« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月29日 (土)

手作りの服

070929jill002以前、ぶるみさんがぶるぞう君とデューク君に手作りのお洋服を作ったとブログで紹介していました。

その時紹介していたワンのお洋服手作りの本。いつか私も買おうと思い、Amazonのお気に入りに入れておいたのですが、なんと、同じ本をダンナさまが購入。さっそく長女が洋服作りにとりかかりました。

型紙がついていたのですが、サイズが心配だったので、JILLの持っている洋服に合わせて型紙を取り、オリジナルで制作。

070929jill008

娘たちが小さい時にきた洋服を引っ張り出してきて、チョキチョキ。布は長女が切って、おばあちゃんがミシンで縫ってくれました。

そしてできたのが、このランニングTシャツ。眠そうなJILLに着せてみたら、ピッタリ。爽やかなブルーがよく似合うでしょ。

長女、次女が着て最後はJILLの服に。これぞリサイクルですね。

長女は次の作品にさっそく取り掛かっています。娘たちの服の中で使えそうなものをたくさん選んでおいたので、これからどんどん作ってあげなくちゃ~。って言っても作るのは長女とおぱあちゃんなんですけど…。

2007年9月25日 (火)

新米

070917055実りの秋がやってきました。

残暑厳しい9月でしたが、無事我が家の稲刈りも終了。今日からコシヒカリの新米が食卓に並びました。

ピカピカに輝く新米は、お弁当やおにぎりにすると、その美味しさがよーくわかります。

この季節ばかりは農家に嫁いでよかったなぁ~と毎年実感。

稲刈り中は乾燥機から大量の稲の粉が空中に舞うため、どんなに天気がよくても洗濯モノを外に出せないし、窓も開けておけません。でも、それも2週間ほどのガマン。これから1年間、おじいちゃんが頑張って作ってくれた美味しいお米をたっぷりいただく事ができるのは何よりもの幸せです。。。

おばあちゃんの畑で作った野菜とおじいちゃんの作ったコシヒカリ100%のご飯。我が家みんながいつも元気なのは、新鮮な野菜とご飯のおかげなのだと思います。

うちで作ったお米を遠方の親戚や知人、友人たちが毎年購入してくれています。目の前に郵便局があるので、発送も簡単。10キロ、20キロ、30キロ単位で販売しているのですが、送料を入れても市販のコシヒカリよりはお得。何より農家直送、混じりけのまったくないコシヒカリだというのが売りです。。。(最近はご贈答用に使ってくださる方も増えています)

このブログを読んで「食べてみたーい」という方はぜひコメントつけてください。マイミクさんはmixi経由でメッセージを入れていただいてもOK。

近場の方は週末にお届けしま~す。よかったら一度りりもん家のコシヒカリをお試しくださいな。

写真は娘たちの学校田を見守る案山子。今日、全校稲刈りが行われました。

2007年9月24日 (月)

LUSHでお買い物

070922055このブログで何度も紹介しているLUSHですが、ついに念願のSHOPへ行ってきました。

土曜の昼前からちょっとした用事で家族揃って長岡へGO。アピタと120の専門店「リバーサイド千秋」にLUSHのSHOPが出店したと聞いていたので、楽しみに出かけました。

最近流行りの郊外型大型ショッピングモール。その一角にお目当てのLUSHを発見。

小さなスペースですが、ぎっしりと商品が積まれていて、まるでケーキショップのよう。どの商品もテスターが用意されているので、カタログに気になっていた商品もバッチリ香りを楽しんできました。

長女はお友だちの誕生日プレゼントにとお気に入りのソープを選び、私もいつもお世話になっている友人へギフト用をチョイス。

他にも長女が愛用している洗顔をはじめ、甘い香りの固形ソープをたくさん購入。結局6000円も使ってきました。。。

070922002

今回はLUSHだけがお目当てだったので、軽く昼食を済ませ、あとはゲームコーナーで遊んだり、モールの中をブラブラ。

その後、長岡造形大学へ行ってきました。

実はこの大学のギャラリーを借りて、ちょっとした展示を行っていて、その搬出のお手伝いを頼まれていたのです。

「造形大」というだけあって、キャンパスはご覧の通りカッコイイ造りになっています。

070922008_3これは渡り廊下にもなっているギャラリースペース。外の光がたっぷり入り込む素敵な空間でした。(ただ、エアコンがないので暑かった…)

070922035たぶん生徒たちが自由に使えるフリースペースと思われるギャラリー上の部分も、ご覧の通りお洒落なソファーやインテリアが置かれています。

トイレや喫煙スペースもかっこよくて、さすがです。

070922039

実はモノ作りが大好きな長女が「行ってみたい~」と言っていたので、家族でのお出かけとなったのです。

広々としたキャンパスに芝生が敷かれ、ユニークな形の校舎が並ぶ、本当にカッコイイ学校です。

この日はお休みだったので、数人の生徒しか会えませんでしたが、きっと普段はもっと賑やかなんだろうなぁ~。

校舎の周辺は散歩するのにとっても良さそうな並木道や芝生がいっぱい。JILLを連れてきたら喜ぶだろうなぁと思いました。

2007年9月20日 (木)

TAXI4

070917057先週末、ダンナさまが帰ってきていたので、久しぶりに二人で映画を見てきました。

1作目から見続けている「TAXI」の4作目。ダンナさまの愛車であるプジョーが主人公のフランス映画なのですが、見所はスリル満点のカーアクション。

1、2作目目まではカーアクションたっぷりだったこのシリーズなのですが、3作目からはどちらかというとコメディ映画になりつつあり、ちょっぴり残念。

今回はさらにコメディ色が強くて、プジョーの見所はあまりありませんでした。

それでも主役のTAXIはプジョー406から407に進化。ユーモラスなメインキャスト、そしてスペシャルゲストの登場。テンポのいい会話と美しい町並み。思わず声をあげて笑ってしまう場面も…。

それにしてもダンナさまと二人で映画なんて何年ぶりかなぁ。そもそも映画の趣味も違う二人なので、このTAXIは一緒に楽しめる数少ない映画のひとつです。

2007年9月17日 (月)

JILL街へGO

070916jill0073連休、大好きなパパちゃんが帰ってきていてご機嫌モード全開のJILL。日曜日は少し暑い日でしたが、午後からパパちゃんとお出かけしました。

買いたいものがあったので、久しぶりに万代シティへGO。この連休中、全国から参加するというよさこいの「総おどり」が開催されており、歩行者天国は屋台なども出ていて、人でいっぱい。

街中を連れて歩くことはあまりないのですが、夕方になっていい風が吹いてきたので、ちょっぴりお散歩。

070916jill015

道行く人に(特に若いお姉さんや子どもたち)から、「かわいい~」と声を掛けられ、得意げに歩くJILL。どんなに人が多くても、全然関係ないみたい。さすがに踏み潰されると悪いので、特に混雑しているところは写真のようにパパちゃんに抱っこ。高いところから人を見渡していい気分のようです。。。

信号待ちもご覧の通り、ちゃーんとします。パパちゃんいわく、「JILLは人ごみはいいけど犬ごみは苦手なんだよな~」

途中でオープンカフェになっているハンバーガーシ070916jill021_3ョップで小休憩。お店のお姉さんや近くの席のお客さんにも愛想をふりまくっているJILL。「かわいい~」って言われるのわかってやっているのでしょうか…?

駐車場へ戻りがてら信濃川の河川敷を散歩。本当にいい風が吹いていて、とっても気分良く歩くことができました。

遠くに見えるのは万代橋。この日は娘たちがついてこなかったので、JILLはパパちゃんを独り占め。たまにはこんな休日があってもいいよね。。。

070916jill024

最後に万代橋を眺めるJILLの後姿。

とっても暑い日で、お散歩はムリかとあきらめていたのですが、街中はビルの影で日陰も多く、風が吹き抜けて意外と暑さを感じませんでした。

でも、まだまだワンを連れて歩いている人は少ないし、(っていうか、全然会わなかった)連れて入れる店もない。オープンカフェも少ないし、東京や大阪のような感じにはまだほど遠いと思いました。。。

070917036

おまけの写真。

今日は娘たちふたりのピアノの発表会でした。長女は4歳から、次女は6歳から習っています。といってもまったくやる気のないふたり。ただ続けているだけという感じですが、それでも1年に1度の発表会は楽しみにしているようで、数ヶ月前からがんばって練習していました。

写真は発表会あとにいただいた花束を持ってポーズを決める次女。

彼女は今回「ミッキーマウスマーチ」を弾いたので、服もそんなイメージにしてみました。

今年流行の水玉のバルーンスカート、グレーのノースリーブ、決めポーズも彼女らしくて思わずパチリ。

ちょっと緊張していたようだけど、ふたりとも上手に弾けてよかったです。

2007年9月16日 (日)

ついにDSゲット

Dsついに、ついに我が家にDSがやってきました。

昨年の12月27日に「我が家にWiiがやってきた」というタイトルで書き込んだ記事を覚えていらっしゃる方もいると思いますが、うちでは携帯用ゲームは持たせない主義をずっとつらぬいてきました。

長女は何度も涙を流し、次女は「ぜったい、ダメだよね~」と私に何度聞いてきたことか…。

ところが今年の夏休みに、ちょっとしたきっかけ、DSゲットへの道が開けたのです。

今では周りを見渡すと、持っていない方が不思議なくらい小学生の間に普及しているDSもしくはPSP。そう、大人で携帯を持っていない人が珍しいくらいの確率かもしれません。

そんな中、自分たちが買ってもらえることがないことを承知している娘たちは、いつも友だちが遊びにきたり、遊びに行くと借りて遊ばせてもらっていました。みんな快く貸してくれるのですが何人かに「○○ちゃんも買ってもらえば」と言われていたらしく、「うちはムリなの…」と説明すると「ふ~ん」って言われた。。。とちょっと悲しそうな表情で私に教えてくれていました。

確かにせっかくお友だちと遊んでいるのに、次女はDSに夢中。短い時間だけしかできないから、なおのこと友だちそっちのけで遊んでいるような場面も…。

「これではいかんなぁ」と何度か注意はしたものの、友だちに毎度毎度「かして」とお願いする時の切ない気持ち、そして「なんでうちだけDSダメなの?」と小さい心をかなり痛めていたようです。

そして先月のお盆休み、ダンナさまが帰ってきたときに、今まであきらめていただけの次女が自分から「おとうさん、おはなしがあるの」と勇気をふりしぼって話をしました。

どうしてもDSが欲しい。そしてどうして欲しいかその理由を自分の口で説明しました。前々から欲しかった長女も応戦。このときばかりはめちゃ仲良し姉妹に変身。ふたりで何とか父親をくどき落とすべきがんばりました。

事前に彼女たちの気持ちを私からダンナさまには伝えていたのですが、本人たちの口から真剣にお願いしたのは初めて。そこでダンナさまは「気持ちはよくわかった。でも簡単に手に入れられるとは思わないように」とふたりに手に入れるための条件を通達しました。

それは約束事を自分たちで決めて、それを1ヵ月守ること。色々と相談した結果、仲良くする、それぞれ具体的なお手伝い、仕事を決めて毎日続ける。そして毎日読書をするといった内容です。

それを紙に書き、スケジュール表を作り、毎日達成できたかおばあちゃんに判断してもらってハンコを押してもらう。(長女が消しゴムハンコを作成)小学生のふたり、特に次女にとってはなかなか難しい課題です。

Dsちょっと危ない日も何度かありましたが、何とか1ヵ月終了。そして今日、念願のDSを購入するにいたったのです。。。

本当は1台だけの予定でしたが、1台だけでは取り合いになるのが目に見えるので、長女の誕生日祝いにもう1台購入。長女はシルバー、次女はホワイトにしました。

それぞれお気に入りのソフトもひとつずつ購入。大きな出費となりましたが、本当に嬉しそうなふたり。特に次女は夢にまで見た自分のDS。大切に大切に枕元に置いて眠りにつきました。。。

本当に1ヵ月がんばったね。ふたりともやればできるじゃん。欲しいモノを手に入れるにはそれなりの努力が必要。ちょっと厳しいかもしれないけど、いい勉強になったと思います。

2007年9月10日 (月)

楽園

Photo久しぶりに本の紹介です。

宮部みゆきの超話題作「模倣犯」を読んだのは何年前だったでしょうか。残虐な犯人、それを追うマスコミや警察、巻き込まれる友人、そして被害者の身内。あらゆる角度から事件を追い、そして犯人を追いつめていく。。。今、思い返しても震えがきてしまうような長編でした。

そして先日、本屋さんで見つけた宮部みゆきの新刊がこの「楽園」。「模倣犯」で事件を追い続けたジャーナリストの前畑滋子がまたしても不可解な事件に挑むお話です。

あの事件で精神的後遺症の残る前畑滋子の前に持ち込まれた特別な能力を持つ少年の絵。そこには16年前に起きた少女殺人事件を物語る1枚の絵が描かれていた。そして少年のスケッチブックにはあの「山荘」の絵も。。。

16年前に殺された少女、茜は15歳。その事件の真相が明らかになってくる後半は、同じ娘を持つ親という立場の私は読んでいて、とても切なくなりました。この物語にはふたりの母親が登場します。そのどちらの気持ちにも共感でき、そして悲しくなりました。

相変わらず登場人物、そしてその周囲の人たちの人物像が深く書き込まれていて、時間をみつけては読みふけってしまいました。物語の前半は「模倣犯」のその後の話も少し触れられているので、「模倣犯」を読んだ方はより楽しめると思います。

それにしても本当にこの作家は色々なジャンルの本を書き、そのどれもが面白い。文庫になるのが待てず、ついつい新刊を買ってしまう作家のひとりです。

2007年9月 9日 (日)

12歳おめでとう

070907jill0099月7日は長女の12歳の誕生日でした。

当日は平日だったので、翌日の土曜日にケーキを買ってきました。いつもはバースディ用のデコレーションを用意するのですが、「今年は好きなショートケーキを選んで買いたい」ということで、いつものルーテシアにGO。

週末はいつも混んでいるお店なのですが、この日も駐車場は満車状態。おまけに夕方に行ったら、ショーケースに残っている種類が少なく、お目当てのケーキがありませんでした。070907jill001 残念。

で、選んできたのが写真のケーキ。長女は「久しぶりにモンブランが食べたい」と。和栗を使った特別タイプもあったのでモンブランを2種類、次女は定番のイチゴのショートケーキ。新商品のチーズケーキは私とおばあちゃん。他にシュークリームとオレンジ風味の新しいケーキを買ってきました。

夕食は長女の好きなミートソーススパゲティ。ダンナさまからいただいた「レミパン」で初料理となりました。。。

070907jill022ダンナさまは帰ってきていませんでしたが、おじいちゃん、おばあちゃんを2階に招いて家族で楽しく夕食、そしてケーキをいただきました。

写真はカチューシャを頭にのせたJILL。キョトンとした顔が可愛いでしょ。

みんなが食事中、おとなしく自分用のソファーで待っていました。さらに次女が自分の服を着せて撮影。本当にされるがままのJILLです。

長女はバースティプレゼントを何にするか考え中ということでプレゼントは保留。

12歳かぁ~、長かったような短かったような…。長女は基本的におとなしくて手がかからない子で、赤ちゃんの時から良く食べて、良く寝て、健康。それなりに反抗期があったり、手をやいた時期もあったせけど、我が家のパワフルガール次女に比べれば…本当におだやかな娘です。

次女のせいでガマンすることも多いし、何かと「お姉ちゃんなんだから…」と言われる場面も。でものんびりマイペースでわが道を進む長女。これからもゆっくり成長していってね。。

来春には中学生!ほーんとあんなに小さかった子が…何だか複雑な気分です。何はともあれ、お誕生日おめでとう。生まれてくれてありがとう…ね。。。

2007年9月 7日 (金)

手づくりカード

028消しゴムハンコだけでは夏休みの課題として提出するにはイマイチなので、長女と私で考えたのが手作りカード。

白いハガキにイラストやハンコ、そして布を使ってコサージュ風のカードを何種類も作りました。

始めたのが夏休みも残り少ない頃だったので、毎日家に閉じこもってせっせと制作する長女。

もともと、家で本を読んだり、工作したりするのが好きなタイプなので夢中に作り続けていました。

051最初は作った消しゴムハンコを使って、ふんわりとした長女らしい作品をたくさん作っていました。

「どんなカードにしようかなぁ…」って考えるのも楽しいらしく、思いつくまま、紙や布を切って、貼って、描いて、毎日私もどんな作品が増えているか楽しみにしていました。

「学校に提出するなら、夏休みとか学校をイメージしたもの作ったら?」というアドバイスに「うん、作ってみる」と大はりきり。

005_5

スイカやクワガタをモチーフにした「夏休みバージョン」。黒板、机をモチーフにした「教室バージョン」他にもランドセル、音楽、国語の授業など「学校シリーズ」もいくつか作りました。

写真では分かりにくいのですが、どれも立体的で、布や色紙を上手に使っています。

出来上がったハガキはカードホルダーに入れて、布のカバーをつけて出来上がり。本当に最後の日までかかって何とか完成させていました。

学校ではクラスの女の子たちに「かわいい~」と評判だったらしく、本人も満足。

今度は季節ごとに作って、額に入れて家に飾ってあげようと思います。

2007年9月 5日 (水)

消しゴムハンコ

037

夏前までお絵描きにハマっていた長女ですが、この夏休みにまた新たな楽しみをみつけました。

それが写真の消しゴムハンコ作りです。

私の同僚から消しゴムハンコの本を借りてきてあげたら、もう夢中。さっそく専用の消しゴムやスタンプを買ってきて、彫刻刀で彫り始めました。

作り方は簡単。下絵を描いてそれを消しゴムにうつして彫る。ハンコだから仕上がりと逆の模様で彫らなくちゃいけないんですよね。

043

とはいえ、絵柄のスケッチ、そして小さな消しゴムをチクチクと彫る作業は、好きでなければできないなぁ~と思います。(私はまったく興味ないし…)

思っていた以上に彼女は手先が器用らしく、初めてのわりには上手にできていました。

イラストの他にも妹や私、JILLの名前ハンコを作ってくれたり、毎日楽しそうに作品を仕上げていました。

047

当初、夏休みの自由課題は「絵」にしようと思っていたのですが、予定変更。

この消しゴムハンコと得意のイラスト、工作を組み合わせて、ちょっとした作品を作りました。それはまた今度紹介します。

それにしても誰に似たんだろう。。。絶対私ではないことは確かです。

2007年9月 4日 (火)

夜の遊園地

070826009少し前になりましたが、夏休みも終わりに近い日曜の夕方からいつもの遊園地へ行きました。

この日は朝から校地整備(校庭の草取り)、午前中は親子ドッチボール大会と学校行事が続き、午後はさすがにヘトヘトでお昼寝。

でも、もう夏休みも終わりだし、夏の週末だけナイト営業をしているということで、アロマちゃん家族を誘って涼しくなってきた夕方から遊園地へGO。

JILLたちも連れて行きたかったのですが、遊園地内はペット禁止。残念ながらお留守番です。

初秋を思わせる涼しい風の中、子どもたちは思い思いの乗り物を乗って楽しみました。

070826016

日が落ちるとご覧の通り観覧車や噴水広場がライトアップされ、とってもいい雰囲気に。人の数も適度にいて、そこそこ賑わっていました。。。

たっぷり遊んで、帰りに日帰り温泉へ。夕食を食べて、お風呂に入っていたら「ホタルノヒカリ」が…。なんと10時閉店らしく、残っているのは私たちばかり。。。本当はもっとゆっくり入っていたかったのに…残念でした。

070826034

夏の間、あたちはいっつもお留守番ばっかりでつまらなかったわ。。。

でもエアコンのきいている家が一番。床は特に冷たくて気持ちいいのよね~。

ラジオ体操は下のお姉ちゃんとあたちは皆勤賞。お姉ちゃんたちは最後の日に何かもらっていたみたいだけど…。頑張ったあたちには何にもないの~?

ご覧の通りJILLも元気です。夏バテどころか、少し太ったような…。

2007年9月 3日 (月)

夏休み終了

070902022今日から2学期スタート。娘たちはそれぞれ宿題を持って元気に登校していきました。

夏休み最後の週末となった土日、地区の旅行がありました。

5家族大人10人子ども9人。レンタカーでバスを借りて、大型の免許を持つお父さんが運転、土曜の朝にぎやかに出発しました。

ダンナさまも金曜の夜に帰ってきて参加。JILLは残念ながらお留守番。バスまでお見送りに来てくれたのですが、置いていかれるとわかって寂しそう。その日は1日いじけモードだったそうです。。。

070902036

行き先は自然がいっぱいの長野県に近い秋山郷。途中、豪雪で有名な十日町で「由家(よしや)」というおいしいそば家で昼食。

この「由家」はあの岡本太郎氏が好きだったというそば家で、看板の文字も岡本氏が書いたものだそうです。

久しぶりに食べた由家のそば。満腹になってから「あ~、写真撮るの忘れた~」いつものことですが、食べ物を前にするとすっかり忘れてしまうんですよね。。。残念。

1枚目の写真はさらに先に行った津南にある「竜ヶ窪の池」。日本の名水百選にも選ばれている神秘的な場所。池の所々に湧き出す水は決して濁ることがないそうです。本当に澄んだ水で、底のコケの色が映ってバスクリンを入れたようなエメラルドグリーン色でした。

体いっぱいマイナスイオンを浴びてきた気分です。。。

そして宿泊は秋山郷「萌木の里」。温泉施設もあるバンガローで、池では釣りも楽しめます。山に囲まれた景色も素敵で、天気にも恵まれ最高。

露天風呂もあるということで、子どもたちはさっそく連なって露天風呂へ。男の子たちは釣りを楽しんでいました。

070902068バンガローは2棟借りて、暗くなる前に外でバーベキュー開始。釣ったニジマスも塩をたっぷりつけて焼きました。

少し肌寒くなって長袖が必要な季節でしたが、お腹いっぱい、笑いもいっぱい、楽しい時間を過ごしました。

その後、温泉に入って部屋でのんびり。パパたちはずいぶん遅くまで宴会していたようですが…。

子どもたちは時間を気にせずずっと友だちと一緒にいられることで、本当に嬉しそう。長女も次女もこの日ばかりはケンカもせず楽しく過ごしていました。

070902091

翌日は前の夜に仕込んでおいたカレーをみんなで食べて出発。

何ていう場所かよくわからないのですが、温泉が湧き出している川原へ行きました。

ここも不思議なところで、冷たい川のあちらこちらでブクブクと泡をたてながら温泉が湧き出しているのです。場所によってはかなり熱いお湯になっていて、パパたちはさっそく水着で入浴!?

最初は水着になるのを面倒がっていた子どもたちも「やっぱり入りたい~」と水着に着替えて、川原遊び。

そして事件が…なんと洋服のままズボンをめくって足湯を楽しんでいた私なのですが、ちょっと移動しようとして…足を滑らせ「バッシャーン」。。。。そうです、思いっきり尻もちをついて、胸の下までずぶ濡れに…。

070902111子どもたちには笑われるし、ダンナさまには呆れられるし…。唯一救いだったのは、着替えを持っていたこと、そして冷たい水でなく温かいお湯だったことです。。。

ここはもう長野県でかなり標高も高いらしく、ご覧の通りうっすら色づき始めた木がありました。

「秋山郷」の紅葉は美しいことで有名。(見たことありませんが…)もう数週間たつと、きっと素晴らしい景色を堪能できるようです。。。

070902129

川原温泉を後にして帰り道の途中にあるプチリゾート施設「ク゜リーンピア津南」に立ち寄りました。

軽く食事をしたり、お土産を買うなどして各自思い思いに過ごしたのですが、一番楽しかったのが写真のボブスレー。

冬はスキー場でもある施設で、かなり高いところから滑り降りてこれます。

写真は次女とダンナさまが降りてきた場面。私は乗らなかったのですが、けっこうスピードも出るらしく「怖かった~、でも楽しい」かったそうです。。。

翌日から新学期ということで早めに帰路へ。ダンナさまは途中十日町の駅で降ろしてもらい、そこから東京へ帰っていきました。

帰ってきたらJILLは大喜び。飛びついて大歓迎。。。でも、パパちゃんの姿がないのに気づくと、しばらく玄関で待つ姿が…。

何はともあれ楽しい2日間でした。今朝の洗濯物の量はすごかったですけどね…。。。

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »