすることにしました。

「フレブルパーティー」以来のheitaさんですが、やっぱりJILLはへっぴり腰で、GOMA君たちから逃げ回って椅子の下で小さくなっていました。

070401061heitaパパちんが「JILLちゃん椅子の上にいていいよ」と言ってくれたので、椅子にのせたものの、どうも落ち着けない様子。

何度来てもワン友が苦手なびびりJILL。

美味しいランチを食べたら、次女は眠くなったようで、30分ほど私に抱っこされてうたた寝。

フォーンのあくびちゃんや、 コーギーの北斗君も来ていたのに、JILLは挨拶もろくに出来ず、恥ずかしいかぎりでした。

070401047_1

heitaさんでゆっくりさせていただき、帰りにワクチンを打ってもらいに動物病院へ。

本当は狂犬病の予防接種のつものだったのですが、ワクチンを先にしてもらいました。

その様子はまた次回に…。

写真は日曜日のサクラ。関東はすっかり満開を迎えたようですが、この辺はまだふっくらつぼみ姿。暖かい日が少し続けはいっせいに咲き始めそうです。。。お花見楽しみだなぁ…。

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »