« 秋晴れ | トップページ | ジブリの絵職人 »

2009年11月15日 (日)

THIS IS IT

Photo_2 マイケル・ジャクソンの「THIS IS IT」を見てきました。

予告を見たときにも面白そう~とは思ったのですが、特にファンでもないし、2週間の限定上映ということで、あえて映画館で見るまでもない…と思っていたのですが、見てきた人たちは口を揃えて「よかった~」と言うし、ネットでの評価も高いし、上映期間も延びたし、興行ランクもトップ。

そして私は思いっきりマイケル世代。。。これはやっぱり見ておかなくては…と、近所のママ友を誘って土曜のレイトショーへGO。

土曜の夜ということもあり、思っていた以上に客席は埋まっていました。
私くらいの世代、それより上、そして若いカップル。。。家族連れもいたなぁ~。

よかったです。

もっとドキュメンタリータッチで、インタビューとか関係者の話とか、亡くなってからのエピソード、古い映像なんかもあるのかと思っていたのですが、亡くなる前まで行っていたステージのリハーサル映像のみ。

映画というよりも、コンサートを見ているような感じでした。

曲目も聞いたことのある名曲ぱかりだし、何よりもステージにかけるマイケルやスタッフの想いが伝わって、鳥肌がたつような場面も。

世界中から集まったダンサーたちのオーディション。映像を存分に使った演出やステージの仕掛け、衣装、そして音のひとつひとつ、細部にいたるまでこだわり、作りあげていく姿勢。プロの仕事の素晴らしさに感動しました。

マイケル自ら音や演出、ダンサーたちに指示を出し、リハーサルとは言え、スタッフが感動するような歌を披露。

謙虚で優しく、でも妥協を許さない…そして今日感じたのは、声がきれいで歌が上手い。50歳とは思えないダンスシーン。本当に彼は天才だったんだと実感。。。

今さらながらこの素晴らしいステージが実現しなかったことが残念で仕方ありません。

20代前半の時に後楽園球場で行われたマイケル・ジャクソンのコンサートに行ったことを思い出しました。バブルの後半期でしたが、外タレが次々と来日していた時代、その中でもマドンナとマイケルのステージはコンサートというよりもショーのようだと感じた覚えがあります。

色々と疑惑やスキャンダルの耐えないマイケルでしたが、彼は本当にスーパースターだったのだと思いました。

コレはファンでなくても必見です。




« 秋晴れ | トップページ | ジブリの絵職人 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋晴れ | トップページ | ジブリの絵職人 »