« 香り花集合 | トップページ | BIRTHDAY BOOK »

2011年5月17日 (火)

星座の本

110515015_2 GWに東京から来てくれた友人が、私とダンナさまにこの本をお土産に買ってきてくれました。

石井ゆかりの12星座の本。
持ち運びのできるコンパクトサイズで、表紙のイラストがめちゃ可愛い。。。

そして帯に書かれているコピーがそそります。

乙女座の私は「地に足がついていて、ひとりよがりが嫌いで、でも実はとってもユニーク」。

ダンナさまは牡羊座。「12星座中、いちばんこの占いは当たっていないと主張するのが、牡羊座」…このコピーは納得できます。まさにそーゆう人です。。。

内容もユニークな視点で「乙女座の風景」「場所」「行動パターン」「失敗するときの傾向」と細かく分析されています。

乙女座の私(長女も乙女座)は、非常に現実的でシビア。地に足のつかない夢など絶対見ない。なのにその一方で不思議なほどファンタジックなところもあるらしい…。
んー確かにファンタジーの世界は大好きです。

また、人のうわさ話や批評が大好きな星座なのですが、決して相手を決めつけることがない。批判していた相手をある角度からは褒めちぎることができる。誰かとケンカしても時間が経つと何事もなかったように相手に接することができる。「自然治癒力」が強い。
…これは自分でも当たっている気がします。

一方、牡羊座のダンナさまは、ファッションに凝る人は、自分の姿を美しくすることに凝る、というよりファッションという世界そのものにのめりこんでいる。オシャレ好きというより、ひとりのアーティストとして自分を題材にし、作品を作っているような感覚が強い。ナルシズムではなくクリエイティブ的に捉えている。…これもうなづけます。。。
ハッキリした色や形、わかりやすいモチーフを好む…まさにその通り。

うちのダンナさまも基本、人にどう見られたいか、ではなく、自分がカッコいいと思えるか、という考えの持ち主。
人が変だと思っても、自分がよければOKなのです。。。

そして私とダンナさま、乙女座と牡羊座の組み合わせについては…まったく共通点のない組み合わせ。牡羊座の楽観的で勇敢な生き方を、乙女座が柔軟に受け止めるような関係が生まれる。

確かに趣味はまったく違う。でも私は別にそれがイヤでもあわせて欲しいとも思わないし、彼も決して批判はせず、好きにさせておいてくれる。

趣味が同じだから相性がいいとか、長く続くとは思わないし、逆にまったく違うから自分が興味のなかった事を知る機会が増え、知識も広がる楽しさがあると思っています。

さて、本の感想ですが、この本は基本的にいい事をたくさん書いてくれています。
読んでいて「そうそう」と思えることもあるし、「へーそうなんだ、実は私って」と気づかされることもあります。

信じる信じないではなく、客観的に自分を知る本。とっても楽しく読めました。
オススメです。

« 香り花集合 | トップページ | BIRTHDAY BOOK »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 香り花集合 | トップページ | BIRTHDAY BOOK »