« 本とDVD | トップページ | 必ず2回読みたくなる本 »

2011年2月 9日 (水)

割合

Photo 次女の最近のマイブームは「自主勉強」らしい。

少し前に「算数が全然分かんないから、家庭教師つけて~」と突然言い出した。

よくよく話を聞くと、近くの席になった友だちが最近家庭教師をつけて、成績が良くなったとか。

その家庭教師さんが女の若い先生で、友だちは勉強が楽しいらしい。。。

言い出したら何か行動に起こさないと納得しない次女。
とりあえず、ネットで家庭教師を検索。3社に資料請求をしてみました。

すぐ2社から電話連絡があり、訪問して説明したいとのこと…。

うち1社は約束の日が吹雪の夜で、なんと1時間も待ったのに我が家にたどり着くことができなかったという情けない結末に…。

田舎なんだから、ナビ付きの車でくるのが常識でしょう。。。

その3日ほど後に大手の会社の担当者が訪問。
来たのがおじさんだったので、ガッカリした次女。

第一段階の営業で、笑いをとりながらしっかり子どもの心をつかむセールストークはさすがなもの。

簡単な質問や計算問題を出しながら、今の次女がどのレベルか探りつつ、中学受験を考えているのか、とか将来の進学の希望があるのかなどをリサーチ。

次女が出した条件は「若くてキレイで面白くて優しい女の先生。それ以外はダメ」とのこと。
先方は「若いイケメンの先生ならいるけど…」と口説いていたのですが、ガンとして次女は若い女の先生にこだわり続けました。
(私的には若いイケメンの方がいいのですが…)

次に気になる金額を聞いてビックリ。
週1回、60分で月15000円くらい。さらに入学金やら最初に用意するのが4万くらい必要とか…。

それを聞いた時点で「ムリ」って言ったのは次女。
はい、確かに我が家の家計ではムリです。

結局、もしも次女のいう「若くてキレイで面白くて優しい女の先生」が見つかったら連絡をくれるということになりましたが、その後は連絡ナシです。。。

まぁ、こんな田舎だし、中学受験も考えていない小学生だし、興味本位というのも見え見えだったのでしょう。。。
先方も「条件に合わない」という感じでした。。。私としてもしつこい勧誘がなくてよかったです。

1 さて、そんなこんなで家庭教師の話は流れてしまいましたが、次女はなぜか勉強に目覚めたらしく、私の知らぬ間におばあちゃんに市販のドリルを2冊買ってもらっていました。

それが写真のドリル。

少し前までは、宿題も答えを丸写しでやっていたり、「自分の宿題なんだから口出さないで…」とやらずに学校へ行ったり、悪知恵を働かせて、わざとノートを忘れて行って「やったけどノート忘れました」と先生に言ったり…とにかく自学どころか、宿題さえいい加減だったのに。。。

ここ数日、自分の部屋にこもり、休みの日も算数をコツコツやっています。
いったい彼女に何があったのか!

まぁ、またいつもの突然のマイブーム到来で、きっとすぐ飽きてしまうのでしょうが、少しでも自主的に勉強する姿は親としては嬉しいもの。

受験生の長女よりも机に向かっている時間が長く、(っていうか、長女はまったく勉強していないし…) 今は静観しているところです。。。

2もともと算数が苦手な次女。
せっかくやる気を出したのに、今、最大のピンチが訪れています。それが「割合」。

長女もこの「割合」でかなり苦労していたのを思い出しました。
「80メートルの40パーセントは何メートルですか?」とか「40人のうちにメガネをかけているのは22人です。全体の何パーセントですか?」といった問題。

教科書では 割合=比べられる量÷もとにする量 という数式で説明されているのですが、いくら図で説明されていても、「なぜ割るのか?」という部分で納得できず、「わかんなーい」とすでにイヤになっているのです。

私に説明を求められても、確かになぜ割るのか説明できず、「とにかくこの数式を覚えるしかないんだよ」としか言えません。
でも彼女の性格からして、納得できないと先に進めないのです。

割合やパーセントは、大人になっても消費税をはじめ、実際に使う場面が結構あります。
何とかここを乗り切ってもらわないと…中学の数学を考えると今から不安になってしまいます。。。

次女が納得できるいい説明はないでしょうか???

« 本とDVD | トップページ | 必ず2回読みたくなる本 »

娘たちのこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 本とDVD | トップページ | 必ず2回読みたくなる本 »