« プチひとり旅 | トップページ | 読書暦 »

2011年3月29日 (火)

ナルニアとラプンツェル

Photo今月は映画を2本見に行きました。

3月初旬、長女の卒業式の日に二人で「ナルニア国物語 第3章アスラン王と魔法の島」を見てきました。

それまでナルニアはまったく感心がなかったのですが、DVDとテレビで放映された1章、2章を見た長女がどうしても見に行きたいと…。

私は長女が見ている傍らでさらっとしか見ていなかったのですが、何となくストーリーもわかっていたので結構楽しめました。

ただ、率直な感想は作りがおもちゃっぽい。
ついついハリー・ポッターシリーズと比べてしまうのですが、ハリー・ポッターはセットや小物がすごく本物っぽくて、重々しい感じがするのですが、ナルニアは作りものって感じがしました。

子どもが素直に楽しめるファンタジーという点では、こちらの方が怖くて暗い場面が少なくていいかもしれない。。。

1作目でまだ小さかったルーシーが今回は主役。年頃の女の子に成長したのですが、相変わらず美人とは言えない容姿が逆にチャーミングで、親近感を感じました。

今回は動物たちがあまり出てこなかったのが少し残念。
ライオンのアスランがカッコよくて大好きです。。。

Photo_2
そしてもう1本。

20日のイオンお客様感謝デーに娘たちと3人で「塔の上のラプンツェル」を見に行きました。

ディズニー長編アニメーション50作記念作品ということで面白くないはずがないのですが、こんな状況なのであまり話題になっていませんでした。

でもネットでレビューを見たら高得点。
それでもそんなに期待もせず見たのですが、めちゃ面白かったです。。。

3D吹き替えはそんなに疲れることもなく、あっという間に時間が過ぎた感じ。

映像はキレイだし、キャラクターたちの表情がすごくいい。
脇役のキャラクターもめちゃ魅力的で、心から楽しめました。

ストーリーもわかりやすく、ディズニーお決まりのミュージカルちっくな場面ももちろんあって、ハッピーエンドの結末はまさにおとぎ話そのものでしたが、こんなときだからこそ素直に楽しめた気がします。。。

ラプンツェルの声はしょこたんこと中川翔子ちゃんだったのですが、まったく違和感なくすごくよかったです。

春休み、家にばかり閉じこもっていても仕方ないし、気分転換にもこの映画はオススメ。
小さい子でも大人でも楽しめます。ぜひ!

« プチひとり旅 | トップページ | 読書暦 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« プチひとり旅 | トップページ | 読書暦 »