« バック | トップページ | ジルレニ対称 »

2011年7月28日 (木)

SUPER8

D02832r_large この夏は見たい映画がいっぱいあります。

「SUPER8」もそのひとつ。ようやく長女と見てきました。

毎週のように大作が公開になるため、上映期間が短かくなったり、1日の上映回数が減ったり…。

ワクワクさせる予告で公開前は期待度が大きかった「SUPER8」も今では1日2、3回の上映です。

前評判はよかったものの、公開後のネットでのレビューを見ると賛否両論…そのうち上映回数が減ってきて…でもやっぱり劇場で見たいと思い行ってきました。

内容は「スタンド・バイ・ミー」と「ET」を足したようなものと聞いていました。

確かに多感な年頃の少年たちが主人公で、訳ありの宇宙人が絡んでいるという点ではうなづけますが、私はもっとSFっぽいか、もしくはもっと異星人との交流がメインと思っていたので、そのどちらでもなくちょっと肩透かしした感じ。。。

でもいかにもアメリカの男の子たちっていう配役(おデブちゃん、メガネくん、歯の矯正、気の弱い細い子)とヒロインの少女がよかった。。。

ちょっと昔の設定で郊外の町並みもいいし、8ミリビデオの映像の古臭さもよかった。

最近の洋画は3DやCGでやたらキレイだったり迫力がありすぎたり…そーいう作品ばかり見ていたので、逆にノスタルジックで新鮮な感じがしました。

そして今回は久しぶりにユナイテッドシネマで鑑賞。

ゆったりシートや荷物かけがあるのはやっぱりいいですね。。。

ただ「キレイな空気」を売りにしているワーナーの方が劇場内の匂いが気にならない。
いつもワーナーに行っていたので劇場内の空気は違うなぁ~と実感しました。

まぁ今回は結構ガラガラで自由席だったので問題ありませんでしたが…。

それより予告で見た「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」が気になる。

すごい迫力と映像…これこそ劇場で見るべき3D作品!

いよいよ今週末公開です。。。

« バック | トップページ | ジルレニ対称 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« バック | トップページ | ジルレニ対称 »