« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月31日 (日)

読書暦その2

6 「No.6」文庫6巻。あさのあつこ著。

長女と楽しみにしているシリーズ。
ようやく文庫の6巻が発売になりました。

近未来、No.6と呼ばれるある国の物語。
本編は9巻で結末を迎えたようですが、文庫はまだまだ先が楽しめます。

シリーズ累計100万部を突破し、ついにアニメ化。
話の内容も先に進むほど面白くなってきました。

紫苑、ネズミをはじめ個性的な登場人物はどれも魅力的。
アニメもなかなか評判がいいらしい。

7巻の発売が今から待ち遠しい…。

Photo_4 「塩の街」有川浩著。

「阪急電車」「レインツリーの国」でたちまちファンになってしまった有川浩の初期作品。
同僚が持っているというので借りました。

ある日突然、地球上に塩の柱が落下し、沿岸部は塩の街と化してしまった。

多くの人々は一瞬にして塩化し、生き残った人々も原因不明の塩害で命を落としていく…SF小説なのですが、それ以上の恋愛小説。

両親を失いひとりぼっちになってしまった女子高校生と元自衛官。
本当ならば出会うはずのない二人が塩の街で出会い、共同生活を始める。
静かに暮らしていた二人の元に「地球を救え」という任務が…。
「地球のためではなく、大切な人を守るために…」元自衛官は無謀な作戦に挑む…。

いいです。すごく面白かったし、心に残りました。

で、恥ずかしながら今まで有川浩を「ひろし」と読んでいて、てっきり男性だと思っていました。
「阪急電車」にしろ「レインツリー」にしろ、そしてこの作品でも女性の心理をうまく表現する人だなぁ~と感心していたのですが、「ひろし」ではなく「ひろ」という名前で女性の作家さんだとようやく知りました。

なるほど納得。
またひとり好みの女流作家が増えて嬉しい気分。

この作品は自衛隊3部作となっているようなので、次は「空の中」「海の底」を読むのが楽しみ。。。
今、本屋で平積みされている「図書館戦争」シリーズも読まねば…。

読書暦その1と今日のこと

Photo 最近1ヵ月で読んだ本を数回に分けて紹介します。

「デパートへ行こう」真保裕一著。

生真面目さゆえに仕事も人生もパッとすることがなく、不況の波に流されて不運な人生を歩き、家族にも見捨てられてしまった中年男。
死に場所として選んだのは、子どもの頃に母親と行った思い出のある老舗デパート。

自分の職場であるデパートに復讐すべき、盗みの計画を立てる一人の女子従業員。

家出して上京したカップル。持ち金が底をつき、忍び込んだ深夜のデパート。

ヤクザに追われ、傷を負いながら閉店間際のデパートに逃げ込んだチンピラ。

敵対する上層部の罠にはめられ、合併に追い込まれ立場をなくした老舗デパートの社長。

恩のあるデパートで長年働いてきたガンコなベテラン警備員と訳あり若手警備員。

そんな面々がある夜、偶然にもデパートに集結。
誰もいないはずの深夜のデパートで起こる様々なハプニング。

先が読めない展開と、デパートの内部事情のあれこれ、それぞれの思惑…場面が次々と切り替わり、テンポもよくサクサクと読み進めました。

が、やはり社会派の作品が多い作家の作品。
「なるほど、こーゆうつながりがあったんだ…」と納得できる結末が…。

お客さまがいなくなった閉店後のデパート。
若かりし頃に勤めていた職場を思い出し、ちょっぴり懐かしくなりました。

Photo_2
話はまったく変わりますが、今回の大雨で川が決壊したり、がけ崩れがおきたり、行方不明者が出たりと、ここ新潟の災害状況が全国ニュースでたくさん伝えられていました。。。

テレビを見た県内外の親戚や知人、友人たちから「大丈夫ですか?」という電話やメールをたくさんいただきました。

ご心配をおかけして申し訳ありませんでした。この場をお借りしてお礼申し上げます。

私たちの住む地区でも午前中に避難勧告が出て、阿賀野川付近の住民は避難した方が多くいたようです。

我が家は阿賀野川からはずいぶん離れていたので、避難はしませんでしたが、近くを流れる川もご覧の通り(午前8時半頃)の水位。

こんなに水が上がったのは初めて見ました。。。

午後からは雨もやみ、太陽が顔を出してきたので一安心。
ですが、県内は決壊した川も多く、本当に自然災害の怖さを感じました。

2011年7月29日 (金)

ジルレニ対称

Photo 数日前の夜、長女が何気にリビングに入っていくと、JILLとレニーがご覧のようにソファでくつろいでいました。

白黒左右対称。
真ん中にあるクッションがポイント。

やらせではありません。

思わず手に持っていたiPhoneで撮影したという長女。
データを送ってもらいました。。。

Photo_2 ところで2日前から降り続いている雨。

ゲリラ豪雨は思いがけない状態に…。

昨日は電車が動かず、次女は学校の補習に行けませんでした。

今日は私が昼休みを使って車で送っていきました。

写真は今日の夕方、帰宅途中の土手から携帯で撮影。
阿賀野川にかかる太平橋です。

どうってことなく見えますが、実は橋の下に見える茶色の水の部分、本当は公園なんです。

河口に近いこのあたりは河川敷が全滅。
公園やテニスコート、野球やサッカーができる広場、全て水があがってしまいひどい状態に…。
土手下の畑や田んぼも無残な姿になっていました。

さすがに土手まで水は届いていませんでしたが、河川敷に取り残された車が数台ありました。。。

何年か一度見る風景ですが、今回は特にひどいい。
福島との県境である阿賀地区がかなりの豪雨だったため、まだまだ阿賀野川は水かさが増しそうです。

次女は今日からようやく夏休み、初日のラジオ体操は雨で中止。。。

今年の夏休みはいくつか予定があるので楽しみですが、スタートの日がこんな大雨で少しブルーな気分の1日でした。

2011年7月28日 (木)

SUPER8

D02832r_large この夏は見たい映画がいっぱいあります。

「SUPER8」もそのひとつ。ようやく長女と見てきました。

毎週のように大作が公開になるため、上映期間が短かくなったり、1日の上映回数が減ったり…。

ワクワクさせる予告で公開前は期待度が大きかった「SUPER8」も今では1日2、3回の上映です。

前評判はよかったものの、公開後のネットでのレビューを見ると賛否両論…そのうち上映回数が減ってきて…でもやっぱり劇場で見たいと思い行ってきました。

内容は「スタンド・バイ・ミー」と「ET」を足したようなものと聞いていました。

確かに多感な年頃の少年たちが主人公で、訳ありの宇宙人が絡んでいるという点ではうなづけますが、私はもっとSFっぽいか、もしくはもっと異星人との交流がメインと思っていたので、そのどちらでもなくちょっと肩透かしした感じ。。。

でもいかにもアメリカの男の子たちっていう配役(おデブちゃん、メガネくん、歯の矯正、気の弱い細い子)とヒロインの少女がよかった。。。

ちょっと昔の設定で郊外の町並みもいいし、8ミリビデオの映像の古臭さもよかった。

最近の洋画は3DやCGでやたらキレイだったり迫力がありすぎたり…そーいう作品ばかり見ていたので、逆にノスタルジックで新鮮な感じがしました。

そして今回は久しぶりにユナイテッドシネマで鑑賞。

ゆったりシートや荷物かけがあるのはやっぱりいいですね。。。

ただ「キレイな空気」を売りにしているワーナーの方が劇場内の匂いが気にならない。
いつもワーナーに行っていたので劇場内の空気は違うなぁ~と実感しました。

まぁ今回は結構ガラガラで自由席だったので問題ありませんでしたが…。

それより予告で見た「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」が気になる。

すごい迫力と映像…これこそ劇場で見るべき3D作品!

いよいよ今週末公開です。。。

2011年7月26日 (火)

バック

110625007 仕事のお客様である金沢の花屋さんから可愛いバックをいただきました。

英字新聞で作られたミニ紙バック。

結構しっかり作られていて見た目も可愛い。

コレは次女の夏休みの課題の工作にピッタリ!と思い、さっそく英字新聞を友だちからいただいてきました。(日本の新聞やチラシじゃイマイチだものね…)

まずは長女に頼んで、上手に分解してもらうことに。
うまく作くれればいいのですが…。

110709006 もうひとつ。
コレは私のおニューのバック。

A4サイズの書類や荷物がたっぷり入るお仕事用バックです。

以前から欲しかった「マザーハウス」のバック。

パソコン画面だけではイマイチ心配だったので、ダンナさまに頼んで、ショップで実物を見てきてもらいました。

「柔らかい皮で使いやすそうだし、いいんじゃない」とその場で購入。
6月の結婚記念日と8月の誕生祝いということで…めちゃ嬉しい。。。

110709008 夏に持つバックがなかったので、思い切って淡いオフホワイトにしました。

届いたバックは思っていた以上に軽くて、皮が柔らかくて持ちやすい。

汚れをふき取りやすくするために、防水スプレーをたっぷりかけて、でもやっぱりもったいなくて、普段持ちはできず、仕事でお出かけがあるときや特別な日にしか使えていません。。。(貧乏性)

社長でもある女性のデザイナーが考えたバックということもあり、中も細かいポケットがたくさんあってとても便利。

110709011このバックはとてもシンプルなデザインだけど、花びらや葉っぱをイメージしたおしゃれバックや、ジュートという生地を使った丈夫なカジュアルバックもたくさん手がけています。

マザーハウスのカバン…これからも注目です。。。

新潟にもショップができるといいのになぁ~。

2011年7月22日 (金)

灰原さんのサンドイッチ

110709002 次女のマイブームのひとつが「灰原さんのサンドイッチ」。

少年サンデーの全員プレゼント(と言っても後で料金振込みましたが…)で手に入れた、「名探偵コナン」のDVD。

その中でコナンの仲間のひとり、灰原あいちゃんが子どもの頃にアメリカでよく食べたというサンドイッチが登場します。

それがピーナッツクリームとブルーベリージャムのサンドイッチ。

DVDを見終わって「食べてみたーい」と次女にリクエストされました。

ピーナッツバターは甘くない輸入品。ということでさっそく購入。
どんなものになるのか半信半疑で作ってみました。。。

ピーナッツバターの香ばしさとブルーベリーの甘さがマッチして、これが結構美味しいのです。(カロリーがめちゃ高いだろうと思いますが…)

サンドイッチ用の食パンも買ってきて、しばらくは毎朝「灰原さんのサンドイッチ」にハマっていた次女。

以前に紹介したラムママからいただいたプリンジャムと交互に食べていました。

暑くなってきて、少しペースは落ちたものの、時々思い出したように「灰原さんのサンドイッチ」をリクエストします。

生ブルーベリーでおばあちゃんがお手製のジャムを作ってくれたので、さらに美味しさアップ。

皆さんもお試しあれ。

Jill7 ところでこのマヌケ顔のJILLさん、先週末から1週間ダンナさまが家にいるので調子づいています。

寝るときは大好きなパパちゃんの足元で熟睡。
朝、パパちゃんが起きて2階にくると、いつの間にかJILLも2階に上ってきていてビックリ。

昨日は何度か下に連れていったのですが、少しするといつの間にか来ている…。

今朝はダンナさまが起きてくると、足音もたてずに続いて階段を上ってきました。。。

もう苦笑するしかない。

日中、誰もいない2階に上がってくると危ないので、(上ることはできても一人で降りられないのです…)階段の上り口をガードすることにしました。

でもどうやら、誰もいなければ2階には興味がないようです。

どーしてこんなにパパちゃんが好きなのか…本当に面白いブヒ子ちゃんです。。。

2011年7月19日 (火)

ブヒBBQ

110718bbq028 暑い暑い3連休でした。

初日の土曜は次女のお供でイオンショッピングセンターへ。
日曜は家でダラダラ…そして海の日の昨日、かねてから計画していたブヒBBQを実施。

参加犬は年長のBanchooくん、Zorroくん、レニーの母親であるさくらちゃん、レニーの姉妹犬のみかんちゃん、一番小さいけど一番元気なラムチョップちゃん、そして我が家のJILLとレニー。

フレブルばかり7匹集合。。。。
さすがに全員並べて撮影は無理でした。

セッティングしていた日中は暑くてどうなることかと思いましたが、夕方から風も少し出てきて、ブヒたちもほとんど外にいることができました。

110718bbq021 それでもやっぱりみんなハァハァ状態。

クールダウンさせるために用意したプールへGO。

水の中で固まってしまう子、ゆっくり前進する子、すぐプールから逃げ出してしまう子(レニー)。

反応も様々で面白い。。。

110718bbq011

特に最高だったのが彼。
体は大きいけれど、最年少8ヵ月のZorroくん。

プールに浮かんでいるスイカやウリを追いかけて、顔までザブン。

それでもめげずに追いかける姿がめちゃ可愛い110718bbq012。。。

後ろでいい気分でくつろいでいるのは、兄貴分のBanchooくん。

何だか温泉につかっているように見えるんですけど…。

110718bbq013

Zorroくん、何度も鼻まで水につかりながらも、ウリをつかもうと必死で移動しています。。。




110718bbq019


JILLはレニーのように勝手に飛び出てきませんが、やっぱり水は苦手みたい。。。

早く出して~とプールのふちにつかまっていました。

110718bbq030
食べたり、飲んだりしていたらあっという間に日も暮れてきました。

このタープ、3日ほど前にネットで安かったので購入。。。

3×3メートルとかなりの大きさですが、設営がメチャ簡単で思っていた以上に快適でした。

魚介類、肉類、やきそば、おばあちゃんの枝豆にトマトになす漬け…。
お土産にいただいたアンチョビパン、そしてレンタルしてきてくれたビールサーバー。。。

うちの玄関先でやっていたのですが、本格的なBBQとなりました。

犬もいっぱいいるし、通り行く人たちは何事かと思っていたことでしょう。

110718bbq035
次女のお友だちも朝から遊びにきてくれて、ワン子たちが入る前に二人でプール遊びを楽しんでいました。

サーバーからビールをつぐのも上手くなって、このままビヤガーデンでバイトできそう。。。

最後に恒例の花火をやって終了。

楽しい時間はあっという間に終わってしまいます。。。
今度は秋に…と約束して解散。。。

遠いところ本当にみなさんありがとう。
また集合しましょう。。。

JILLとレニーはさすがにお疲れで、ダンナと一緒におおいびきで寝ていましたとさ。

2011年7月18日 (月)

バレエ発表会

110710040 ちょうど1週間前になりますが、次女のバレエの発表会の様子をご報告します。

昨年末から振り付けを始め、半年以上かけて仕上げてきた発表会。

前日の土曜の午後からリハーサル。
10日の日曜が本番でした。

今年も私は進行係で、ステージ裏で子どもたちのお世話係をしていました。

これはステージ横から撮影したリハーサルの様子。

110710004
ステージでのリハーサルは前日と当日の午前の2回だけ。

練習していたフロアよりも広いし、袖までの距離も遠い。

幕が何枚もあるので、Aから入って次はBから出る…そんな場面が多く、舞台袖では大急ぎで走りまくらなくてはいけません。

中には上手に入って、ステージ裏をダッシュして、次は下手から登場…なんて子もいます。

広いステージでの立ち位置を確認するのが精一杯で、なかなかタイミングが揃わない。

前日のリハーサルを終えた時点で、珍しく次女が弱気発言。
「全然みんなと合わない…○○の場面で出ていくのが間に合わないし、走って転びそう…」

110710056
迎えた本番当日の朝、「何回も夜中に目が覚めた。すっごく心配…」と次女は本当に不安そう。。。

楽屋に集まったネズミ役の子はみんな不安でいっぱい。

それでも「ここはこうしよう。あそこはこうしよう」と6人で話し合ったり、袖で待機している先生と相談して間に合わないところを何とか改善すべく、あれこれ知恵を出し合っていました。

当日のリハーサルではその成果が出て、完璧ではないものの何とかなりそうな感じに仕上がり一安心。

あとは慌てず、転んだりしなければ…。。。

110710088
当日の午前中はリハーサルの合間にメイクもしてもらいます。

中学生になるとつけまつ毛もつけることになるので、今から楽しみにしている次女。

メイクをするとみんな同じような顔になり、側で見ると結構面白い…。

 

110710090_2
これがネズミ役の6人。

しっぽと耳のついた衣装が可愛い。
みんな小粒で可愛い子たちが揃っています。

本番前に廊下で集合写真を撮るところ。

この後、出張撮影にきていた写真屋さんでも6人一緒に撮ってもらいました。

学年も学校も違う6人…短い期間だったけどとても仲良しになれて、楽屋でも一緒にご飯を食べたり、おしゃべりしたり…楽しい思い出になったようです。

110710101
ステージ裏の通路。
出番待ちの子たちがワイワイと集合。

それぞれの衣装や髪飾りをチェックしあったり、上の子が下の子の面倒をみたり…子どもたちなりに本番前の緊張感とワクワク感を楽しんでいます。

次女たちは1幕が終わると、15分の休憩を挟んで2幕の最初から出なくては行けないので衣装の着替えが大変。

1幕終了しだいダッシュで母親たちが待機している2階の楽屋へ。
衣装と髪飾りを交換して、またダッシュで舞台袖へ…。

110710106 それでなくても走り回る場面が多いのに、汗で化粧が崩れかけている子も…。
お化粧係のお母さんが手早く化粧を直してくれたり、大人の出演者の方たちが髪飾りをつけてくれたり…みんなの協力があって成り立っているこの発表会。

毎年のことですが、スタッフや母親たちの「発表会を成功させたい」という気持ちが強く感じられて、本当に疲れるけどとても充実感があります。

110710115
午前のリハーサルを終えて、出演者全員で集合写真の撮影を行います。

色とりどりの衣装姿で、ステージ上は華やか。。。

次女たちはねずみの衣装を着て、仲良く6人並んで撮影してもらいました。

110710119
実は午前中のリハーサル直前に地震があり、揺れ自体はたいしたことなかったのですが、ステージ上の照明や器具がワイヤーで吊るされていることもあり、その揺れが治まるまで待機となり、リハーサルが20分遅れでスタート。

この集合写真の撮影もずいぶん時間が押していて、大急ぎでセッティングしたりと、本番直前までバタバタ状態でした。。。

会場時間を少しだけ遅らせたものの、開演は何とか時間通りに。

あとは進行の流れにそって本番スタート。

ねずみたちもとても上手くできました。ただ、一人つまずいて転んでしまった子がいて、「もう1回やりたい~」と楽屋で悔しがっていたのが、少しかわいそうでしたが…。

110710151
すべての演目が終わって、最後にカーテンコール。
全出演者がステージで挨拶をします。

その姿にはいつも感動させられて「ああ、今年もいい発表会だったなぁ~」と終わってしまうのが残念に思えます。

ステージ終了後、お気に入りのねずみの衣装に着替えてロビーへ。家族や友人、知人たちが待ち構えています。

今年は同級生も見にきてくれたので、一緒に写真を撮りました。

ステージ上からその友だちたちの姿が見えて、ニヤニヤしながら踊っていたという次女。

晴れ姿を大勢の人に見てもらえて本当によかったね。

来年はどんな役で、どんな衣装で踊るのか…今から楽しみです。

110710021
来てくれたお友だちや家族、親戚からたくさんの花束をいただきました。

両手で抱えきれないほどの花、花、花。

おばあちゃんからは特大のぬいぐるみも…。

110710031
発表会終了後は、スタッフや母親たち総出で後片付けをして、仲のよい3家族で食事をして帰ってきました。

子どもたちよりもヘトヘトに疲れたお母さんたち。
本当にお疲れさまでした。。。

2011年7月16日 (土)

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2

Photo_2 久しぶりの更新です。

色々とブログで書きたいことはあるのですが、なかなか更新できず…。
少しずつ時間をみつけて書いていきます。

「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」がついに公開。
初日は無理でしたが、先ほど長女と見てきました。

公開してすぐの土曜のレイトショーということで、今回は久しぶりに「e席リザーブ」を使用。
プラス100円でも確実に席を確保することに…。

家で夕食を済ませてから映画館へ。
「コクリコ坂」や「ポケットモンスター」、この週末に封切になった話題作が数本あるので、ロビーはごった返していました。

PART1の終わりからそのまま続くPART2。
今回の舞台はほとんどがホグワーツ。

ヴォルデモード率いる闇の魔法使いたちとハリー率いる騎士団そしてホグワーツの学生&先生たちの最終決戦です。

前半のゴブリンの銀行のシーンや分霊箱を探し出し破壊するシーンなど、迫力とスピード感があって、映像的にもすごく楽しめました。

前回は登場人物が少なめでしたが、今回は最終回ということもあってか、今までの主な出演者がほぼ勢ぞろい。
ここまでキャストが変わらずシリーズを続けていたことにも驚きです。
ホグワーツの教師たちが力を合わせて、学校に魔法のバリアを貼るシーンはすごくよかった。

肝心なストーリーですが、ほぼ原作通り。
意外な真実、そして仲間たちの死…ハリーは最後の最後まで苦境に立たされ、選択を迫られます。

2時間以上ありましたが、時間の長さはまったく感じませんでした。
確かに原作からかなり省いていた部分もありますが、全体的にはわかりやすくまとまっていたと思います。

1作目から私はすべて劇場で見ています。
原作も発売と同時に購入していました。

長女も高学年の時から原作&映画を欠かさず見てきました。
今までのDVDももちろん持っています。
娘たちが小さいときに杖のレプリカも購入しました。

それくらい好きな作品…終わってしまうのはとても残念ですが、10年間も楽しませてくれたことに感謝です。。。

2011年7月 8日 (金)

いいお顔

110702011 少し前になりますが、JILLとレニーのいつものお散歩。

珍しくJILLのいい表情が撮れたので思わずダンナさまにも送信してあげました。

カメラ嫌いのJILLの撮影は本当に難しい。。。

これは奇跡といってもいい1枚です。(おおげさ)

 

110702009

 

もちろん、レニーだっていいお顔できますよ。

振り向きさまにハイ、チーズ。。。

バックは伸びてきた稲です。

 
 
 

110702004
もう一枚JILLのアップ。

しかし、けっしてカメラ目線はくれない。。。

ところで、写真とはまったく関係ありませんが、先日もチラリとこのブログに書いたように、私の会社パソコンが死んでしまいました。。。

「コレは入院です」と連れ去られてしまったのですが、かなりの重症でディスクが完全にアウト。

データ類を取り出すことができない「あきらめてください」と言われました。

プロにたのめば、ディスクに保存していたデータ、メルアド、受信履歴、ウェブのブックマークなどを取り出すことができるらしいのですが、20~50万円かかると言われました。

110702007
本当に大切なデータ類は会社のサーバーに入れておいたので無事でしたが、マイドキュメントに保存しておいた書類関係がすべてパー。

出力しておいたものがほとんどですが、また作り直さなくてはいけません。

インストールし直してもらってパソコンは戻ってきましたが、まったく初期の状態。

時間をみつけてメルアド登録したり、書類を作り直したり…本当に大変。。。

ちなみにデスクトップで6年ほど使用しました。

110702013 前兆はとにかく動作が遅くなっていたこと。
立ち上げはもちろん、奇妙な動きをしたりソフトの立ち上げが遅い。。。

コレを教訓に、さっそく我が家のパソコンのデータも画像を中心にせっせと外付けハードディスクにコピーしました。

皆さんもお気をつけくださいませ。

2011年7月 5日 (火)

アンダルシア

Photo 土曜のレイトショーで「アンダルシア」を見てきました。

本当は「SUPER8」を見たかったのですが、洋画は吹き替えでしか見ない長女。
ちょうどいい時間がなかったため、第2希望の「アンダルシア」へ。

「アマルフィ」は期待ハズレでしたが、ドラマの「外交官・黒田康作」は結構面白かったこのシリーズ。

今回も舞台はヨーロッパ。
イタリアに続き、長女の大好きなスペインが主なロケ地ということで、やっぱり見なくちゃ~って感じでしょうか。。。

今回は出演者が少ない気がしました。
主演の織田裕二、事件の鍵を握る黒木メイサ、インターポール捜査官の伊藤英明の3人でほとんど話が進んでいきます。

「アマルフィ」でドジな部下役をやった戸田恵梨香はちょっぴりしか出てこないし、福山くんも前回同様、ちょっぴりの出演…でもアマルフィの時よりいっぱい出てたかな。。。

どのシーンでも外国人美女とのイチャイチャなからみばかり…ナンパな福山くん、いいかも…。

アマルフィと同様、タイトルでもあるアンダルシアはラストの方で少しだけ行ったという感じ。
スペインでロケする意味が???でしたが、内容は結構よかったと思います。

しかし織田裕二演じる黒田康作のキャラは濃い…見ているこっちも眉間に皺がよってしまいそうです。。。

土曜のレイトショーということもあり、思っていたより席が埋まっていました。
まもなくハリー・ポッター完結編も上映。トランスフォーマーもジブリもカーズも見たいなぁ~。

この夏、何回映画館に行けるかな…。

2011年7月 4日 (月)

Banchoo&Zorro参上

110704022 今日は小学校で地域子ども会と役員会があったので、午後からお休みをいただきました。

夕方、大雨(ゲリラ豪雨)の中、Banchooママさんとパパさんが2匹を連れて遊びにきてくれました。

実はBanchoo家のステキでオサレなガラスのテーブルをいただけることになり、わざわざ我が家まで運んできてくれたのです。。。

お友だちがきて大興奮のJILLとレニー。

まだ8ヶ月という一番チビッコ(体は大きいけれど)のZorroくんをしつこいくらい追いかけまわすレニー。

体は大きいけれど、レニーから逃げ回るZorroくん。
そしてレニーを追う最年長のBanchoo。
今日は賑やかな鬼ごっこに珍しくJILLも参戦。

見ているこっちが目がまわるくらい4匹が大興奮で遊んでいました。。。

おまけにJILLったらパパさんをダンナさまと勘違いしたのか、やたら甘えたり、飛びついてなめたり…。
恥ずかしいったらありゃしない。。。

110704024 なんとか撮影を試みましたが、動きまわってばかりでなかなか撮れない。

おやつで釣って、ようやく撮れたのがこの2枚。。。

一番前に出てくるのはZorroくん。
可愛い顔して…もう最高です。。。

お土産においしいパンもいただきました。

本当に遠いところ、そして大雨の中きていただいて嬉しかったです。
今日は長女もようやくBanchoo家とご対面できました。

次は再来週、楽しみでーす。

で、まったく関係ない話ですが、今朝、会社のパソコンが壊れてしまいハードディスクが入院することに…。

代わりにノートパソコンを用意してもらったのですが、ネットのお気に入りやメールのアドレス帳が使えず、めちゃ不便な状態。

早く戻ってくるといいのですが…。

2011年7月 2日 (土)

蒲原まつり

110630002_2何年かぶりに蒲原まつりへ次女とその友だちを連れて行きました。

このお祭りは私の地元でもあり、子どもの頃は毎年楽しみにしていたお祭りです。

普段は静かで人もいない小さな神社ですが、出店や屋台がたくさん並ぶこの祭りは縁日の長さで有名。
延べ1kmにわたり400店余りの露店が出店するとか。

新潟名物「ぽっぽ焼き」をはじめ、かき氷、やきそば、お好み焼き、りんご飴といった祭りの定番から、最近はトルコアイスやドーナツ、ベビーカステラ、とりのから揚げ、どこかのB級グルメと多種多様な食べ物が売られています。

さらに境内付近には昔懐かしい「おばけ屋敷」や「射的」「輪投げ」などもあり、祭り気分を存分に味わえます。。。

次女が学校から帰ってきてから、あわてて連れていったので、カメラを忘れてしまい携帯の写真です。

初日であるこの日の夜宮はメチャ混みが予想されたので、早めにお参りを済ませてぐるりと回ってきました。

110630006_2
次女とお友だちは勇敢にも「おばけ屋敷」に挑戦。

生身の人間が中で脅かしていたようで、キャーキャー外まで聞こえるくらい叫んでいました。。。

お揃いのミサンガを買って、お決まりの金魚すくいをやって、ラムネを飲んで、ボール釣りをして、緑カメを1匹ずつ買って、絶対大物は当たらないクジを数回…。

焼きそばとお好み焼きを夕食代わりに食べて、帰り道にりんご飴を購入。

お姉ちゃんにもお土産に「ぽっぽ焼き」とりんご飴を買って、7時半頃お祭りをあとにしました。。。

明るいうちはまだ露天をゆっくり見ながら歩けましたが、帰る頃には人も増え、満員電車なみに混みあってきました。

途中、雨も降ってきて濡れてしまいましたが、次女たち二人はとっても楽しかったようです。。。

なんだかんだと2時間ほど人ごみを歩いたので、帰ってきたらクタクタでした。
さすがの次女もお疲れだったようで(学校ではプール授業もあったらしいし…)、約束通り宿題を済ませたらばたんキュー。

でもまたひとつ、いい楽しい思い出ができたようです。

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »