« 写真 | トップページ | 最近読んだ本リスト後編 »

2010年5月19日 (水)

最近読んだ本リスト前編

Photo_7   久しぶりに最近読んだ本を一挙に紹介します。

もともと本好きなので、次女のバレエのレッスン中、昼休み、入浴中…いつも文庫を持ち歩き、少しでも時間がとれると読書をするよう心がけています。

面白い本だと先に早く進みたくて、通勤中の車の中、長い信号にかかると本を広げることも…。

Photo_8
そんな私のお気に入りの作家のひとりが重松清。

以前も何冊か紹介しましたが、最近読んだのは「みんなのなやみ」と「エイジ」。

「みんなのなやみ」は重松氏がHPで募った、子どもたちの悩みに答えたものを1冊にまとめた本。

恋愛、家族、からだ、学校生活、友だちといったテーマに分かれており、子どもたちの悩みひとつひとつに重松流の返事が丁寧に綴られています。

子どもたち自身はもちろん、親である大人にもオススメの一冊。

もう1冊は「エイジ」。
東京郊外のニュータウンに住むエイジはどこにでもいる中学2年生。
そんなエイジの同級生が通り魔の犯人として補導される。
その事件を中心にエイジ、友だち、家族を描写。自分と事件をおこした同級生とは何が違って、何が同じなのか…。

未成年者の事件を扱ったものですが、話の中心はエイジ自身の格闘と成長。
同じ世代の娘を持つ私にはタイムリーな小説でした。

他にも重松清にしてはダークな内容の「疾走」(上下巻)も面白かったです。

Photo_9

最近、テレビでもたまに見かけるようになった石田衣良。

代表作は「池袋ウエストパーク」ですが、この作家の本はまだ読んだことがありませんでした。

でも前々から文庫の表紙が気になっていた「うつくしい子ども」を古本屋で発見。(最近はもっぱらBOOK OFFを利用しています)

ちょうど読む本が切れていたので買ってみました。

この本もまた中学2年の男の子が主人公。

ひとつ下の弟が小学生の女の子を殺害し逮捕される。
幸せだった家族の崩壊、マスコミや学校、友だちの対応…嵐のような生活の中で「なぜ弟は殺人を犯してしまったのか?自分だけは弟のことをわかってやらなくては…」と真実を探しはじめる兄。

重いテーマなのですが、意外な結末に驚かされつつ読後がすごくよかった作品です。
調子づいて石田衣良の本をもう一冊読んでみました。
Last_2
それがこの「LAST」。
こちらは中年男女がローンの返済等で追い込まれ、最後のカケにでるといういくつかの話がおさまった短編集。

ラッキーな結末もあるし、悲惨な結末もある。
いずれにしろ現実にありそうな話ばかりなので、正直、暗い気分になりました。。。

Photo_11
中高校生に絶大な人気のある山田悠介もまだ読んだことがありませんでした。

「リアル鬼ごっこ」「親指さがし」とタイトルだけで引いてしまっていたのですが、コレは何だか面白そうだと思い購入。

まず長女に読ませてみて、よかったら読むことに。

得意の早読みで2日ほどで完読した長女の感想は「フツーにおもしろかった」とのこと。

ん~、設定が近未来の話でちょっとムリがあるけど、展開が早く文章も読みやすく、確かにフツーに面白かったです。読みながら「バトル・ロワイアル」を思い出しました。

No6_2 でも同じ近未来が設定の青春モノならばあさのあつこの「No.6」の方が断然オススメ。

まだ連載中で、文庫化されたのは5巻まで。
長女と首を長くして続きをまっている作品です。




Photo_13 まだまだ紹介したい本がありますが、続きは後日。

今日最後のオススメは「ちゃぶ台ごはん」。アマゾンで偶然みつけたレシピ本なのですが、買って正解でした。

炒め牛皿、卵かけご飯、揚げパン…シンプルなおかずやデザートばかりなのですが、自宅にいつも常備している調味料でほとんどできてしまい、めちゃ簡単な調理方法ばかりなので、料理が苦手な私にはピッタリ。

さっそく豚肉のしょうが焼きを作ってみたところ、今までよりも簡単なのに「こっちの方がおいしい」と娘やダンナさまが絶賛していました。

見ているだけであたたかいご飯が進みそうなおかずやお汁、冷蔵庫にあるもので作る簡単メニュー。
コレは料理を得意としない人にオススメの1冊です!









 

 

« 写真 | トップページ | 最近読んだ本リスト後編 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 写真 | トップページ | 最近読んだ本リスト後編 »