« JILLとレニー×2 | トップページ | 模様替え »

2011年10月23日 (日)

読書と映画の秋 その1

Photo 読書の秋です。

なかなか更新できずにいましたが、文庫やマンガは切らさず読んでいます。

あまり赤川次郎作品は読まなくなったのですが、この杉原爽香シリーズだけは別。

爽香が16歳からスタートしたこのシリーズは1年に1回、毎年初秋に刊行。
登場人物も一緒に年をとっていくという異色の作品。

「菫色のハンドバック」で爽香は38歳になりました。
そして1作目から読んでいる私も爽香と一緒に22歳年をとったというわけです…。

あらためて振り返ってみると不思議な気分。
1作目を読んだのはまだ若かりし独身時代。
その後、結婚して娘たちが生まれても、このシリーズは毎年刊行されると同時に読んできたんだよなぁ~。

内容はいつものようにちょっとした事件がおこり、爽香が巻き込まれていくというものなのですが、「渡る世間は鬼ばかり」のように登場人物も年をとり、世の中も変化していくので目が離せないのです。。。

そしてこのシリーズが新刊コーナーで平積みされているのを見つけると、「ああ、また秋がやってきたなぁ~」と思う私にとってカレンダーのような作品です。

Photo_2 久しぶりにマンガも紹介します。

同僚から借りた本ですが、娘が小さいときに読んでとても面白かった「世界でいちばん優しい音楽」の著者、小沢真理の作品。

母子家庭の3人兄弟。高校生のイケメン長男と小学生の弟と妹。
母親が入院することになり、長男は弟たちのために台所に立ちます。

母親がつけていたレシピを参考に苦戦しながらも色々な家庭料理に挑戦。

家族の絆を食卓を通して綴るとってもステキなお話。
本の中に出てくる料理は全てイラスト入りのレシピがついているのも嬉しい。

ほのぼのあったかい家族の物語。オススメです。。。

Photo_3
DVDもなかなか時間がなくて見れていないのですが、ようやく「ブラック・スワン」を見ることができました。

「結構、怖いよ…」と聞いていたのでドキドキしながらひとりで見ていたのですが評判どおり面白かったです。

ナタリー・ポートマンのバレエのシーンは可憐でとても美しくステキでしたが、精神的に追いこまれていく姿は痛々しくて切ない…。
心が壊れていく様子が映像でうまく表現されていたと思います。

読書の秋。。。本も映画もまだまだ読みたい、見たいものがいっぱい。
自由時間がもっと欲しいです。。。

« JILLとレニー×2 | トップページ | 模様替え »

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

私も「銀のスプーン」読んでます(*゚▽゚)ノ
お兄ちゃんの律くんは優しくてかっこよくて理想の男性lovely
少し生意気な兄妹たちもかわいいよね~。

「ブラック・スワン」は鳥肌物だったでしょ!?

私は入院の為、自由時間がいっぱいとれそうなので
超大作の韓流DVDを持ち込む予定です!
(なんだかちょっぴり楽しみ風?)
全部見る前に退院しちゃうだろうけど(^-^;

ラムママさま

病院でDVD見れちゃうの~!?
出産以外入院したことないので、今の病院事情がわかんない…。

「銀のスプーン」いいねぇ~。
読んでいるとお料理したくなっちゃう。しないけど…。
娘のどちらかに律くんみたいな彼氏連れてきてほしいなぁ~。(絶対ムリだろうけど…)

オススメのマンガ、文庫いっぱいあるよ。
今度来たとき貸してあげるね~。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« JILLとレニー×2 | トップページ | 模様替え »