« まったり休日 | トップページ | ビッグ・ダウニー »

2007年7月18日 (水)

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

Photo_823連休の2日目、先行上映で見てきました「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」。

混み合うだろうと思い、長女と早めに家を出たものの、すでに映画館のチケット売り場は行列。台風が近づいていたこともあり、遠出をせずに映画鑑賞という家族連れが多かったようです。(ポケモンとか西遊記、シュッレック3といった子ども向け映画が封切りになったばかりでしたし…)

長女も私も原作はしっかり読み終えていましたし、もちろん映画もすべて映画館で見ています。この「不死鳥の騎士団」の原作は今までの中でも、ドキドキ度が大きく、とても楽しみにしていました。

でも実は私が本を読み終えたのは、つい最近。購入したのは発売と同時だったのに…。やはりあの辞書なみの厚さは一度止ってしまうと、なかなか読み進められないのです。。。原作の方は最終巻がまもなく発売だというのに、次の「謎のプリンス」も本棚に飾られたまま。今のハリー気分のうちに勢いで読んでしまわなくては…。

さて、映画の感想ですが…おもしろいです。はい、確かによくできています。でも、やっぱりあの長編を2時間少しにおさめるのにはムリがありますね。。。

見終わってから長女と食事をしながら「あそこは本だと○○だったよね~」と、ついつい原作と比べて語り合ってしまいました。

でもこの作品のすごいところは、主要キャストがほとんど変わっていないところ。さらに次々と登場する新しいキャラクターが、個性的で原作のイメージにとても近いというところ。

ハリーたちの成長ぶりを生で楽しめるといったところでしょうか…。長女は「今までの映画をまた見たくなった」と言っていました。

いずれにしろ、魔法の世界を大きな画面で楽しめる素敵な娯楽映画。できれば原作を読破してご覧くだされ。。。

Aebf10177_1 そして、もう一本「めぐりあう時間たち」をDVDで見ました。

上映されていた時、とっても見たかった作品。ニコール・キッドマンもメリル・ストリープも好きな女優だし、年齢的にも気になる映画でした。

昨夜、娘たちが寝てからゆっくり見たのですが…よかったです。ストーリーはちょっと不思議な感じですが、「人から見たら幸せでも満たされない心」「静かに訪れる狂気への恐怖」「これから先もきっと幸せが続くと思っていた、その時が人生で一番幸せだったのだと後から気づく」…う~ん、たぶんコレは男性には理解しがたい映画かもしれません。

3人の名女優たちの競演ですが、それぞれの時代を生きる女性の姿がすごくリアルで、見入ってしまいました。

ハッピーエンドで終わるお話ではありませんが、久しぶりにじんわり染み込んでくるいい作品に出会えた気分です。(ただし、平日の夜更かしのため、翌朝がつらかったです…)

« まったり休日 | トップページ | ビッグ・ダウニー »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ハリー・ポッターは・・・恥ずかしながら本も読んだことないですし
映画も一度も見たことがないのですゥ。。。
あぁ~・・最近映画も見てないなぁ~
大好きなホラー映画を沢山みたぁぁぁ~いッ!!!
でも家で見ると必ず邪魔がっ。。。
寝室に閉じ込めてDVD干渉しよっかなぁ~・・・(`∈´;)

ぶるみさま

ハリー・ポッターは次女にはまだ早いというか、
ところどころ怖い場面があるので、見ることができないんです。
長女とは原作や映画の話ができるようになり、
共通の話題として楽しみをわかちあっています。

ホラー映画は私はダメかも。。。
好きなんだけど、恐怖感がいつまでも残って…。
とても映画館では見ることができません。

今度近くに映画館が併設された巨大ショッピングセンターができるんです。
それが今からとっても楽しみ~。

私も、ハリポタシリーズは全部読破しています。
映画はすべて、DVDですが・・・。
でも、謎のプリンスは私もお蔵入り。
なぜか?
読み出すと、何も手につかなくなるからです。
一気読みしたくなっちゃうんです。
洋書は読んだ事ないんですが、ハリポタは訳者がとっても上手だと思います。
お嬢さんと、そんな話が弾むなんてとっても仲良し親子さんなんですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« まったり休日 | トップページ | ビッグ・ダウニー »