« ナイト&デイ | トップページ | 音楽発表会と散歩 »

2010年10月18日 (月)

今度はコミックレンタル

3何年か前から利用しているTSUTAYA DISCASのCDとDVDのレンタル。

家にいながらレンタルできるし、見たい映画や音楽を検索できるからとっても便利。

今回、初めてコミックのレンタルもしてみました。

ネットでのコミックレンタルは以前、「コミかる」というサイトを利用していたこともあるのですが、予約をたくさん入れておいて、用意できたものから送られてくるので、読みたいものがなかなか届かなかったり、30冊くらいオーダーしないと送料無料にならなかったりで、少し不便でした。

近くのレンタルショップでは、わざわざ出向いても借りたい本がレンタル中でダメだったり、欲しい本を見つけられなかったり、置いてなかったり…。

Photo_2 その点、TUTAYA DISCASは、著者や作品名で検索も簡単だし種類も数も豊富。

10冊以上で送料無料で、在庫があるかすぐわかる。
おまけに只今、泊数延長で20泊まで借りていられる。

読んでみたいけど、購入するほどでもなかったり、大判で1冊が高い本だったり…でもマンガ大好きな私には、安く簡単にレンタルできてとっても嬉しいシステムです。

で、今回借りたのが、ねむようこの「午前3時の無法地帯」とヤマザキマリの「ルミとヤマとその周辺」。

他にも以前レンタルして、ここでも紹介した吉野朔実「period」の続きと山下和美の「不思議な少年」の続き。

この2種類はどちらもすごく面白いのですが、大判サイズで1冊が高くてとても買い揃えることはできないのです。。。

「午前3時の無法地帯」はデザイン専門学校を卒業したばかりの女の子が、就職したデザイン会社で理想と現実にはさまれながら奮闘したり、恋の話や同僚たちとのエピソードを交えて綴ったもの。

憧れのデザイン会社へ入社。ところが実はパチンコの広告ばかり作っている会社だった…という現実にありそうな話。

編集の仕事をしていた若い頃を思い出しました。。。イラストも可愛くて読みやすくて面白かった~。

「ルミとマヤ」はあのマンガ大賞2010を受賞した「テルマエ・ロマエ」の作者が書いた昭和時代の子どもの頃の話。

私世代にはピッタリで、懐かしくって、癒されて、でも時々ほろっとするお話が入っていて…どちらかというと「チビまるこちゃん」っぽい感じ。。。コレも面白かった~。

さて、次は何を借りようかなぁ~。

« ナイト&デイ | トップページ | 音楽発表会と散歩 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ナイト&デイ | トップページ | 音楽発表会と散歩 »