« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月31日 (月)

日帰りTDL

100529tdl0055月29日(土)日帰りでディズニーランドへ行ってきました。

昨年の4月に行ってから1年ぶり。

今回のメンバーは私と次女と次女のお友だちの3人。

当初は甲府のお友だち家族とシーで合流する予定だったのですが、次女はシーだと乗れるアトラクションが少ないからイヤだということで、ランドに行くことになりました。

100529tdl017 がんばって早起きをして、6:04の始発の新幹線に乗車。

ランドには9時前に到着。
すぐに「モンスターズインク」のファストパスを取りに行きましたが、その時点ですでに午後7時半のパスしか取れず、断念。

いつもは右から(トゥモローランド側)回るのですが、この日はアドベンチャーランドから回ることに。

100529tdl015 「カリブの海賊」は20分待ち。
次女たちが並んでいる間に私はダッシュで「ビックサンダーマウンテン」のファストパスをゲット。

「ビックサンダーマウンテン」に乗る前にキャラメル味のポップコーンを買って、娘たち2人は「イッツ・ア・スモールワールド」に30分待ちで乗船。

その間に私は長女に頼まれたマイクのキーホルダーを買いにトゥモローランドへ。。。

100529tdl021 この時点で10時半。
次女たちと合流して、「ホーンテッドマンション」のファストパスをとって、お待ちかねの「ビックサンダーマウンテン」へ…。

ところが!乗車直前で「やっぱりムリ」と次女が脱落。。。

私とお友だちのHちゃんの2人で乗り、次女はその場で待機させてもらいました。。。

100529tdl142
去年来たときも、最初の1本目はひとりで待っていたのですが、「おもしろかった~」というみんなの言葉にその気になって、2本目、3本目は乗れたのに…本当にヘタレで困ります。。。

せっかくファストパス取れたのに…。

でも後でやっぱり乗りたいと…夕方、Hちゃんと2人で110分待ちに並んで「ビックサンダーマウンテン」を制覇した次女でした。。。

100529tdl057 この日は朝から曇り空。雨は少しだけ降りましたが、たいして濡れることもなく、何とか天気はもってくれました。

ただ、写真で見てもわかるように空が青くなくて残念。

「ビックサンダーマウンテン」を降りてきたらイースター・ワンダーランドのパレードが始まっていました。

パレードは見なくていいという次女たち。に少し早いけれど「「グランマ・サラのキッチン」でランチ。まだすいている時間だったので、並ぶこともなく、ゆっくり食事が楽しめました。

このレストランは少しわかりにくい場所にあるので、けっこう穴場。
料理も美味しいのでオススメです。(中が暗くて、写真がうまく撮れませんでした…)

100529tdl019_2 今の期間ランドでは「ディズニー・イースターワンダーランド」というイベントを行っており、あちこちに卵型のキャラクターが飾られていました。

ほら、ここにもアリスのうさぎエッグが…。

園内にあるイースターエッグを探してプレゼントをもらう企画もあったようで、あちこちでパンフレット片手にタマゴ探しをしている人たちがいました。

100529tdl066 お土産もタマゴをモチーフにしたものがいっぱい。

コレで晴れていたら最高だったのに…。

昨年は大雨でガラガラで乗り放題のランドでしたが、この日は結構混んでいました。っていうか、普通に週末の人出だったのだと思いますが…。

さてさて、ランチを済ませた私たちは「ホーンテッドマンション」へ。(私はひとりで乗りました…)

そして次女が大好きなトゥーンタウンの「ガジェットのゴーゴーコースター」へ。

結局この日、このコースターも30分待ちで3回乗った次女たちです。。。

100529tdl048 「ロジャーラビットのカートゥーンスピン」は60分待ちで次女たち2人で乗ることに。。。

私はその間に他のファストパスを取りに行きましたが、バズもプーさんもすでに終了。

ちびっ子が好きな乗り物がとにかくすごい行列で、バズ、プーさん、モンスターズインクはいずれも120分以上の待ち時間でした。

100529tdl103 移動途中で少しだけ見た「ジュビレーション」パレード。

今回はパレードが何度もあったような気がします。

1時間もすると次のパレード待ちの人たちが敷物を敷いて並びはじめ、パレード中は移動もままならず、次女は文句タラタラ…。

100529tdl106 私はゆっくりパレード見たかったんだけどな…。

「今回は2人で行動したいから、ママは別行動だよ!」と宣言されていた私。

まったく別行動ってことはありませんでしたが、彼女たちが2人で並んだり、乗ったりしている間、私はひとり行動。

いつも見ることのないショップをのぞいてみたり(香水の専門店とかクリスタルのお店とか…)写真を撮ったり、ひとりでお茶したり…。

それはそれでなかなか充実した時間を過ごすことができました。

100529tdl118 今回は荷物になるとわかっていましたが、家にあったポップコーンのバケツを2人とも持参して大正解。
(偶然同じバケツを持っいました)

いつものことながら、ポップコーンを買うのも行列。
次女たちがアトラクションに行っている間、私はバケツ2つを持ってキャラメル味のポップコーンを2回も購入…なんていいママなんでしょう。。。

100529tdl081 今回は出かける前の日にディズニーの携帯サイトに無料登録しておきました。

その日のパークの情報やアトラクションの待ち時間をチェックできるのでとっても便利。

遠い場所のアトラクションでも待ち時間やファストパスがまだ残っているかチェックできるのです。。。

コレはオススメ!

100529tdl110 思っていたより混んでいたことと、曇り空だったのが残念でしたが、夕方まで無駄なく遊んで、次女たちは満足したようです。

6時までしつこくアトラクションに乗り、最後1時間がお土産タイム。

次女たちはそれぞれお小遣いをたっぷりもらってきたので、自分たちでお友だちの分や家族の分のお土産をチョイス。

私もお菓子類をいくつか買って、出口で合流。


100529tdl209ランドを出る7時頃にはイルミネーションも点き始め、とってもキレイな景色に…。

朝から歩き続けてお疲れの様子の2人でしたが、とっても楽しかったようで、いい顔をしていました。

東京駅までの電車の中では終始無言。

東京駅で駅弁を買って、20:12の新幹線に乗車。

100529tdl217 駅弁を食べて帰りの新幹線ではご覧の通り熟睡。

さすがに私もいっぱい歩いてダウン。でもおかげさまでいい運動になって、体脂肪減ったかも。。。

次回は今回載せきれなかった、キャラクターとパレードの写真アップします。。。

夢の国での時間はあっという間。
次女たちの笑顔もいっぱい見れて充実した休日でした。。。




2010年5月26日 (水)

効果あり!?

Voice_img_ranking01_3 中学に入った頃からポツポツとできてきた長女のニキビ。

どうしても気になるのか、無意識のうちにつぶしてしまうことも…。

私もダンナさまも思春期の頃にニキビに悩むことがなかったので、あまり気にしていなかったのですが、時々大きなニキビもできて、痛々しそう。。。

洗顔は毎日しっかりやっているのですが、年齢とともにひどくなるばかり…。

そんな話を友人たちとしていたら、長男がやはりニキビ顔に悩まされており「プロアクティブ」を使い始めたという話を聞き、感想を聞いたところ、「人によってあう、あわないがあるだろうけど、うちの子はいいみたい。安いモノではないことを意識しているのか、本人もしっかり続けてる」とのこと。

そこで我が家でもGWにダンナさまと長女と相談して、とりあえず60日間お試ししてみることに。
ネットで簡単に申し込めて使い方も簡単。
めんどうくさがり屋の長女でも、毎朝晩のお手入れ続いているようです。

で、どんな様子かと今顔を見たところ、めだつようなニキビがない!
3週間たって効果が出てきたようです。。。

とりあえず、もうしばらくは続けさせてみようと思っています。
これから暑くなって汗と脂の季節…ニキビ対策にオススメです。。。

一方、次女も春になって乾燥と紫外線で肌がカユカユに…。
「かいて、かいて」と手や足をかきかきして、かなりひどい状態に。
日焼け止めがあわなかっのか、晴れ日が続いた後は顔もヒリヒリ状態。
冬に医者から出してもらった保湿クリームでは改善しないということで、皮膚科に連れていきました。

飲み薬5日分と毎日塗る顔用、体用の塗り薬。
ひどい時だけ塗るステロイド剤が少し入った「ひどいところ用」塗り薬を出してもらいました。

日焼け止めも敏感肌の次女には「無香料、無着色の薬用を使った方がいい」ということで、処方せんを出してくれる薬局で薬用日焼け止めも購入。

私が使っているものよりずいぶんお高いのですが、これからの季節必需品だし、安心して使えるから思いきって買ってあげてよかったです。

次女の肌の状態も1週間もするとすっかりキレイになり、今ではほとんど薬ナシでOK。

長女も次女もスキンケアやシャンプーにだんだんお金がかかるようになってきました。
(次女はCMしているシャンプーがとっても気になるらしく、新発売のものをやたら使いたがるのです)

まだ長女は化粧にまったく興味がないらしく、化粧品やヘアケアを欲しがることがないけれど、他の中学生を持つ母たちの話では娘や息子のお金がかかって大変らしい。

しかし、うちの長女の場合、もうちょっぴり洒落っ気を出してもいいような気がするのですが…。






2010年5月23日 (日)

11歳と運動会

R00143915月22日。

今日は次女の誕生日、そして小学校の運動会でした。

朝は少し雲が広がっていたものの、汗ばむくらいの暑い日となりました。

午前中の応援合戦。次女は赤組。

100522014
5、6年生の競技「走って綱引き」。

前から3番目のチビちゃんが次女です。

5年生ともなると、女子でも大きい子が多いので次女のチビ痩せ加減がよくわかります。


100522037
徒競走は早いチームに入ってしまい3位。
高学年全員リレーも次女のチームは3位。

トータルで白が勝ち、赤は応援賞をもらいました。

特筆するようなハプニングもない、いつもの運動会でしたが、けっこう見ごたえがあったのが、この全校競技の騎馬戦。

中・高学年が馬をつくり、低学年が乗ります。

次女たちは女子だけの騎馬。
前にいるのが次女で、上にのった女の子は怖くて次女の首に手をまわしています。
見るからに弱そうな頼りない騎馬です。

ところが、とにかく逃げる作戦だったのか、2回戦とも生き残っていました。
しっかり相手の帽子も取っていたし…。なかなかやるもんだと感心しました。

運動会にあわせて帰省していたダンナさま。
PTAのリレーに駆り出され走りました。

私よりも運動不足だし、転倒しなきゃいいけど…とハラハラ。
何とか追い抜かれることもなく次の人にバトンを渡せてホッとしました。。。

1日中外にいて、子どもたちはかなり日焼けしたようです。
私はバッチリ日焼け止め&長袖&テントの中での観戦。

観覧席は地区ごとにテントが用意されているので、久しぶりに近所の父母たちが集合。
いっぱいおしゃべり&情報交換ができて楽しかったです。

R00144062 夜は次女の誕生会。

ルーテシアのデコレーションでお祝いしました。
フルーツとクリームがたっぷり…やっぱりめちゃ美味しいケーキです。

数日前から学校のお友だち数名から、文房具やキーホルダーなどの誕プレをもらってきた次女。

東京の友だちからも手作りのマスコットとお手紙が届きました。

おじいちゃんからは少し早めに自転車を買ってもらいましたが、他はまだ考え中。
「ゲームのソフト」「ハムスター」と希望は色々あって、日替わりで変わっています。。。
生き物だけはやめてくれ~。

R0014410運動会で疲れていたはずなのに、夜になってもとってもご機嫌な次女。

珍しく長女やダンナさまと「戦いごっこ」というわけのわからない遊びをして喜んでいました。

家族みんなが揃って、楽しい夕食と誕生日のお祝い。

あたりまえの事なのですが、子どもたちが大きくなると全員顔を揃えることがめっきり減りました。。。

朝のお弁当つくりはちょと大変でしたが、充実した1日でした。

「11歳おめでとうbirthday これからも元気で明るいパワフルガールでいてねhappy01







2010年5月20日 (木)

アナログの世界

09260010ゴールデンウィークにダンナさまがアナログカメラ(モノクロフィルム)で撮った写真が届きました。

アナログの世界ご覧ください。

コレは次女がおばあちゃんと植木の手入れ?らしきことをしているところ。








09260022 公園近くの田んぼ道を散歩するJILLとレニー。







09260030

光の加減?

めちゃ古くさい写真に仕上がっている1枚。












09260033

私におんぶされる次女。







09260039

家族みんなで田植えをした日。

2010年5月19日 (水)

最近読んだ本リスト後編

N昨日の続きです。

湊かなえの「告白」は以前に紹介しました。
映画化されるということで文庫は売れているようですね。

今、私が読んでいるのが湊かなえの新刊「Nのために」。

まだ途中なのですが、なかなか面白い。
登場人物それぞれの語りによって物語が進んでいくのは「告発」「贖罪」と同じパターンだけど、どんな風に展開されるのか楽しみにしています。

Photo 少し前に「少女」も読みました。

主人公は親友である女子高校生二人。
転入生が語った「友だちの自殺」の話から「人の死」に興味を持つ二人。

夏休みを利用してそれぞれ「死」に近づける場所へ向かう。
別々に体験する出来事。二人の少女が交互に語りながら話は進み、やがて運命の糸のように二人はつながっていく。。。

同年代の娘を持つ私はとても面白いと思いました。
親友にさえ、いえ親友だから知られたくない気持ち、考え、秘密…。

携帯やパソコンといったアイテムこそ違うものの、高校生の頃を思い出しました。
結末は思っていた以上に清清しく、読後感もよかったです。

「Nのために」も「少女」も文庫化はまだまだ先になりそうだったので、図書館で予約して借りました。
大きな図書館では「告発」人気の影響で予約数が何十人も…地元の図書館で検索したら1人待ちぐらいで借りられてラッキー。

今はネットで検索、予約ができるのでとっても便利。
これからもっと図書館利用しようと思っています。

Photo_2 東野圭吾も何冊か読みました。

「さまよう刃」は娘を殺された父親が、犯人たちへの復讐に走るという話なのですが、ここでもまた犯人が未成年というのがポイント。

法では裁ききれない少年犯罪とやりきれない遺族…現実社会でも起きている問題がそのまま小説に。

親である私にはとっても考えさせられ、胸が締め付けられるような1冊でした。

Photo_3 「赤い指」もやはり少年犯罪がテーマ。

こちらは殺人を犯してしまった息子をかばおうとする家族の話。
これもまたせつない…。

ネタばれになるのでこれ以上書き込みませんが、色んな意味で考えさせられた重いお話でした。


Photo_4 「時生」は友だちから借りて読みました。

余命わずかな息子とタイムスリップがキーワード。
同じ東野圭吾の「秘密」に似た、ちょっとファンタジックなお話。

好きなタイプのお話でした。

他にも「宿命」「探偵物語」など数冊を読みましたが、どれも読みやすく面白い。。。でも東野圭吾の作品は読みきれないくらいいっぱい出ているので、どれを読んだか忘れてしまう。。。

そーえば最近はあまり読んでいないけど赤川次郎もそうだよなぁ~。

Photo_6 少し前ですが、実家に行ったときに父親が読み終えたという松本清張の「ゼロの焦点」が置いてあったので借りてきました。

松本清張は「砂の器」「鬼畜」と言った名作は映画で見たので知っていますが、ちゃんとと小説を読んだことがなかったと気づきました。

「ゼロの焦点」は映画化されたこともあり、本屋でも松本清張コーナーが設置されていました。

さすがにミステリー界の巨匠。
とても面白かったのですが、時代背景が戦後まもない頃で、その風景や街並みがうまく自分で想像できず少しつらかったです。

「砂の器」もそうですが、松本清張の作品は日本の四季がよく取り入れられていてそれがまた映像化されると素晴らしいのですが、本では自分の想像力が必要とされるので、見える景色に限界があるのです。。。

この話も鈍行列車、駅のホーム、北陸の冬といった描写が多くちょっとお手上げ。
美しい雪国の景色は、広末涼子主演の映画をDVDで見ようと思っています。

Photo_7 最後に紹介したいのが柴田よしきの「ふたたびの虹」。

裏社会を描いたハードなミステリー、ファンタジー、ホラーもあるし恋愛モノも豊富。猫が主人公の人気シリーズもあるし、新宿で未認可の保育園を経営する探偵のシリーズも好調。。。

とにかく色々なタイプの作品を書く好きな作家のひとり、柴田よしき。

最近読んだ彼女の作品でイチオシなのがこの本。

東京・丸の内の小料理屋「ばんざい屋」。おかみ一人でやっている小さな店に訪れる人たちのお話が短編としていくつか入っています。

そのひとつひとつがどれも面白いのですが、それ以上に「ばんざい屋」で出されるおかみの手料理が素敵。四季折々、季節にあわせた素材を使った素朴な料理、その料理にあわせて選ぶ大皿。

読んでいて、ふぅ~っとうっとりしてしまう場面も…。
短編集とはいえ、微妙に話はつながっていてこれがまた面白い。
最近、第2弾が新書で出たらしいので、そちらも早く読んでみたいとワクワクしています。

他にもこれから読もうと思っているのは、宮部みゆきの新作「小暮写真館」…先日本屋で実物を見てその厚さにビックリ。
でも読み応えがあって今から楽しみ…。

友だちが絶賛している「食堂かたつむり」は近々文庫を購入する予定。
重松清の新刊「十字架」も気になるなぁ~。

ほとんど小説を読まないダンナさまが読んだ村上春樹の「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」も家にあるので読んでみよう…。

はぁ~こうして書いて見ると、結構読んでいるようだけど、読んでみたい作品や作家がいっぱい。もっと時間がほしい~。










最近読んだ本リスト前編

Photo_7   久しぶりに最近読んだ本を一挙に紹介します。

もともと本好きなので、次女のバレエのレッスン中、昼休み、入浴中…いつも文庫を持ち歩き、少しでも時間がとれると読書をするよう心がけています。

面白い本だと先に早く進みたくて、通勤中の車の中、長い信号にかかると本を広げることも…。

Photo_8
そんな私のお気に入りの作家のひとりが重松清。

以前も何冊か紹介しましたが、最近読んだのは「みんなのなやみ」と「エイジ」。

「みんなのなやみ」は重松氏がHPで募った、子どもたちの悩みに答えたものを1冊にまとめた本。

恋愛、家族、からだ、学校生活、友だちといったテーマに分かれており、子どもたちの悩みひとつひとつに重松流の返事が丁寧に綴られています。

子どもたち自身はもちろん、親である大人にもオススメの一冊。

もう1冊は「エイジ」。
東京郊外のニュータウンに住むエイジはどこにでもいる中学2年生。
そんなエイジの同級生が通り魔の犯人として補導される。
その事件を中心にエイジ、友だち、家族を描写。自分と事件をおこした同級生とは何が違って、何が同じなのか…。

未成年者の事件を扱ったものですが、話の中心はエイジ自身の格闘と成長。
同じ世代の娘を持つ私にはタイムリーな小説でした。

他にも重松清にしてはダークな内容の「疾走」(上下巻)も面白かったです。

Photo_9

最近、テレビでもたまに見かけるようになった石田衣良。

代表作は「池袋ウエストパーク」ですが、この作家の本はまだ読んだことがありませんでした。

でも前々から文庫の表紙が気になっていた「うつくしい子ども」を古本屋で発見。(最近はもっぱらBOOK OFFを利用しています)

ちょうど読む本が切れていたので買ってみました。

この本もまた中学2年の男の子が主人公。

ひとつ下の弟が小学生の女の子を殺害し逮捕される。
幸せだった家族の崩壊、マスコミや学校、友だちの対応…嵐のような生活の中で「なぜ弟は殺人を犯してしまったのか?自分だけは弟のことをわかってやらなくては…」と真実を探しはじめる兄。

重いテーマなのですが、意外な結末に驚かされつつ読後がすごくよかった作品です。
調子づいて石田衣良の本をもう一冊読んでみました。
Last_2
それがこの「LAST」。
こちらは中年男女がローンの返済等で追い込まれ、最後のカケにでるといういくつかの話がおさまった短編集。

ラッキーな結末もあるし、悲惨な結末もある。
いずれにしろ現実にありそうな話ばかりなので、正直、暗い気分になりました。。。

Photo_11
中高校生に絶大な人気のある山田悠介もまだ読んだことがありませんでした。

「リアル鬼ごっこ」「親指さがし」とタイトルだけで引いてしまっていたのですが、コレは何だか面白そうだと思い購入。

まず長女に読ませてみて、よかったら読むことに。

得意の早読みで2日ほどで完読した長女の感想は「フツーにおもしろかった」とのこと。

ん~、設定が近未来の話でちょっとムリがあるけど、展開が早く文章も読みやすく、確かにフツーに面白かったです。読みながら「バトル・ロワイアル」を思い出しました。

No6_2 でも同じ近未来が設定の青春モノならばあさのあつこの「No.6」の方が断然オススメ。

まだ連載中で、文庫化されたのは5巻まで。
長女と首を長くして続きをまっている作品です。




Photo_13 まだまだ紹介したい本がありますが、続きは後日。

今日最後のオススメは「ちゃぶ台ごはん」。アマゾンで偶然みつけたレシピ本なのですが、買って正解でした。

炒め牛皿、卵かけご飯、揚げパン…シンプルなおかずやデザートばかりなのですが、自宅にいつも常備している調味料でほとんどできてしまい、めちゃ簡単な調理方法ばかりなので、料理が苦手な私にはピッタリ。

さっそく豚肉のしょうが焼きを作ってみたところ、今までよりも簡単なのに「こっちの方がおいしい」と娘やダンナさまが絶賛していました。

見ているだけであたたかいご飯が進みそうなおかずやお汁、冷蔵庫にあるもので作る簡単メニュー。
コレは料理を得意としない人にオススメの1冊です!









 

 

2010年5月17日 (月)

写真

Rimg3042昨夜、東京にいるダンナさまより写真データが届きました。

先週末に行った散歩風景です。

私が撮ったものと、全然違っていい写真がたくさんありました。


Rimg3059

いっぱい遊んで、ベンチの下で背中を草にこすりつけてダンスダンスしているレニー。

水を飲みすぎて、お腹がパンパンにふくれています。。。











Rimg3062

いつのまにか一人でベンチの上に乗っていたJILL。

こちらも少しお疲れの様子。





Rimg3063 ベンチから飛び降りる瞬間。

JILLの真剣な表情。





Rimg3064

遊具の上から撮ったと思われる全景。

遠くに見える学校は娘たちが3年前まで通っていた小学校です。




Rimg3068

田舎の子なのに、なぜかカエルが大嫌いな次女。

このときも小さな青カエルを発見。
「おんぶして~」と私の背中に飛び乗りました。

すべり台の上からいつのまにか撮っていたようです。。。

Rimg3069

少し違う角度から…。

5年生になった次女はさすがに重い。





Rimg3079

ベンチで休憩中の私と次女。
足元にはブヒたちがいます。













Rimg3085

ダンナさまのデジカメはズームがないので、遠景が多くなる。

でもとってもキレイに色が出ていていい写真がいっぱい。



Rimg3089

これは別の日。公園の駐車場で。

今週末には次女の運動会があります。
また、いい写真期待しているね。

週末のこと

100516002この週末も予定がぎっしりでした。

金曜の夜は「女子会」と称した、同僚の女性たち11人でお食事会。

7時開始で店を出たのが11時頃。
4時間近くも食べて飲んでおしゃべり…。
楽しかった~。
年齢もバラバラですが、何歳になっても女子はおしゃべり大好きですね。

100516009 土曜は午後から次女のバレエのレッスン。
その帰りに家族ぐるみのお付き合いをしているお宅へ。
次女はそのまま夕飯をご馳走になることに。

私は帰宅して買ってあったパンづくりキットで久しぶりにパン作り。

予想完成図とはかけはなれたクリームパンになってしまいましたが、味は素朴で手作り感いっぱいに仕上がりました。。。

焼きたてのパンを持って20時頃次女のお迎えに。。。
そこから、そこんちのパパとママとおしゃべりが止らず、次女はお風呂まで入れさせてもらって、結局帰ってきたら12時近く。。。

遅くまで本当にごめんなさいです。
でも久しぶりに子どもたちのこと、お互いの近況などを話せて、この日も楽しかった~。

100516014 夜更かしが続き、日曜の朝は当然のことながら早起きができず、それでもテキパキと掃除を済ませ、JILLたちの散歩へGO。

私が休みの日は朝から「おさんぽ、まだ~?」と言わんばかりに足元をウロチョロします。

今日は朝からいいお天気だったので、JILLたちは早く外に行きたくてソワソワ状態。

100516016 今日もノーリードにしてあげて、公園とその周辺の田んぼ道をのんびりお散歩。

2ブヒの後ろ姿が可愛い。。。





100516021 最近はボトルタイプの水飲みを持つのはやめて、携帯用のこんなボールを持って散歩に出ます。

今までは水色ひとつしかなくて、水の取り合いに…。
と言っても、いつもJILLは勢いのあるレニーに譲ってしまう。。。

で、ようやくもうひとつピンクを購入。

同じように水を入れてあげるのに、レニーはJILLが飲んでいる方がおいしく見えるのか、必ずJILLから横取りしようとして、もうひとつのボールを蹴散らして水をこぼしてしまうことも…。

本当に落ち着きのないチビブヒです。。。

100516026_2 午後から「音楽文化会館」で今年初のバレエの合同練習がありました。

7月の発表会に向けて、いよいよ始まった~という感じです。

今日はプログラム用の写真撮影があるので、全員おだんごヘア。

次女の髪も久しぶりにおだんごにしました。(おばあちゃん作)

100516032 次女は5年生の中では小さな方で、こんな風に並ぶと小粒加減がはっきりわかります。
(前列の濃いピンクTシャツが次女)

普段のレッスンではあまり顔を合わすことのないママたちとも久々に再会。

ここでもおしゃべりが止りません。。。

100516035 今日は2時に集合して、写真撮影やら衣装のサイズあわせなどの後、3時~6時までレッスン。

これから毎週末、合同レッスンがあります。

場所や時間がその日によって違うので、スケジュール管理がけっこう大変。

長時間のレッスンで彼女もクタクタのようですが、あと1ヵ月半がんばらねば…。



2010年5月13日 (木)

のだめカンタービレ最終楽章 後編

2ゴールデンウィークが終わり、2日間出勤。

今年はすぐ土曜になったので、何だかとってもお得な気分。

連休の後が月曜だと気分的に最悪だものね。。。

本当はGW中に行く予定だった「のだめ」を土曜の夕方から長女と見に行きました。

前半は結構笑える場面が多く、次女も最後まで楽しんでいましたが、今回はストーリー的にまじめなシーンが多く、お友だちと先に見てきた次女が「クラッシックを聴いているうちに寝てしまったから、最後がどうなったかわからない…」と言っていた次女の言葉にうなづけました。

それでもパリ観光の場面などは長女も声を出して笑っていたし、オーケストラの演奏やピアノの演奏場面は迫力があってステキでした。。。

原作も終わってしまった「のだめカンタービレ」。
マンガもドラマも映画も親子で存分に楽しむことができました。

2010年5月12日 (水)

GWその4 田植え

1005050025月4日、ゴールデンウィークも終盤をむかえました。

これまでの寒さと少し前の2度の暴風で苗を育てていたハウスのビニールが破け、苗の伸びがいまひとつだったこともあり、今年はギリギリまで田植えの日を延ばしていました。

4日は曇り空だったものの、温かく風もなかった最高の田植え日和でした。

ダンナさまの友だちが子どもを連れてお手伝いに100505007きてくれました。

初めて乗る軽トラの荷台や田植え機、小さな女の子は最初こそ怖がっていましたが、後半はみずから「のりたい~」とすっかり軽トラと田植え機が気に入ったようです。

苗もご覧の通り青々と育ち、ダンナさまは子どもたちを順番に乗せながら田植機を運転します。

 

年に1度の親子での共同100505017作業。

田植えはりりもん家にとって大切な家族交流の場でもあります。(この日ばかりは農家の嫁であることを実感するりりもんです)

今年新調したダンナさまの赤いツナギは、どこにいても目立っていました。

この日、子どもたちは3時頃にあがり、家で遊んでいたようですが、私とダンナさまとお父さんの3人で夕方まで植えました。

100505032夕日の中の田植え風景。

水田に夕日が映りこみとってもキレイです。

久しぶりの田植えは普段使わない筋肉を使うので、案の定、体中筋肉痛に。。。

翌朝はベットから起き上がるのもキツイ状態でした。

 

明けて翌日、1005050595月5日。

朝から晴天。この日は気温もぐーんと上がる予報で、日焼け予防をしっかりしてGO。

途中、JILLとレニーもお手伝いにやってきまいた。

レニーをノーリードでフリーにしたら、パパちゃんについて行こうとして田んぼに入ってしまい、大騒ぎ。

100505065 黒い足が泥だらけに…。

用水でおばあちゃんに足を洗ってもらいました。

外はずいぶん気温もあがってきたし、JILLたちがいると仕事にならないので、2匹揃って窓を全開にした軽トラにのせました。

「あんたたちはここで見ていなさい」

100505066 窓に足をかけて、外の様子をながめる2匹。

その姿がめっちゃ可愛い。(親バカ)

100505071 手伝いに飽きてしまった次女が「もう帰りたい~」というので、JILLとレニーと次女をトラックの荷台に乗せて帰宅。

トラックの荷台は泥だらけなのに、そこでふせ状態でくつろぐJILL。

白いお腹が泥で茶色に…。

家に戻って、2匹をシャンプーして田んぼに戻ったらもう昼近くになってしまいました。

100505100 午後からはまた3人で黙々と田植えを続け、あと1枚(田んぼは1枚、2枚と数えるらしい…)で終了というところに、おばあちゃんに連れられて長女と次女が参上。

午前中、頭痛がするといって家で寝込んでいた長女もさすがに少しは手伝わないとまずいと思ったのか、渋々出てきました。

休憩時間にカメラを持ち出し、撮影しているダンナさま。

100505114 「手で植えたい~」という次女は、おばあちゃんの指導のもと田んぼの中へ。

毎年手伝っているだけあって、なかなかいい手つきです。

次の週には学校で田植えもあるので、いい予行練習になったようです。

R0014239 ここからはダンナさま撮影のモノクロ写真。

色がなくなると、時代がわからなくなる。。。

モノクロの世界って不思議です。

R0014245_2 泥の中に長靴がはまりこんでしまい、身動きできなくなった次女。

必死に脱出を試みています。

本当は田んぼに入るには、ピッタリとした専用の長靴が必要。

これが結構お高いのでビックリ。1足5000円以上するのです。。。

学校での田植えは体操着に裸足で田んぼに入るのですが、この時期の田んぼの水は結構冷たいんですよね。。。

R0014263 2日目の夕方で今年の田植えは終了。

田植え機を大きくしてからはスピードがアップし、3日かかっていた以前に比べると本当早く終わるようになりました。

この後、2、3日筋肉痛が続きましたが、太陽の下、汗ばむくらい体を動かして心地よい疲れ。

子どもたちがこんな風に田んぼに付き合ってくれるのももう少しかな…。

何はともあれ今年も無事田植え終了。

あとは実りの秋を待つばかりです。。。

2010年5月11日 (火)

GWその3 毎日散歩

100503gw010今年のゴールデンウィークは、それまでの寒さから一転し、暖かく天気のいい日が続きました。

JILLとレニーもお出かけこそ出来なかったものの、毎日いつもの公園や田んぼ道をお散歩。

今までも公園内ではノーリードにしていたのですが、最近は公園周辺の田んぼ道でもこんな風にノーリードにしてあげます。

100503gw011 舗装された道路からは遠く離れ、田んぼが続く道。

決して遠くへひとりで行かないレニーは心配ないのですが、JILLはトコトコ勝手なところに行こうとします。

でも私たちとずいぶん離れたなと思うと、猛ダッシュで戻ってくる。。。

100503gw146 公園内はクローバーの緑が濃くなり、レニーたちも気持ち良さそうに駆け回ります。

自分のペースなど関係なく、走ったり、動きまわるレニーは、いつも水を飲みすぎて、帰る頃にはカエルのお腹みたいに水でお腹が膨れてしまいます。
(レニーはほとんど外でオシッコをしないのです…)


100503gw152 JILLは走るとレニーが追いかけてきて、体当たりしてくるのがイヤなようで、いつもマイペースであちこち匂いをかいでマーキング。

疲れると私たちの足元でくつろぎポーズ。

外は本当に気持ちいいようで、幸せそうな表情です。

R0014225 私の足元でくつろぐ2匹。

遠くへ行かなくても、いっぱい走ったり遊んだりできるこの公園は最高だね。。。




100503gw163 次女も毎回散歩に付き合ってくれます。

「水を撮って~」とこんな写真を撮らせられました。

ダンナさまもいる間は毎日JILLたちの散歩に同伴。
カメラ片手に風景やらJILLたち、娘たちをいっぱい撮影していたようです。


100503gw169 公園の一角に少しだけ遊具があります。

なぜかJILLはすべり台の上に…。
すべって登ることできないのにね。。。

公園は誰も手入れしないので、雑草の宝庫。
毎日帰ってきてから、2匹をシャンプーするのが大変です。

 

R0014207 ダンナさまが撮ったモノクロ写真。

公園に向かう道の、今はもう閉めてしまっている酒屋の看板です。

毎日通っている場所ですが、こんな風に見ると一味違った場所に見えます。

(前にいるのは一輪車にのった次女)

R0014199 家の敷地内で座りこんでいる次女。

何か食べているのかな。。。










R0014203 違う角度から。

こんな写真がいっぱいありました。

毎日いっぱい歩いたり、走ったり、JILLたちにとっては最高のお休みだったと思います。。。

2010年5月10日 (月)

GWその2 長女と二人で上京

P1020663 ゴールデンウィーク中盤、5月1日の夕方から、ダンナさまが東京の写真倶楽部の納会にどうしても出席したいということで、車で上京することに。。。
(高速料金が1000円だったので…)

本当は私と次女も一緒に行こうと思っていたのですが、次女はどうしても出なくてはいけないバレエの振り付けレッスンがあって断念…。
ダンナさま一人で行くことにしていたのです。。。

前日の夜、次女が寝た後で、「じゃ、父さん明日東京行ってくるから…」と長女に話したところ、「えっ、何で?聞いてないし」と。

私が軽い気持ちで、「あんたもヒマならついていけば」と言うと、「いいなぁ~一緒に行こうかな…」と、急遽長女も一緒に東京へ行くことに…。

突然決まった長女と親父の東京行き。
でも長女は夕方から一人になってしまうし、あまりに突然の話で行きたいところも時間もない…それでも東京好きな長女は「行きたい~」と言うので、ダメもとで東京で女子大生をやっている私の姪っ子、娘たちにとっては従姉妹のAちゃんにメール入れてみました。。。

GWで帰省しているかもしれないし、明日の話だからきっと無理だろうと思いつつも、長女が「A姉ちゃん、明日東京へ行くことになりました。午後から時間あったら会えますか?」とメールを入れたら、ラッキーなことに今年は帰省しておらず、おまけに夕方まで空いているとの返信。

長女は大喜びでハイテンションに。。。

それから急いで支度をして、朝、早めに出発することに。
何も知らない次女には後で説明することにして、その日は夜遅くまで電車路線図を出力するなどしてバタバタしていました。

そして翌朝、ちょうど出発するときに次女がお目覚め。
「なんで姉ちゃんも車乗ってるの?」と聞く次女に、実は昨夜、急に一緒に行くことになったと説明すると、予想通り「姉ちゃんばっかりズルイ~」と大爆発の超不機嫌モードに。。。

次女の不機嫌状態は午前中いっぱい続いていました。。。
それでもバレエのレッスンの後に、友だちとプールに行くことになっていたので、何とかご機嫌も戻り、ホッと一安心。。。

あとは長女に頼んだお土産で何とかなりそうです。

P1020637 東京へ行ったダンナさまたちは、高速は渋滞もなくスムーズに進み、環八で多少混んだものの、昼頃に目黒のマンションに到着。

目黒駅でAちゃんと待ち合わせをして、長女は池袋へ行ったとか。
(最初の写真はサンシャイン60から撮った風景)

池袋では「銀魂」の映画にあわせて、池袋のあちこちで「銀魂フェア」を開催していたらしく、等身大の人形や舞台セットのようなところで写真を撮ってきていました。

P1020667コレは銀さんアイス。
めちゃ可愛い。。。

夕方から新宿で友だちと約束のあるA姉ちゃんと池袋で別れ、そこから長女は初の一人行動。

しばらく一人で池袋をブラつき、「暗くなる前に目黒に戻るように」と父親に言われていたらしく、電車で目黒へ。

一人で電車に乗るのも初めての体験。

コンビニでお弁当やお菓子を買って、合鍵で父親のマンションへ。
プチ一人暮らし体験をしたようです。。。

ダンナさまも長女が来ているということで、2次会へも行かず、早々に帰宅したらしく、慌しい1日が終わったようです。

翌日の午前中、次女のお土産を買って、早々と帰路に。
関越の下りは予想通りの渋滞で結構時間がかかったようですが、夕方には帰宅。

Rimg0005 この日、甲府から近所の仲良しファミリーが帰省してきていたので、次女もご機嫌モードで出迎えました。

コレが次女に買ってきてくれたお土産。
花はペンになっています。。。

慌しいお出かけでしたが、長女と父親が二人で出かけるなんてことはほとんどないので、いい時間が過ごせたと思います。。。

よかったね、父さん。

GWその1 バーベキュー

100430bbq021とってもとっても久しぶりの更新です。

今さらですが、我が家のゴールデンウィークの様子を少しずつご報告。

初日の29日の前夜、28日の夜に新入社員の歓迎会がありました。

部署の飲み会にはあまり参加しない私ですが、久しぶりに大人数の飲み会に参加。

調子にのって2次会まで出席して、自分の息子たちといってもいいほどの年齢の新入社員とおしゃべりを楽しんでいたら、あっという間に時間が過ぎ、帰宅したのは深夜2時。

本当に久しぶりの夜遊びとなってしまいました。

帰ってきたらまだ長女が起きていて「お母さん早かったねぇ~」などと、ふざけたこと言うから「何言ってるの、もう2時だよ」と言うと、驚いた様子。

彼女は読書に夢中になっていたらしく、まったく時計を気にしていなかったよう…。
読んでいたのは「ダ・ヴィンチコード」。止らなくなったとか。。。まぁ、その気持ちわかるけど…。

当然のことながら翌日はなかなか起きることができず、ダラダラ過ごしているうちに同僚と車で帰省してきたダンナさまが到着。

さぁ、長い休みのスタートです。

翌日の30日はうちの会社はお休みだったので、同僚たちとバーベキュー。

100430bbq028 かまどもある広い公園だったのですが、平日ということもあり、他に人の姿がほとんど見当たりません。

一緒に連れていったJILLとレニーをノーリードにしてあげました。(本当はやっちゃいけないんだけどね…)

少し肌寒いくらいの曇り空でしたが、大喜びの2匹。

あっちへ、こっちへ、初めての公園内を探検です。

100430bbq044 レニーは芝生が嬉しくて、こんな風にお腹を出して、ダンスダンス。

バーベキューで焼いたかぼちゃやエビをもらってご機嫌。

この公園は少し坂を上ったところにあるので、道路に出る心配もないし、少し離れた遊具のある場所には子連れもいたので近づかないようにしていました。

レニーは私たちの側から離れることはなく、みんなの足元をチョロチョロ動きまわったり、お腹を見せてダンスダンスしたり人気者になっていました。

100430bbq048 JILLはちょっと目を離すと、ひとり行動開始。
トコトコ公園の奥へ行ってしまい、何度かレニーが迎えに行ってくれました。

後半はさすがに疲れたのか、人目のつかぬ場所でのんびりひなたぼっこ。

私たち以上に楽しんだ2匹です。

次女が学校から帰ってくる時間までいっぱい遊んで帰宅。
シャワーをしたら、レニーから黒い水が流れてきます。
そう、炭がついた地面の上でもダンスダンスしていたから、体が黒くなっていたのです。。。

体が黒いから汚れていたのに気づかなかったよ…。

こんな調子でスタートした今年のゴールデンウィークでした。。。




« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »