« 寒い寒い寒〜い | トップページ | ブライス3姉妹 »

2012年1月18日 (水)

銃とチョコレート

Photo 久しぶりに乙一の本を読みました。

児童書の部類に入る探偵小説。が、やはり他とは違う面白さがある。

2転3転と意外な展開に子どもの気分に戻ってワクワクしながら楽しみました。

ある町の富豪たちのお宝が怪盗「GODIVA」に盗まれる事件が続く。子どもたちのヒーロー的存在の探偵ロイズがその捜査に乗り出す。
主人公のリンツは父親を亡くし、母親と質素な生活を送る移民の子。
ひょんな事からリンツは怪盗「GODIVA」にまつわる1枚の地図を手に入れる。
リンツはロイズと一緒に怪盗「GODIVA」の棲家にたどりつけるのか…。

とまぁ、出だしはこんな感じでよくある謎解きの探偵モノかと思えば…見事に期待を裏切ってくれるのが乙一らしい。

最後の最後まで「そーいうことだったのかぁ」と楽しめます。
そして著者のあとがきがいつものようにいい。

「GODIVA」「ロイズ」といったお馴染みのネーミングも親しみがもてるし、謎解きの要素もクライマックスの仕掛けも面白い。。。

残念ながら文庫にはなっていないのですが、コレはオススメ。
ちなみに私は同僚から借りて読みました。

乙一のクリスマス絵本「くつしたをかくせ」もそうですが、やっぱりこの人の作品は児童書でも陽も陰もあってじんわり面白さを感じさせてくれます。

そうそう、この本も装丁やイラストがステキです。

« 寒い寒い寒〜い | トップページ | ブライス3姉妹 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 寒い寒い寒〜い | トップページ | ブライス3姉妹 »