« 必ず2回読みたくなる本 | トップページ | お祝い »

2011年2月15日 (火)

嬉しいバレンタインデー

110214003今年の2月14日は忘れられない日になりました。

バレンタインデーだから…ではなく、長女が志望高校の合格が決まった日だからです。。。

公立高校の推薦を受けたのは4日の金曜日。

それから発表まで10日間…長いような短いような…微妙な気持ちで過ごしていました。

推薦を決めたのは昨年末。
「推薦で落ちると精神的にキツイ。当たってくだける覚悟があるなら用紙を渡します」と担任に言われ、少しひるんでいた長女でしたが、「チャンスが1回増えるんだから挑戦するべき」という私とダンナさまの言葉に押され、推薦をもらうことに決めました。

正直「ダメかもしれない…でもダメだったら、それから考えればいいさ」という気持ちで迎えた推薦受験。

発表の日まで本当にどうなるかわからず、本人もかなり不安だったようです。

「もし落ちたら一般入試にむけて猛勉強しなくちゃ」と半分覚悟を決めていたようです。

で、発表の日がバレンタインデー。何もこの日でなくても…と思いつつ、合格の報告を聞いたときは本当に嬉しかったです。。。
110214004

さて、バレンタインといえば娘二人は友チョコの準備で週末は大変でした。

写真1点目はおばあちゃんが私と娘たちにくれたチョコ。

そしてこの写真は次女が友だちに用意したチョコの数々。

特に仲のいい子には少し大きなチョコレート。

バレエのお友だちやクラスメイトには可愛い形のチョコを2つずつ袋に分けて、全部25個くらい用意しました。
110214007

昨年は手作りチョコにしましたが、今年は市販のチョコに工夫を凝らして渡すことに。

昨年は誰にも用意せず、もらうだけもらってきた長女も今年は15個くらいラッピング。

よくある市販のチョコに長女らしいデコレーションをして、可愛いチョコ袋が完成しました。

110214009 スーパーなどで大袋で売られている「アルファベットチョコレート」も長女の手にかかると、ほら、こんなに可愛いチョコに変身。

ひとつひとつ丁寧にこんなデコレをしていました。。。

そんなに高級なチョコは買っていないのですが、おばあちゃんやおじいちゃんの分、長女と次女の友チョコとそのラッピング用品で、1万近くの出費。。。

毎年のことですが、バレンタイン出費は年々増えいています。

この友チョコブーム、何とかならないのかなぁ。。。

110214029 そしてバレンタイン当日、長女も次女も友だちから大量のチョコをもらってきました。

これはそのほんの一部。

手作りが圧倒的に多いですが、今年はデコレチョコが流行りらしく、ポッキーをデコレしたものもありました。。。

これからしばらくチョコの消費に協力しなくてはいけません…。

虫歯と太るのが怖い…。

« 必ず2回読みたくなる本 | トップページ | お祝い »

娘たちのこと」カテゴリの記事

コメント

おめでとうございます〜。
良かったですね〜。忘れられないバレンタインディーキッス♪に
なりましたね。これで、りりもんさんもほっと一息ですね。

友チョコ??って友達同士でチョコの交換ってこと??ですか??

そのうちお嬢様二人も本命チョコ!!の日がくるのですね♪
ふむふむ。。。
うちはバレンタインディーはインフルエンザで、今なを、夫は熱下がらず。。。ですよ。。。

Banchoo mamaさま

ありがとうござます。
とりあえず一安心といったところ。
高校からはさっそく大量の宿題プリントが出されて、
のんびりしている時間はなさそうです。
まぁ、まともに受験勉強していないんだから、それくらい頑張ってもらわなくては…。

娘たち二人の本命チョコはいつになることやら…。
学校では男子は女子の友チョコの盛り上がりに圧倒されていると思います。。。

それよりインフルエンザかかっちゃったのですね。
昨年の新型は30歳以上はかからなかったのに…
今年は私の周辺の大人たちもけっこうやられています。
パパさんお大事に…。

長女ちゃん、おめでとうございます☆

先にこちらを拝見していたら
今日は直接おめでとうが言えたのにぃ~!

チョコってなかなか高くつくよね・・・
私も義理チョコ数個しか買ってないのに
5千円強でレジでビビりましたー(;;;´Д`)

ラムママさま

ありがとうございます。
今日は偶然お会いできて嬉しかった~。
久しぶりにラムちゃんをなでなでできたし。
ラムちゃんの毛って、レニーと同じなのにすごく柔らかい気がする。。。

週末にダンナさまが正月以来に帰省してくれて、家族で長女のお祝いしました。
その様子はこれらかブログにアップしまーす。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 必ず2回読みたくなる本 | トップページ | お祝い »