« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月31日 (日)

女子会2連発

Photo色々と載せたい話題はあるのですが、まずは今週末の女子会のご報告。

金曜の夜は同僚の女子10名ほどで「ネルソンの庭」で女子会。

女子会用のプランがあって、飲み放題をソフトドリンクコース、アルコールコースと選べるのが嬉しい。

おまけにとってもルーズナブル。料理が8品+デザート3品、そこにソフトドリンクコースをつけてなんと2,800円。アルコールでも3,800円。
下手な居酒屋いくよりよっぽどお得。

料理もおいしくてボリューム満点。女子10名でも食べきれませんでした。。。

そして翌土曜日は、長いお付き合いのママ友4人でお食事へ。

一度ランチで行って、とってもおいしくて、ステキなお店だったのでみんなを誘ってみました。
それが「チャッペス食堂」。ん~食堂っていうよりカフェかな。。。

内装もとっても可愛くて、スタッフは若い女性。
大きな黒板にメニューが書かれていて、どれも手作りの味でGOOD。

こちらは席だけ予約入れておいて、あとは好きなものを食べて、飲んで…でもお安く済みました。

どちらの女子会も楽しかった~。
2夜連続の外出でとんでもない主婦ですが、ちょうどダンナさまも帰ってきていたので、快くお出かけさせてもらいました。

っていうか、娘たちはおばあちゃんさえいれば、私が不在でもまったく影響ないようです。。。

いつも「うちの事は心配しないで、いっておいで…」と笑顔で送り出してるお義母さん。
わがままなダメ嫁でスミマセン。。。本当にいつも感謝しております。

チャッペス食堂は女性のおひとりさまでも気兼ねなく行けそうなお店。
これでワンコOKだったら最高なんだけどな…。

2010年10月27日 (水)

レニー2歳の誕生日

101024077めまぐるしく忙しい1週間でした。

おまけに私のデジカメの調子が悪く、パソコンに画像データが移動できないトラブル発生。

ようやくブログが更新できます。

今日はおめでたい話題を二つ。

101024082 先週の土曜、10月23日はレニーの2歳のお誕生日でした。パチパチ。。。

早いものでもう2歳。
足に軽いトラブルを抱えているものの、基本元気いっぱいのおてんば娘に成長。

あらためて、レニーを私たち家族に授けてくれたGOMAパパとさくらママに感謝です。

そしてレニーの兄弟たち、みーんなおめでとう。。。

090114jill006 ちなみにコレはレニーが我が家にきた頃の写真。

JILLのベットを占領し、怒られています。

JILLはなかなかレニーを受け入れられず、ストレスが心配だったし、レニーもトイレを覚えるまで大変だったことを思い出しました。

懐かしい~。

101024117
今年のケーキはコレ。

ワンちゃん用、イチゴのロールケーキです。

10センチほどの小さなケーキですが、おいしそう~。

お夕飯の後だったので、半分の半分ずつお皿に分けてあげました。

101024124

写真を撮るために「待て」。
なぜかレニーはふせのポーズ。

おいしそうな匂いのするケーキを前に、ガマンのひとときです。。。


101024126
「まだでちゅか?」
訴えかけるように私を見つめる2匹。

さぁ、もういいよ。召し上がれ。。。

ってレニーは一口で完了。
JILLはペロペロ味わって少しずつ食べていました。

自分の分が終わってしまったレニーは、JILLのお皿から奪おうとちょっかい出しますが、そこは次女に「ダメでしょう。これはJILLの分」と叱られていました。

101024210 そしてそして、なんとBanchooママさんのブログやあちこちのフレブルブログで見て、とっても欲しかったナノブロックを、長女が「Loft」で買ってきてくれました。

「可愛いのみつけたから、ちょうどレニーの誕生日だし…」って。

なんてステキなプレゼント。

さっそく長女が器用な手つきで組み立ててくれて、リビングに飾ってあげました。

さて、もうひとつの朗報は、今日うちのブジョーがめでたく退院してきたのです。
事故にあったのが、先月のお給料日頃だったので、丸々1ヵ月の入院でした。

まだよく見ていないのですが、ナンバープレートも新しくいものに交換されていて、ピカピカしています。

この1ヵ月お世話になったレンタカーも本日返却。
運転しやすくて、乗り心地も悪くなかったマツダのアテンザ。「おつかれさま、ありがとう」でした。

2010年10月19日 (火)

音楽発表会と散歩

101017002秋は週末ごとに娘たちの行事が続きます。

日曜日は次女の音楽発表会。
次女の小学校では文化祭がない代わりに、毎年全校音楽発表会が開催されます。

学年ごとに合奏や合唱を披露。

次女たち5年生は「威風堂々」を合奏。
真ん中のアコーディオンが次女。ちっちゃい。。。

いきものがかりの「ありがとう」を合唱しました。「ありがとう」はよかった~。けっこうジーンときました。。。

しかし、ズームで撮ったこの画像…まったくダメですね。。。
一眼のカメラが欲しい~。

101017013 音楽発表会を半分見て、天気がよかったのでJILLたちを散歩へ連れ出しました。

秋晴れの空の下、元気いっぱいに走り回る2ブヒ。
その後、レニーに変化はなく、あの震えは何だったのか未だナゾです。。。

次の週末は土曜に次女の学年行事。
秋の収穫祭ということで、次女たちが総合学習で作ったお米の試食と、トン汁作り、レクリエーションを行います。

そして日曜は長女の校内合唱コンクール。
今年も伴奏を引き受けてしまった長女。

もう数日しかないのに、まだ完璧に弾くことができていません…毎年のことですが、間に合うのか心配。。。

曲はこれまたいきものがかりの「エール」だとか。
中学最後の合唱コンクール、がんばってくれ~。

101017014 JILLたちの散歩の帰り道、キレイな花が咲いていたので撮ってみました。

急に朝晩冷え込み、あっという間に寒さがきそう…。

そーいえばインフルエンザの予防接種も始まったみたいだし…あー冬がやってくる~。

2010年10月18日 (月)

今度はコミックレンタル

3何年か前から利用しているTSUTAYA DISCASのCDとDVDのレンタル。

家にいながらレンタルできるし、見たい映画や音楽を検索できるからとっても便利。

今回、初めてコミックのレンタルもしてみました。

ネットでのコミックレンタルは以前、「コミかる」というサイトを利用していたこともあるのですが、予約をたくさん入れておいて、用意できたものから送られてくるので、読みたいものがなかなか届かなかったり、30冊くらいオーダーしないと送料無料にならなかったりで、少し不便でした。

近くのレンタルショップでは、わざわざ出向いても借りたい本がレンタル中でダメだったり、欲しい本を見つけられなかったり、置いてなかったり…。

Photo_2 その点、TUTAYA DISCASは、著者や作品名で検索も簡単だし種類も数も豊富。

10冊以上で送料無料で、在庫があるかすぐわかる。
おまけに只今、泊数延長で20泊まで借りていられる。

読んでみたいけど、購入するほどでもなかったり、大判で1冊が高い本だったり…でもマンガ大好きな私には、安く簡単にレンタルできてとっても嬉しいシステムです。

で、今回借りたのが、ねむようこの「午前3時の無法地帯」とヤマザキマリの「ルミとヤマとその周辺」。

他にも以前レンタルして、ここでも紹介した吉野朔実「period」の続きと山下和美の「不思議な少年」の続き。

この2種類はどちらもすごく面白いのですが、大判サイズで1冊が高くてとても買い揃えることはできないのです。。。

「午前3時の無法地帯」はデザイン専門学校を卒業したばかりの女の子が、就職したデザイン会社で理想と現実にはさまれながら奮闘したり、恋の話や同僚たちとのエピソードを交えて綴ったもの。

憧れのデザイン会社へ入社。ところが実はパチンコの広告ばかり作っている会社だった…という現実にありそうな話。

編集の仕事をしていた若い頃を思い出しました。。。イラストも可愛くて読みやすくて面白かった~。

「ルミとマヤ」はあのマンガ大賞2010を受賞した「テルマエ・ロマエ」の作者が書いた昭和時代の子どもの頃の話。

私世代にはピッタリで、懐かしくって、癒されて、でも時々ほろっとするお話が入っていて…どちらかというと「チビまるこちゃん」っぽい感じ。。。コレも面白かった~。

さて、次は何を借りようかなぁ~。

2010年10月17日 (日)

ナイト&デイ

Photo_2 金曜の夜、「明日友だちと映画見にいくから」と突然次女が言い出しました。

「えっ?誰が連れていくの?」
「ママに決まってるじゃん」

まぁ、いつものことなので慣れっこですが…。

そんなこんなで土曜の午前中、次女はお友だちと「君に届け」を見に行くことに…。

次女たちが映画を見ている間、ブラブラ時間をつぶすのも大変だし、かと言って「君に届け」はまったく興味ないし…で、他に同じくらいの時間に始まる映画を見ようと思いつき、急遽上映中の映画をリサーチ。

本当は「大奥」か「インシテミル」を見ようかと思ったのですが、微妙にスタート時間がズレていて、結局トム・クルーズとキャメロン・ディアスの「ナイト&デイ」を見ることに。

ちょうど「5回見ると1回無料」というワーナーのポイントがたまっていたので、今回はタダで映画を見ることができました。

ストーリーとか評価とかまったく調べないで、飛び込みで見た「ナイト&デイ」。全然期待していなかったのですが、メチャ面白かった~。

ジェットコースター・ムービーと言えるスピード感、派手なカーチェイスやアクション。
ストーリーは現実離れした部分もありますが、見終わった後にスッキリ。
全体的に映像が明るいし、色々な国やシチュエーション、乗り物が楽しめて、あっという間に時間が過ぎていきました。

トム・クルーズとキャメロン・ディアスのセリフのやりとりも楽しいくて、思わず笑っちゃったり、そして何より二人ともカッコいい!

「アウトサイダー」や「トップガン」の頃からトム・クルーズーは見ていますが、50間近とは思えないくらいカッコよかった。っていうか、いい年のとり方してるなぁ~って思いました。

キャメロン・ディアスはビキニ姿も披露していたのですが、彼女だってもう38歳!らしい。
とびきりの美人だとは思わないけど、雰囲気があってステキでした。

映像が凝っている3DのファンタジーやSFものもいいけれど、久しぶりにシンプルなハリウッドのアクション映画を見た気分。私たち世代にはオススメです。

2010年10月16日 (土)

3連休のこと

101014014先週末の3連休は細々と色々な出来事がありました。

金曜の夜は同僚たちとイベントの打ち上げ。
なかなか予約が取れない駅南の「和の膳 MiToBe」でおいしい料理を満喫。

いっぱい食べて、飲んで、笑って、楽しい時間を過ごしました。

101014030 同じ日、次女はバレエのお友だちの家にお泊りに。

3人姉妹のお宅なので、その日は4人姉妹体験。
とっても楽しかったようです。。。

次女と私が不在で、家で一人の時間を満喫していたのは長女。
「幸せなひととき」だったようです。

101014037 翌朝、久しぶりにJILLとレニーをCoccoさんのところに連れて行って、きれいにシャンプーしてもらいました。

JILLの耳がかなり赤くなって、痒そうだということで、そのまま病院へ。

レニーもお腹にブツブツがいっぱいできていたので受診。

JILLはやはり軽い内耳炎で、耳のお薬を出してもらいました。さらにフィラリアの薬とレニーの飲み薬で計6,660円也。

2匹のサロン代も含めると1日で万札が…。

101014032
そして土曜の夜は旧友(私と同じ年の男性)のお通夜に出席。
脳梗塞でした。。。

高校時代から20代前半まで交流のあった、とっても陽気で楽しい人。

私を含め、仲間たちが次々と東京へ出て行く中、「俺は新潟に残ってみんなが集まれる場所作っておくから、帰ってきたらいつでも会いに来いよ」って言っていた言葉が忘れられない。。。

その言葉通り、バブル期にはDJをやっていたし、小さいながらも古町に店を構えて、色々な人たちの憩いの場になっていたようです。

そんな彼のお通夜には旧友たちを始め、店の常連さん、様々なつながりの知人、友人たちで会場はいっぱいに。たぶん500人くらいは集まっていたと思う。

東京から駆けつけたという友人もいたし、本当に懐かしい顔が揃いました。
彼の人脈と人望に今更ながら驚き、いっぱい楽しい思い出くれたことに感謝してます。

もう何年も会っていなかったし、お通夜の出席もちょっと迷ったけど、ちゃんとお別れができてよかった…。ありがとう…。

101014012
3連休はダンナさまも帰省していたので、日曜は午前中に地元のイベントにJILLたちを連れて行きました。

人が多くて、ステージのスピーカーの音にびびるJILLと、嬉しくて楽しそうなレニー。

写真はそのイベントで出演したお友だちの息子のバンド演奏風景。
生まれたときから付き合いのある子のベース姿にちょっと感動しました。

JILLとレニーもおとなしく演奏を聴いていたので、焼き芋をおやつに買ってあげました。

そして午後からは本当に久しぶりにスポーツ公園へ。写真はそのときのもの。

上から珍しく重なりあっている車の中のJILLとレニー。どーいう体勢なのか…。
JILLは車が動いている間は必ず窓に手をかけて外を眺めているのですが、レニーはあまり車が好きでないみたい。いつもじっと動かず腹ばいになっています。

公園に着いたらおおはしゃぎのレニー。
101014037_2広い芝生の上を走りまわっていました。

バグちゃん集団やフレブルくんにご挨拶をしたり、久しぶりの公園は楽しかったようです。

1

コレはダンナさまがiPhoneで撮ってくれた画像。

何だか水彩画みたい。
青空が広がるいいお天気だったのですが、途中で突然通り雨…。

あわてて屋根のあるところに非難しましたが、たいして降り続くこともなく楽しいお散歩をして帰ってきました。

公園の帰りに「おいしいパン屋がある」と聞いたので京王にある「パン・ドメルソー」へ。

夕方だったのであまり種類が残っていませんでしたが、とてもおいしくて、娘たちも喜んで食べました。

連休の最終日は朝から真面目に掃除を終わらせ、カメとイモリと金魚の水かえをやりました。

金魚たちが住んでいる大きな水槽の水かえは、ダンナさまと私と次女の3人がかりで、途中から降ってきた雨の中、ずぶ濡れになりながら頑張りました。

そんなこんなで昼をすぎてしまい、次女と3人でラーメンを食べに出かけ、その後、ダンナさまのランニングシューズを買いにゼビオスポーツへ。(長女は友だちが遊びにきたようです)

4最近、マンション近くの目黒川周辺を歩いたり、走ったりしているようで、感心、感心。

せっかく新しいシューズを購入したので、夕食後に二人で少し近所を走ってきました。

まだまだ私の方が走れていますが、そんな私もずっとランニングをサボっていたので、かなりキツイ。。。

昨年の今頃はもっと走っていたし、体も締まっていたはず…。

ダンナさまに負けないように、真面目に体力づくり再開しなくては。。。

車はまだまだ修理中で遠出もできない3連休でしたが、JILLたちをお散歩連れてに行けてよかった。

連休が終わって、ダンナさまが帰った翌日の夜、レニーの様子がおかしい…。

廊下近くのフローリングで腹ばいになったまま動けない。おやつを見せても歩いてこない…これは変だと、抱っこしてみても元気がなく、ブルブル震えている。

もしかして、また足が痛くなったのかなぁ~と、痛み止めを飲ませ、フワフワベットに静かに寝かせてあげて、しばらくなでて様子を見ていました。

夜中も心配で何度が様子を見にいったら、いつもの豪快なイビキをかかず、すやすや寝ていたので少し安心。

で、翌朝…起きてみたらレニーはいつも通り歩き回っている。。。

ごはんもたっぷり食べて、嫌がるJILLに体当たり…すっかりいつものレニーに戻っていました。

おいおい、いったい昨夜はナンだったの??? 仮病かい?

あの震えた姿、元気のないレニー、でもキャンと痛そうな声を出すことはなく…確かにどこか悪かったのかもしれませんが、とにかく元通りの元気娘に戻って安心しました。。。

連休にいっぱい遊びすぎて、疲れちゃったのかな…。

2010年10月15日 (金)

YUI 3列目

101014042また久しぶりの更新です。

今日はYUIのライブの日。

ナント今回は1階3列目をゲット。
しかしチケットは2枚しかなく、私&長女 or 私&次女 or 長女&次女、どの組み合わせで行くかずっと決めかねていました。。。

2年前の6月に家族4人で行った時はチケットの手配が遅くて2階席。まだちびっ子だった次女は途中で寝てしまう始末。。。

その時にファンクラブの会員になったのですが、YUIは活動休止に…。
今回は当時のファンクラブの会員が優先的に予約が行えるというメールが届き、6月に申し込みをしておいたのです。

座席はまったく期待しておらず、2週間ほど前にチケットが届いてビックリ!
3列目なんて…それまでは「私は行かなくていいよ」と言っていた長女でしたが「3列目なら行きたい!」と。そりゃそうだよね。。。

もちろん次女も行く気満々。でも子ども2人で行くのは、長女も次女もちょっと不安だったようなのですが、結局2人で行くことに決定。
私は送迎係となりました。

101014048 学校から帰ってきて、着替えを済ませて急いで会場に。
18時会場にちょうど間に合い、並んで入場。

私は入り口でバイバイ。
ライブ終了まで古町をブラブラしたり、お茶飲んで読書したりして時間をつぶしていました。

しかし、古町はまったく人がいなくて…寂しい町になりましたね。。。

時間がたっぷりあったので、上町通りから歩いてリニューアルした西堀ローサに初めて行ったのですが、ガラガラで通路でかけっこができそうでした。

三越もラフォーレもお客さんがまったくいなくて、定員たち同士でおしゃべりしている始末。本当に寂しい町になったと実感…。

でも私が高校時代によくランチを食べた喫茶店がまだやっていたので、ちょっと嬉しかった。ゆっくりコーヒー飲んで読書してきました。。。

101014056 ライブは2時間たっぷりあったようで、お迎えに行ってからロビーでしばらく待ちました。

会場から出てきた次女の開口一番が「ママ、3列目じゃなかったよ!」「えっ、そんなことないでしょう…」

よくよく考えると、県民会館にはP席が3列あるのでした。なので、実際はステージから6列目だったわけです。

そのP席の存在が気になる次女。「どーゆう人があそこに座るの?」って聞いてきたので、
「関係者の人とか、特別に招待された人なんじゃない?」と濁して答えておきました。

そーいえぱ遥か昔に、松田聖子ちゃんのコンサートでP席取れたことあったのを思い出しました。そう、あのアイドル時代の聖子ちゃんです。。。懐かしい…。

写真は配られたパンフレット。
次女はお疲れで車にのってすぐにダウンしてしまったので、感想をあまり聞けませんでしたが、長女は楽しんできたようです。

前回よりも演出もよかったし、トークも楽しかったらしい。。。
1曲目は私と長女で行きの車の中でCD聞きながら、「コレから始まるんじゃない」って予想していた曲がドンピシャリだったとか。

ん~、やっぱり私も3列目で見たかったなぁ…。

2010年10月 6日 (水)

悪人と第9地区

Photo_6 少し前になりますが、一人で「悪人」を見てきました。

「誰が本当の悪人なのか…」というフレーズが気になったし、妻夫木くんの今までと違うイメージの犯人役も見たかったし、好きな女優のひとりでもある深津絵里がモントリオール世界映画祭で最優秀女優賞を受賞したと聞き、絶対見たいと思いました。

サイトで色々な感想が語られていますが、私はとてもいい映画だったと思います。

映画の舞台は九州の地方都市。
冬の海がとても冷たくて、暗くて…登場人物である妻夫木君演じる祐一は、土木作業員のどこにでもいる冴えない田舎の若者。本当に今までのイメージと違う、ダメ男を演じきっていたと思います。

深津絵里もよかった…。職場と妹と住むアパートの往復だけの平凡な生活の中で、誰かと話したいという気持ちで出会い系サイトに。そこで知り合った祐一と一緒に逃亡生活を選ぶ女性のせつなく、でも強い気持ちを本当にうまく見せてくれました。。。

祐一の祖母役の樹木希林と殺された佳乃の父親役の柄本明の演技は自然で素晴らしかった…。
でも一番泣けたのはバスの運転手の言葉かな。。。

「告白」では単純熱血教師を演じていた岡田将生、今度はわがまま放題のお坊ちゃま大学生役で出演。これがまたピッタリの役でした。

「殺人」「家族」「逃亡」とキーワードはどれも重く、最後まで救われないお話ですが、深津絵里演じた光代の一途な愛やバスの運転手の言葉、岡田将生をとりまく友人の中にいた正義感の強い友人の態度に少し救われた気がします。。。

きっと原作はもっと深くて、もっと色々な場面があると思います。
近いうちにぜひ読んでみなくては…。

9 「悪人」とはまったく違うジャンルの映画ですが、面白かったという友人の感想を聞いて、早く見たかった「第9地区」。

ようやくレンタルできて長女と一緒に見ました。

故障で南アフリカの上空に停滞してしまった宇宙船。

そこに乗っていたエイリアンたちを収容するために設けられた場所が「第9地区」。
20年以上もたち、スラム化する「第9地区」を移転させる計画が持ち上がり、その任務についた主人公がある液体を浴びてエイリアン化してしまう…。

SFものなのですが、いわゆる大掛かりなSF大作と違って、気楽に楽しみながら見れる作品でした。

地球での生活を送るエビに似た容姿のエイリアン。その大好物がキャットフードというのも笑えたし、あまりシリアスな場面がないのがよかった。。。

でもところどころ、グッとくる場面があったり、ラストの盛り上がりはなかなか見ごたえもありました。

冒頭からしばらくはドキュメンタリー的な映像で進むのですが、それがちょっと長すぎて、なかなか本題に入っていかず、もっとエイリアンと主人公との交流やエイリアンの気持ちみたいなのがもっと盛り込まれていてもよかったような気がします。。。
と、これは長女の意見ですが…。

ラストの流れからすると続編ができてもおかしくないような感じがします。
ぜひ続編を作って欲しいなぁ~。

最近のこと

101003004久しぶりの更新です。

事故から1週間以上がたち、毎日何かと忙しい日々を送っています。

この写真は9月29日の夕方、地震があった直後の空。
同僚が「地震雲が出ている」と言い、カメラを持って外に出てみました。

この鱗のような雲のことを地震雲と呼ぶらしいのですが、ご覧のようになんとも言えない雲が空いっぱい広がっていました。

101003010追突事故で我が家のプジョーさんはディラーへ入院。

見た目はたいした事ないと思いましたが、トランクを開けて閉めたらよく閉まらないし、鍵がかからない…。

外見の傷だけでなくやはり内部も押されていたようです。。。

で、修理にはナンだかんだと1ヶ月近くかかるらしい。(ナンバープレートの再発行も必要だし、ユーロプレートの修理も必要。マフラーは交換になるかビミョーなところらしい…)

その修理期間、代車ではなくレンタカーを相手の保険屋さんが手配してくれました。
「ブジョーレベルのレンタカーを…」というダンナさまの強いお言葉でプリウスをリクエストしたのですが、提携しているレンタカー会社にブリウスはなく、代わりに届いたのが写真のマークⅩ。。。

でかい!プジョーより一回り大きく、内装も高級車っぽくてどうも居心地が悪い。
うちの車庫にギリギリに入る大きさで、燃費も悪い…という私のわがままな理由で、車のチェンジを依頼しまいました。

何種類か候補を出してもらい、結局今はマツダのアテンザに乗っています。
(大きさもプジョーくらいだし、内装もシンプルで結構運転しやすくて気に入っています)

101003016 長女は定期テストが終わり、延期になっていた体育祭が10月1日金曜に行われました。

平日の開催ということで、ギャラリーは少なくちょっと寂しい体育祭になりましたが、ご覧のように晴天。

1日外にいた長女は顔を真っ赤に日焼けして、全身筋肉痛で帰ってきました。

101003020夏休みに下書きをここで紹介したパネルも無事完成。ようやくお披露目となりました。

私も仕事でしたが、出勤前にグランドに寄り長女たちの力作を撮影。

このフェニックスが見事パネル賞に輝きました。

当の長女はたいして喜んでおらず、「まぁ当然かな。でもフェニックスでなくて闘牛だったらもっといい絵が書けたのに…」とクールなコメント。

まぁ、これで成績がイマイチの長女の内申書に、書いてもらえる項目がひとつ増えてよかったです。。。

内申書と言えば、夏休みの課題でもあった読書感想文も見事代表に選ばれました。
文部省推薦的な教師受けする「アルケミスト」を選んで正解。。。

ただ、テスト前に原稿用紙3枚だった感想文を提出用に5枚に膨らませて書き直すという大変な作業がありましたが…。

そんな長女は久しぶりに体育祭で体を動かしたせいで、全身筋肉痛で3日間ほど痛みを訴えていました。

朝ベットから降りられない、笑うと腹筋が痛い、階段を上るのがツライ、寝返りで痛くて目が覚める…かなりの重症でした。。。

101003043 そして10月3日は長女のバレエの発表会がりゅーとぴあの劇場で行われました。

今回は新潟市の芸能まつりのプログラムのひとつで、洋舞踏協会の合同開催。
所属しているバレエ教室の約半分の8教室が出演。

次女のバレエ教室からはちびっ子チームと次女たち高学年のチームの2曲をお披露目しました。

他のバレエ教室の踊りを見るのは初めてでしたし、りゅーとぴあの劇場にも初めて入りました。
私はちょっとした係りを引き受けたので、開演前の楽屋にも何度か顔を出したのですが、他の教室の生徒さんたちは、廊下で柔軟やストレッチをしたり真剣そのもの。

教室によっては本当に厳しいらしく、うちの和やかな雰囲気とはまったく違う張り詰めた空気が流れていました。。。

今回は付き添いが先生を含めて数名しか楽屋に入れなかったので、化粧や衣装のチェックは子どもたちが協力しておこなったらしく、高学年の子は小さな子のお化粧も手伝ったとか…。

いつもは裏方でバタバタしているママたちもこの日はゆっくり客席で鑑賞。
会場の満席で、周辺の駐車場は他の催し物と重なり満車で大渋滞。遅れてきた方がたくさんいました。

この日は1曲だけの出演で、開始が夕方からだったこともあり、うちの家族は誰も見にこれませんでしたが、私も次女も新しい会場や雰囲気を十分楽しみました。

Photo ここからはダンナさまがiPhoneで撮影した写真。

この秋、新しいラグを購入。
ネットでオーダーしたのですが、ダンナさまの希望でピンクのラグにしてみました。

本当に鮮やかなピンクで、部屋は明るくなりましたが、ちょっと目に優しくないかも…。

でもフワフワで座り心地もよく、今までのラグよりも大きなサイズにしたので、思わずごろりと横になりたくなる。。。

同色のハートのアクセントラグもおまけについてきて、ピンク大好きな次女は大喜びでした。

Jill

JILLの寝顔アップ。

この後、眠いのに目を必死に開けようとして、でもまたトロ~リとうたた寝するJILLをダンナさまがiPhoneの動画で撮影。

これが結構笑えて、よくネットやテレビで見る投稿動画みたいでした。。。

Photo_3

お次はレニー。

こちらもかなり眠むそうです。。。

今回はパパちゃんとお散歩にも行けたし、大満足の2匹でした。。。



 

 

最後にダンナさま撮影の夕焼け。

Photo_4

日が短くなりあっという間に夜がやってきます。

次の週末は連休なのでダンナさまも帰ってきます。

久しぶりにJILLたち連れてお出かけしたいなぁ~。
(レンタカーだけど…)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »