« 割合 | トップページ | 嬉しいバレンタインデー »

2011年2月11日 (金)

必ず2回読みたくなる本

Photoある雑誌の書籍紹介で、「ほんのり甘酸っぱい恋愛小説と思いきや、最後の2行目で、まったく違った物語に変貌するミステリー。必ず2回読みたくなる本」(絶対に先に読まないで!)と紹介されていて、ずっと気になっていた「イニシエーション・ラブ」。

期待半分、ワクワクしながら読み始めたものの、時代は1980年代のバブル期。まだ携帯もなく、「男女7人夏物語」や「ワンレンボディコン」「初期のファミコン」時代。

その時代背景はとても懐かしく、読んでいてその風景や出てくる言葉に自分の若かりし頃を思い出したりしながら、ほのぼの気分で読んでいました。

合コンで知り合った男女が付き合い始め、お互いの距離を縮めていく。しかし彼の仕事の都合で遠距離恋愛が始まる。

携帯電話もメールもない時代、テレカの残り度数を気にしながらの電話。
週末に車を飛ばして会いにいく彼。やがて新しい出会いがあり…。

と、まぁよくある恋愛話なのですが…最後の2行目にたどりついて「えっ!これってどーいうこと?」とビックリ。

最初から読み返すということはなかったですが、ところどころ前のページに戻り、さらに色々と考えて「なるほど、そーいうことね…」とようやく理解できました。

確かにこれはミステリー。
それまでほのぼのとしていた感情が一気に冷めていく感じ…。

オススメです。

« 割合 | トップページ | 嬉しいバレンタインデー »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

おもしろそーう!
ミステリー小説にはまったく見えない表紙だけど
最後の2行が気になりすぎる~!!

ちなみに、私も若くてイケメン家庭教師さんに1票!!
毎週パックとかしちゃいそう(*^.^*)

薄い文庫だし、とても読みやすいのでオススメです。
でも最後の2行にたどり着いた後は…
それまでの読後感が一転してしまいます。
この作品の映像化は絶対無理だろうなぁ~。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 割合 | トップページ | 嬉しいバレンタインデー »