« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月30日 (月)

サロンへ行ったよ

070729p011日曜日の午前中、久しぶりにサロンでシャンプーをしてもらいました。

かねてから連れていきたかった「Cocco」さん。ご近所のクゥちゃんやアロマちゃんが行っているサロンで、話には聞いていたのですが、週末はいつも予約がいっぱいでなかなか連れて行けずにいたのです。

とっても優しそうなトリマーさんで、置いていく時こそ不安そうにしていたJILLも、迎えに行ったら楽しそうに待っていました。

070729p022

いつもシーズーのクゥちゃんやトイプーのアロマちゃんは、男の子なのに可愛いリボンをつけてもらって帰ってきます。

それを知っている次女は、トリマーさんに「JILLにもリボンつけてくれますか?」と…。いったいどこにつけるんじゃ~。。。

そんな質問にトリマーさんは「う~ん、リボンはちょっと無理だけど、バンダナつけてあげるね」と。

そしてお迎えに行ったら、心なしか白さが輝いて、おヒゲもスッキリ、いい香りのするJILLが可愛いバンダナを首に巻いて登場。(またしてもカメラを忘れたためにその時のショットはありません…)

JILLの体からはほんわりストロベリーのコロンの香り。毛並みもフサフサのツヤツヤ。お値段もとってもリーズナブルで大満足の仕上がりでした。

トリマーさんから「JILLLちゃん、首に怪我しました?」と言われ、よーく見てみると確かに1ヶ所毛が抜けて赤くなっている部分が。。。そーいえば最近、よく掻いていたなぁ~。

すでに治りかけているようで、痛がるわけでもなかったようですが、まったく気がつきませんでした。怪我というよりは、吹き出物ができたような感じ。。。外でのお散歩中に草の中をかき分けて突進するときもあるので、よーく注意してあげなくちゃ~。ダニも心配な季節でしすね…。

写真は夕方からのフレブルパーティーへ行く前にお散歩していたJILL。心なしか白くなったように見えませんか?

そのフレブルパーティーの様子はまた次回報告しま~す。

2007年7月29日 (日)

何だか忙しい

Photo_85夏休みに入って、何だか毎日バタバタ忙しく過ごしています。

26日は長女の学校合宿。6年生の親子でカレー作って、花火、きもだめし。そして子どもたちだけ学校に宿泊。

今日は朝からまた学校に集合。次女たち1,2年生の学年行事でまたカレー作り。

でも今日のカレーは次女たちが学校の畑で育てた野菜を使った夏野菜カレー。甘口だったけど、とっても美味しくできました。それは、かぼちゃとナスを素揚げして、できあがり間際に入れたのがよかったみたい。家では面倒で全部一緒に煮込んでしまいますが、一手間かけると、全然味が違うと思いました。カメラを忘れたため、写真がなくて残念です。。。

そして夜は、同じく1、2年の保護者&担任の交流会という名の飲み会。今日はダンナさまも帰ってきていたので、夫婦で参加。私は1次会で帰ってきましたが、ダンナさまはまだ帰ってきていません。先生に絡んでなきゃいいけど…。

明日はJILLを久々にサロンにシャンプーへ連れていき、夕方からはheitaさんで「フレブルパーティー」。今回は少しでも他のワンたちと交流できるといいのですが…。

休み明けにはプールの監視当番、家庭訪問、そして長女のキャンプと毎日スケジュールぎっしり。カレンダーを毎日チェックしています。

写真は大きくなったマメールの豆。おおきなサヤなので、いくつ豆が入っているか楽しみです。。。

2007年7月25日 (水)

愛するきもち

070723024「愛するきもち」この絵本は私の友人が作者です。

20年ほど前、東京にいたときにとっても仲良くしていただいたひとつ年上の先輩。

一緒の時間を過ごしたのは2年くらい。その後、私も彼女も転職し、住むところが離れて、年に何度か会う程度の付き合いに…。

やがて私は帰省、そしてお互い結婚。それでも年賀状のやりとりだけは続き、細い糸はつながったままでした。

最後に声を聞いたのは何年前だろう。ある年の年末、喪中ハガキが届きました。それはダンナさまが亡くなったという知らせ。。。その理由も聞かずまま、また何年か過ぎてしまいました。

そして先日、本当に久しぶりに携帯にメールが。「7月に絵本を出します」と。先日、紀伊国屋に行って買ってきました。

彼女の気持ちがいっぱいつまった素敵な絵本です。大きな悲しみを乗り越えたんだなぁ…そう感じました。

私の宝物のひとつになりました。…ゆっちゃんありがとう。

2007年7月24日 (火)

マメールと黒いトンボ

070723013先日紹介したマメールの白い花が散り、あっという間にサヤができました。

本当にスゴイ成長ぶりです。このサヤも日に日に大きくなり、近いうちにふっくらと豆ができることでしょう。

マメールはずっと窓際に置いたままなのですが、いつも葉を外に向けるので、朝になると鉢を反対に向けてあげます。

でも夕方には葉はまた反対の窓の方をいっせいに向いている。光合成ですね。。。

070723017_1

この写真では、何かよくわからないでしょうが、黒いトンボなのです。

私は初めて見てビックリ。次女に「ねぇねぇ、黒いトンボだよ~」と大騒ぎで教えたら、「そんなのふつーにいるよ」だって。。。

毎日外で遊んでいる次女にとってはよく見るトンボらしい。おじいちゃんやおばあちゃんも、昔から川の近くや草の生い茂ったやぶにいるトンボらしいです。

070723021

羽が真っ黒で細いトンボ。ヒラヒラと飛んでる姿は何だか不気味な感じがしました。

どうしても近くで見たかったので、次女とおじいちゃんに頼んで網で捕まえてもらいました。

で、少しの間観察。写真を撮って、すぐ逃がしてあげました。

おばあちゃんの話では「あねさトンボ」と呼ばれていて昔からいるトンボだそうです。こんどネット図鑑で調べてみよ~っと。

070723022

梅雨が明けたのか、今日はとっても暑い1日でした。写真は先週末のまったりJILL。

私が掃除している間、のんびりソファーでくつろぎながら、時々チラチラ様子を伺っています。

明日から娘たちは長い夏休みがスタート。ってことはラジオ体操も始まるってこと。あぁ、私ももう少し早起きしなくちゃ~。

「あたちも一緒に体操行くワン」(by JILL)

2007年7月21日 (土)

マリと子犬の物語

Mari

長女とハリー・ポッターの映画を見にいったとき、「マリと子犬の物語」の予告編を見ました。

3年前の中越地震の時の実話をもとに作られたワンとその家族の物語。

地震の後、被害が大きく、道路が遮断され孤立してしまった山古志村では人間の救出が優先され、多くの動物が取り残されたのです。

その中で3匹の子犬を出産したばかりのマリ。余震が続き、荒れ果てた村の中で子犬を守り続けたマリの話は当時話題になりました。

そしてついに映画化が決定。12月に公開になります。

予告編だけで長女は鼻をすすり、私も目頭がジーンと熱くなりました。

今回の中越沖地震はちょうど休日で、家族みんなが家に揃っていた時に起きたのですが、もしも、家にJILLがひとりで留守番しているときに、大きな地震がきたら…。考えるだけで怖くなります。

きっと涙なくしては見ることができない映画でしょうが、子犬を守り抜いた母親マリの強さ、そして残してきたマリを思い続ける家族たちの気持ち。。。

ぜひ多くの人の見ていただきたい映画です。

ビッグ・ダウニー

Photo_83すっかりダウニーの香りに虜になっている娘たち。

「体操着にもパジャマにも使って~」とリクエストが増え、ついにジャンボ・ダウニーを購入。

って言ってもネットでオーダーしてくれたのはお友だち。一緒に頼めば送料安くなるから…と2.5リットル入りを頼んでくれました。

これはビッグで重い。使い終えたボトルをとっておいたので、少しずつ移し替えながら使っています。夏は洗濯物が倍増するから、とっても助かります。

夏といえば、気になるのがお腹のオニク。。。先日も書きましたが、そんな母に長女が「やっぱりビリーやんなきゃ」と先週末、お友だちからDVDを借りてきてくれました。

聞いてはいたものの、絶対続かないだろうと最初からやる気のなかった私…でもやってみたら、気持ちいいくらい汗をかくし、ぐっすり眠れる。

筋肉痛に悩まされて、階段の上り下りがつらいけど、ビリーに励まされながら5日続いています。。。我ながら少し自慢。。。

体重はどーでもいいんです。お腹とお尻のオニクを何とかしたい。その一心でがんばっております。

2_34

母のダイエットに協力的な長女のにっき帳の表紙を公開。

ただのクラフトの表紙だったノートに、いつの間にかデコレーションをほどこし、こんなに可愛いノートを作っていました。

ところが、これを作っただけで満足したのか、中身はいつまでたっても白紙のまま。おいおい、何のための日記帳なの?まぁ、そこが長女らしいんですけどね。

まもなく娘たちは夏休みに突入。小学校最後の夏休みになる長女は、キャンプ、学校合宿、そして去年に続き、お友だちと参加するTDLへの旅行と予定がいっぱい。楽しい思い出たくさん作れていいなぁ~と、ちょっぴり羨ましい母でした。

2007年7月18日 (水)

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

Photo_823連休の2日目、先行上映で見てきました「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」。

混み合うだろうと思い、長女と早めに家を出たものの、すでに映画館のチケット売り場は行列。台風が近づいていたこともあり、遠出をせずに映画鑑賞という家族連れが多かったようです。(ポケモンとか西遊記、シュッレック3といった子ども向け映画が封切りになったばかりでしたし…)

長女も私も原作はしっかり読み終えていましたし、もちろん映画もすべて映画館で見ています。この「不死鳥の騎士団」の原作は今までの中でも、ドキドキ度が大きく、とても楽しみにしていました。

でも実は私が本を読み終えたのは、つい最近。購入したのは発売と同時だったのに…。やはりあの辞書なみの厚さは一度止ってしまうと、なかなか読み進められないのです。。。原作の方は最終巻がまもなく発売だというのに、次の「謎のプリンス」も本棚に飾られたまま。今のハリー気分のうちに勢いで読んでしまわなくては…。

さて、映画の感想ですが…おもしろいです。はい、確かによくできています。でも、やっぱりあの長編を2時間少しにおさめるのにはムリがありますね。。。

見終わってから長女と食事をしながら「あそこは本だと○○だったよね~」と、ついつい原作と比べて語り合ってしまいました。

でもこの作品のすごいところは、主要キャストがほとんど変わっていないところ。さらに次々と登場する新しいキャラクターが、個性的で原作のイメージにとても近いというところ。

ハリーたちの成長ぶりを生で楽しめるといったところでしょうか…。長女は「今までの映画をまた見たくなった」と言っていました。

いずれにしろ、魔法の世界を大きな画面で楽しめる素敵な娯楽映画。できれば原作を読破してご覧くだされ。。。

Aebf10177_1 そして、もう一本「めぐりあう時間たち」をDVDで見ました。

上映されていた時、とっても見たかった作品。ニコール・キッドマンもメリル・ストリープも好きな女優だし、年齢的にも気になる映画でした。

昨夜、娘たちが寝てからゆっくり見たのですが…よかったです。ストーリーはちょっと不思議な感じですが、「人から見たら幸せでも満たされない心」「静かに訪れる狂気への恐怖」「これから先もきっと幸せが続くと思っていた、その時が人生で一番幸せだったのだと後から気づく」…う~ん、たぶんコレは男性には理解しがたい映画かもしれません。

3人の名女優たちの競演ですが、それぞれの時代を生きる女性の姿がすごくリアルで、見入ってしまいました。

ハッピーエンドで終わるお話ではありませんが、久しぶりにじんわり染み込んでくるいい作品に出会えた気分です。(ただし、平日の夜更かしのため、翌朝がつらかったです…)

2007年7月17日 (火)

まったり休日

070714070一夜明けて、地震の被害の詳細が明らかになり、テレビもラジオも特別番組一色。被災地の方々には重ね重ね、お見舞いとそして亡くなった方のご冥福をお祈りいたします。

そしていっぱい心配してくれた皆さんにもお礼を申し上げます。

さてさて、3連休はダンナさまも帰省して、家族でまったり過ごしていました。

初日の土曜日の午前中は次女のリクエストでいつもの遊園地へ。長女は友だちと約束していたので、ダンナさまと私、次女という珍しい3人組でのお出かけでした。

思えば、次女が生まれる前までは長女と3人でのお出かけ。次女が生まれてからはいつも4人。次女だけ連れて出かけるなんて、ほーんと珍しいことかも。。。

次女は3人でのお出かけ、嬉しいらしく上機嫌。台風が近づいていたこともあり、曇り空の中、園内はガラガラ。ほんの2、3時間の滞在でしたが、乗り放題してきました。

070714073

昼過ぎに家に戻り、今度は4人でお出かけ。軽く買い物をして、スポーツ公園にJILLを連れていきました。

この季節らしからぬ、涼しい1日でJILLもご機嫌でお散歩。。。と思いきや、やはり蒸し暑かったのか、いつもの半分ほど歩いたところでストップしてしまい、戻ろうとするのです。

きっと帰りたかったのでしょう。。。根性ナシJILLです。

070714085

公園の帰りにJILLのフィラリアのお薬をもらいに病院へ。緊急手術中ということで、少し待っていました。

病院はいついっても苦手なJILL。待合室ではご覧の通り、私のヨコで隠れるようにお座りしてまいした。

今回は体重を計るだけでしたので、あっさり終了。少し太ったのではないかと心配していましたが、7キロでした。。。

夜は長女が友だちから借りてきたビリー・ブート・キャンプに親子でキャンプイン。汗だくになりながら、そらに次女に側で口うるさく「お母さん、もっと足開いて!」とビリーさながらの激を飛ばされながら汗をかきました。。。

普段の運動不足が思いやられ、これはちょっと真面目に取り組んでみようかと密かに心に誓う母でした。。。

2007年7月16日 (月)

三連休の終わりに

1_34とっても久しぶりの更新です。

この3連休、色々と書きたいことはあるのですが、やっぱり今日の地震のことから。

連休2日間、ちょこちょこお出かけしていたため、今日の午前中は掃除をしていました。

2階のリビングで掃除機をかけていたら、グラっと揺れて、窓がカタカタと…。同じく2階にいた長女のもとに駆け寄り「地震だね」と二人でくっついていました。

揺れはヨコに大きくユラユラ。家全体が揺れているのがよくわかって、ミシミシ音がしました。けっこう長かったような…。

揺れが続いている間はとても階段を降りることができず、ふたりでじっとしていました。外からおぱあちゃんが「外に出ておいで~」と叫んでいるのが聞こえるのですが、とても動ける状態じゃなかったのです。

揺れがおさまったので、慌てて外へ。おじいちゃんがラジオを持って出ていました。次女はおばあちゃんと庭にいて、帰省中のダンナさまはJILLと散歩中だったのですが、外を歩いていたダンナさまはそんなに揺れを感じなかったようです。

まもなくテレビやラジオで詳細が…。私たちの住む場所は震度5。2階にいたせいもあり、体感的には中越地震の時よりも長く大きく揺れたように感じました。

被害の大きかった地区には幸い親戚などありませんでしたが、同僚や知人の実家があるなど、まったく無関係の土地ではありません。心よりお見舞い申し上げます。

揺れが大きく感じたわりには、モノが落ちたり、壊れたりすることもなく、りりもん家はみーんな無事です。色々な方面の友人、知人、親戚からメールや電話をいただきました。ご心配をおかけしましたが、ご安心くださいね。中越地震の時もそうでしたが、本当にお声かけありがとうございます。(電話はかなりつながりにくかったようです…)

りりもん家の地震の影響はダンナさまが東京に戻れなかったこと。新幹線はずっと点検中で、運行を再開したのは夜になってから。すっかり今日はダメだろうとあきらめたダンナさま。明日、早起きして東京に戻るそうです。。。

2_33

写真はまったく関係ない我が家の「マメール」ちゃん。昨年の春休みに購入した缶入り植物。

スクスクと育ち、昨年の秋にマメを実らせたのです。そのマメを植えたら、また芽が出てきました。

母親であるこの鉢も何度か植え替えをおばあちゃんにしてもらい、ご覧の通りスクスク育っています。

そして2、3日前から白い可愛い花を咲かせてくれました。また今年もマメがなるのが楽しみ。

どーやらこの植物、「ジャックと豆の木」のマメの木らしいのです。。。

2007年7月 8日 (日)

JILLです

070624003誰ですか?白ブタっが寝てるなんていうのは…。

よく見てください。お耳が大きいでしょ。確かに、子豚っぽい写真だけど…これはあたしです。

ママったら、あたしの無防備な昼寝姿をいつの間にか撮影していて…恥ずかしいですぅ。。。

070624006

えっ怖い?またまた、そんなこというの誰ですか?

お姉ちゃん(次女)に抱きしめられて、っていうか、はがいめにされて身動きができない姿…また、ママったらこんなの撮っているし…。

もう、こんな写真載せたらお嫁にいけなくなっちゃうじゃない。。。

2007年7月 5日 (木)

何度行っても…

070630039先週の土曜、午前中にドッグランへ行った後、トイプーアロちゃんをドッグカフェデビューもさせようということで、人間5人+ワン2匹でheitaさんへお邪魔しました。

いつものように、入り口では私たち一行を見つけた看板犬の3ブヒたちが、おおはしゃぎ。

その姿を通りから見たJILLはすでに腰が引けて、前に進みません。

結局いつものように抱っこされて入場。アロちゃんも3ブヒの歓迎ぶりに、さすがにビビリ気味。同じく抱っこされて入場。

070630042

そして、見てください。テーブルの下に隠れるようにたたずむJILLの姿。

それでもしっかりアロちゃんママが持っているおやつから目が離せません。

何度来ても、馴染むことができないJILL。GOMAくんたちから一番離れた場所でクンクンおねだりばかりしています。

とにかく食い気のJILL、おやつを持って3ブヒの側に来て、「おいで、おやつだよ~」と呼ぶと、恐る恐る近づいてバクっと食べたとたん、逃げるようにまた離れた所へ…。

070630043

一方、カフェデビューのアロちゃんは最初こそ、少しビビリモードでしたが、勇敢にもBooさまたちにむかって吠える場面も。。。

heitaパパチンさんに「今頃から色々なところに連れていくといいですよ」とアドバイスをもらっていました。

確かJILLも6ヶ月くらいから、色々なところに連れていったはずなのですが…。やっぱりこのビビリは持って生まれたものなのでしょうか。

070630056

最初は興味ありげにJILLやアロちゃんを監視していた3ブヒたちも、相手にならないとわかったのか、ご覧の通りまったりとひなたぼっこ体制に…。

多勢で押しかけて、娘たちはわがまま放題で、本当にうるさい一行でスミマセンでした。

そんな私たちにいつものようにニコニコ接してくれたheitaパパチンさん。いつもありがとうございます。

ダンナさまは「heitaさんのところの食い物は旨いしボリュームあっていいよな~」と、とっても満足そうでした。。。

こんなりりもん一家ですが、またよろしくお願いします。

2007年7月 4日 (水)

参観日

Photo_80昨日は娘たちの小学校の授業参観でした。

5時間目の授業を参観。まずは2年生の次女の教室へ。

授業内容はさておき、写真は今、図工で作っているロボット。これは次女の作品です。なかなか可愛いでしょ。

このロボット作りのために、少し前から空き箱類を集めてくださいとお便りがありました。

とにかく人より多く持っていきたい次女はティッシュの空き箱やらペットボトル、ヨーグルトのカップなどなど、大きな紙袋にいっぱい持っていきました。

それでも足りず「○○ちゃんは小さなペットボトルのフタをいっぱい持ってきてたよ~」とおばあちゃんにもお願いしてさらに1袋分、家中の空き箱やカップなどをかき集めました。

とても次女が持っていける量ではなく、参観日の日に私が持っていったのです。。。そしてロッカーを見てみると、こんなに大量に空き箱を持ってきているのは次女だけ。もう、恥ずかしいったらありゃしない。いっぱい持っていけばいいってもんじゃないでしょう。。。

でも大量の箱に大満足な次女。それが目的じゃないんだけどな…。

そんな2年教室を後にして、後半は長女の6年教室へ。さすがに6年生は大きいし、人数も多いので、教室いっぱい熱気がありました。

Photo_81

長女の担任は今時珍しいくらいの熱血先生。トライアスロンをしている体育会系の先生です。

その一生懸命さ、熱血ぶりに生徒たちがついていけないことも…。

そんな6年生の授業は算数。時々笑い声をたてながらも、みんな積極的に取り組んでいる姿に感心しました。

写真は教室内に貼られていたレポート用紙。どうやら「平安時代の生活」を各自で調べて、それぞれレポートにまとめたものらしいのですが、これがまた個性が出ていて面白かったです。

「貴族のファッション」「清少納言」「貴族の暮らし」など、イラストなどをまじえて紹介されていました。

そして長女が選んだテーマは「貴族の学校」。内容はコンパクトにまとめられていてわかりやすく書かれていましたが、他の子どもたちに比べると、とにかくカラフルなイラストが目を引きました。

文章を書くよりもきっとイラストを書く方に時間がかかったんじゃないかと思うくらい。こちらも本題からちょっと離れているような…。

参観後のクラス懇談も6年教室は大盛り上がり。そもそも元気のいい活発なお母さんたちが多いんですよね…。そして今週末はそんな保護者と先生との親睦会(飲み会)があります。

毎年、どの学年でも開催されるこの親睦会という名の飲み会。両親ともに参加する家庭が多く、これがまた楽しいんです。出席率もめちゃいいし、小さい学校ならではのほのぼの感があります。こーんな学校ないですよね。。。

2007年7月 2日 (月)

またまたドッグラン

070630003土曜の午前中、またしてもご近所のアロマ君と一緒にドッグランへ行ってきました。

そこで会ったのが写真のフレブル君。確かボビー君っていったと思います。

まだ6ヶ月だということで、鼻がつぶれきっていない。とってもかわいくて元気なブヒでした。

070630007ご覧の通り、すでにJILLと同じくらいの大きさ。っていうか、やっぱれJILLは本当に小型なんですね。

どこに行ったも「何ヶ月ですか?」って聞かれてしまいます。

ドッグランはJILLにとっていい思い出がないようで、この日もほとんどワンがいないのに、へたれ状態。走り回る気配がありませんでした。

070630013

それでもほんの少しだけブヒ友だちと追いかけっこをして、クンクンご挨拶。

だけどやっぱり緊張しているのか、ヨダレがダラダラ。

この日はダンナさまも同伴だったのに、まったく元気がありませんでした。

ランの外に出ると、グイグイとリードを引っ張って元気に歩くんですけどね…。いったいあんたって…。

070630021

一緒に行ったアロちゃんにもお友だちができました。黒トイプーのショコラ君。この子がまた元気がよくって、どのワンにも「あそぼ、あそぼ」と近づいてきます。さらにウヒョ攻撃も…。

その積極性が、またJILLを固まらせてしまうのです。

070630033_1

そして少し後から来たのがバセット・ハウンドのミミちゃん。(そのままの名前じゃん)

この子がとっても人なつっこくて陽気なワンで、見ているだけでなごむし、とっても楽しませてもらいました。

飼い主さんも気さくな方で、ダンナさまも珍しく色々とおしゃべりしていたようです。

少し暑くなってきたので、後半は洋服も首輪もとって丸裸になったJILL。少し場にもなれてきたのか、時々ダッシュして走り回る姿も…。

この日はなごみ系のワンたちばかりで、前回よりは少しだけJILLも楽しめたようです。

2007年7月 1日 (日)

蒲原まつり

070630078毎年、6月30日から始まる蒲原まつりに行ってきました。

700以上もの露天が出店することで有名なお祭り。実は私の地元でもあるのです。

子どもの頃から慣れ親しんだこのまつり、娘たちも当然のように毎年連れていっています。

さて、1枚目の写真。何だと思います?

070630076そーです。おばけ屋敷の入り口に飾られているおばけなのです。

即席で作られた、粗末なおばけ屋敷ですが、ピ~ヒョロロ~という音とともに「はい、入ってちょーだい、そこカップルさん」とマイクを使って呼び込みをするおじさん。やっぱりこれがなくちゃお祭り気分でないよね。。。

070630079

このお化け屋敷は私が子どもの頃からずっと続いていて、何年たっても変わっていない気がします。

昔は見世物小屋もきていたんだけど、そういうのはもうないみたいです。

毎年、梅雨時期にあるお祭りで、雨になることが多いのですが、今年は初日の夜宮から晴れ。おまけに土日がバッチリ重なったので、すごい人出でした。

070630073特に境内に向かう通りの所々で満員電車並みの混雑。

次女の手をしっかりつなぎ、はぐれないように長女に声をかけながら進みました。

次女は大人に挟まれて、かなり息苦しかったようです。

そんな彼女が今回ゲットしたのは、ボール釣り、スーパーボールすくい、くじで当てたビニール製のボール、(ボール類ばっかじゃん)輪投げでとった小さなガラクタ。。。

070630067_1あとはわたあめと、から揚げ、名物のぽっぽ焼きを買って食べました。

長女は色々悩んだあげく輪投げだけ。結構現実的な彼女は、「100円ショップで売ってるし~」という感じでせっかくもらった祭り小遣いを大切に残す作戦にしたようです。。。

070630077露天はお好み焼き、たこ焼きを筆頭に、様々な食べ物屋さん。

くじでアイドルの写真やキャラクター用品があたるくじ屋さん。

型抜きガム(ぜったい途中で割れちゃうヤツ)、定番の金魚すくい、お面、べっこう飴にチョコバナナそして射的やダーツ、わなげなど、とにかく全ての種類の露天が勢ぞろいしています。

070630092そして他県にはないのが、写真のポッポ焼き。わからない人に説明するのがとっても難しい食べ物なんですが、蒸気パンっていうのが一番イメージが近いかもしれません。。。

この当たりのお祭りではなくてはならないポッポ焼き。なぜ全国に普及しないのか不思議なくらいです。。。

070630097人混みに流されながらも、最後まで歩き続け、帰りはちがう通りを歩いて、車まで戻りました。

お祭りの間は、露天商の方たちの車が周辺にたくさん止っているのですが、ほとんどが県外ナンバー。関西、関東もっと遠くのナンバーもたくさんありました。

070630101そのせいもあるのでしょうか、広島のお好み焼き、関西流○○、大阪焼き、北海道のじゃがバターというように、地区名入りの食べ物がやたら目についた気がします。。。

とここまで書いて思い出しました。

このブログを開始したのが丁度1年前。最初に書き込んだのが昨年の同じお祭りの話でした。。。

そっかぁ~もう1年たったんですね。。。

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »