« 今年も行ってきたよ | トップページ | 今月の香り花と寒い休日 »

2010年9月20日 (月)

DVDとラーメンと美術館

1410868pimg_2 最近見たDVDを2本紹介。

以前、他のDVDを見た時、作品紹介されていた「コララインとボタンの魔女」。

「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」を手がけたヘンリー・セリック監督のちょっとダークなファンタジー作品。

手作りの人形を一コマずつ動かして作るストップモーションアニメーション。
その作業を考えると気が遠くなりそうですが、とてもよくできています。

映画公開では3Dだったようですが、じゅうぶん楽しめました。

古い屋敷に引っ越してきた11歳の少女コラライン一家。
忙しい両親、暗いお屋敷、気に入らない近所の少年…不満だらけの生活を送っていたコララインの元に自分とそっくりの人形が届けられます。

ある晩、家の中にある小さな扉に誘いこまれるように入っていくと、そこにはもうひとつの我が家と家族が…。
暖かい家、素晴らしいご馳走に優しい両親。
何もかも現実とは正反対の世界に夢中になるコラライン。
ただひとつ問題なのは、もう一人のパパとママはボタンの目だってこと…。

「コープスブライド」もお気に入りの我が家の娘たち。長女も翌日見て気に入ったようです。
「チャーリーとチョコレート工場」もそうですが、ちょっと不思議な世界感が結構好きなようです。

Photo 不思議な世界感の作品と言えば、「Dr.パルナサスの鏡」も面白かった。

これもDVDを借りて長女と見たのですが、見世物小屋のような設定や、鏡の中の不思議な世界が対照的で映像的にも面白い。

個性的なキャスト陣もよかったし、ジョニー・デップはやっぱりステキでした。

何が何だかよくわからないストーリー。悪魔とよくない約束をしたということはわかるのですが…でもいつのまにかこの不思議な世界に引き込まれてしまい、気がついたら最後まで見終えていて、「けっこう面白かったね」と長女も感想を述べていました。

100919001 話は変わって、3連休でダンナさまが帰ってきています。

今日の昼は長女と3人で久しぶりに外出。
(次女は昨夜、発熱。今日は頭痛がするというのでおとなしく家でお留守番していました)

ラーメンが食べたいという長女の希望で、紫竹の「いっとうや」へ。

100919008
最近はダンナさまもここのラーメンがお気に入りで、よく行くのですが、いつも長蛇の列。
今日もかなり待ちました。

長女はかさね醤油ラーメン、私とダンナさまはつけ麺。

おいしいけど、今日は体調がイマイチだったこともあり、夕方まで胃がもたれ気味。

しばらくラーメンは食べなくていいかも…。

100919014その後、新潟市美術館で開催されている「ブリューゲル版画展」を見に行きました。

16世紀の作家、ピーテル・ブリューゲルの版画は、とにかく精細な作品で、思わず近寄って隅々まで見たくなれます。

その描写の内容は風景画から聖書の世界、庶民の生活などをユニークな視点で描いています。

中にはちょっとグロテスクだったり、怖いような描写もありますが、説明文を読んでみると、どの作品にも深い意味がこめられていることがわかり、1点1点時間をかけて見てまわりました。

ただ、私は体調がイマイチで途中でリタイア。
ソファで休憩していたのですが、ダンナさまと長女は学芸員の説明も聞いていたようです。

人気の展覧会ということもあり、ずいぶんにぎわっていました。

« 今年も行ってきたよ | トップページ | 今月の香り花と寒い休日 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今年も行ってきたよ | トップページ | 今月の香り花と寒い休日 »