« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月20日 (火)

書籍2冊「犯罪」と「慟哭」

Photo
最近見た本の紹介ページで、偶然にも同じ本が紹介されていました。
それがこの「犯罪」。

ドイツの弁護士でもある著者が現実の事件に材を得て、異様な罪を犯した人間たちの哀しさ、愛おしさを鮮やかに描き上げた短篇集。
本国ドイツでベストセラーになり、世界32カ国で翻訳され、数々の文学賞を受賞。

そんなフレーズに興味をそそられ、さっそく図書館で予約しました。

11の短編が収められているのですが、どれもゆっくり読んでも15分くらいで読めるボリューム。
「犯罪」というタイトル通り、殺人、強盗など穏やかでない刑事事件の話ばかりなのですが、内容がそれぞれ違い、一風変わっていてどれも面白い。

冒頭の「フェーナー氏」はAmazonで最初の部分が立ち読みができたので、それでさらに読みたい度がアップ。
フェーナー氏は真面目を絵に描いたような町医者。住民からの信頼も厚く犯罪歴ももちろんない。
そんなフェーナー氏が長年連れ添った最愛の妻を殺した理由は、新婚旅行で交わしたひとつの約束が根底にあった。

いくつかの作品には残虐な場面があるのですが、調書を読んでいるかのように感情もなく淡々と綴れており、読みづらさはまったくない。(多少の不快感はありますが)
翻訳はあまり得意ではない私ですが、文章もとても読みやすくあっと言う間に読み終えました。

様々な犯罪の経過と裁判、そして結末。
展開も早く、どの話も読み終えてから嫌なイメージが残らない。

どの話も面白かったですが最後の「エチオピアの男」はその結末に心が温まりました。

これはオススメです。

Photo
そしてもう1冊「犯罪」の前に読んだのが、前回紹介した貫田徳郎の「慟哭」。
ずいぶん前の作品で、何年も前から面白いというのは聞いていて気にはなっていたのですが、ようやく読むことができました。

当時、世間を賑わしていた幼女誘拐事件をモチーフにしたと思われる作品ではあるのですが、単に事件や犯人を追うミステリーモノではない。

警察内部のキャリアと現場刑事との角質。
サイドストーリーのように展開される新興宗教にのめり込む男の話。
2つの物語の結末は…。

ここからはちょっとネタバレになるのですが、最初から何となくこの人が犯人ではないかと思いつつも、辻褄が合わないので「やっぱり違うかなぁ」と半信半疑で読んでいました。
そしてラストに近づくにれ、以前読んだ「イニシエーション・ラブ」の展開に似ていることに気づき、唖然としました。

これがデビュー作というのですから驚きですし、話題になるのもうなずけます。
ただ、読後感はあまりよくない…救われない気分になってしまいます。。。

犯罪モノを連続で読んでしまって、ちょっとダークな気分になってしまったので、次は軽い明るいモノを読まなくては…とまったく趣向の違うモノを読み始めています。

その本の紹介と感想はまたいずれ…。


2012年3月17日 (土)

glee2

Glee_poster

gleeセカンドシーズンのDVD11巻を見終わりました。

長女と二人で少しずつ楽しみながら見てきたのですが、後半は早く見たくて寝不足覚悟で鑑賞。

今回もめちゃ面白かった〜。
歌もダンスも衣装もレベルアップしていたし、個々のキャラクターがそれぞれ見せ場がある。

ストーリーもゲイの話あり、いじめの話あり、恋愛話あり、コンプレックスの話、そして大切な人との別れの話…と笑いの中にもすごく重要なテーマをいくつも扱っているのがこのドラマの特徴であり、人気の秘密なんだと思います。

どの場面でもステキな音楽とダンスで、ワクワクしたり、ジーンとしたり…。
聞いたことのある曲もたくさん流れるので、懐かしい気分にもなれます。

Photo

そしてアメリカ各地で行われたgleeのコンサートムービーももちろん見ました。

レギュラー陣がドラマの中で歌った歌をライブで楽しめる。
会場中がすっごくHAPPYで盛り上がっていて、見てる方も気分upしてきます。

ネットでそれぞれの経歴を調べてみたら、ブロードウェイで活躍している人もいれば、本当に素人でオーデションでレギュラーになった人も。。。

有名アーティストのバックダンサーを努めている人もいるし、様々な映画に出演している実力派もいる。
シーズン2から加わった新しいメンバーは外見的にも性格的にもメチャ個性的。


51qyh5y3yal_sl500_aa300_

で、勢いで購入してしまったのがこのDVD。

シーズン1の歌の場面だけをまとめたもの。
ドラマ内の歌すべてではないけれど、流して見て聞いているだけで楽しめます。

日本語字幕がないのが残念ですが、日本語の歌詞カードはついています。

今日の深夜からシーズン2をBSで連夜いっきに放送します。
今月末にはFMで特番があるし、4月には地上波でシーズン1を放送。
もちろんどっちも録画してまた見なくちゃ。。。

こんなに楽しいのに、周りには見たことない人がいっぱい。
長女は友だちにgleeのPR活動をしているようです。
見た人はしっかりハマっているんだけどね。。。

gleeは一人で見るより誰かと見た方が楽しめます。
ただ、アメリカのスクールドラマなので、ちょっときわどい場面やセリフもあるのでお子さまにオススメできないのが残念…。
なので我が家も次女にはまだ見せていない。
彼女が寝てからがgleeタイムなのです。


2012年3月14日 (水)

散歩と友クッキー

Img_0784
日曜の午後、次女が友だちと家でクッキーを作る約束をしていたので、映画の後、少しだけ買い物して大急ぎで帰宅。

次女とお友だちと私の3人でクッキー作り開始。

生地を冷蔵庫で1時間ほどねかせる間、JILLとレニーを散歩に連れ出しました。
昼間はすごくいい天気だったのですが、夕方近くになり曇り空に…。

雨と晴天が続いたのでいつもの公園の雪もようやく解けて、土が見えています。
足元はまだグチャグチャでしたが、JILLもレニーも公園への道へ一直線。

フリーにしてあげたら、大喜びで駆け出しました。。。

Img_0793
土の見え始めた周囲の田んぼには白鳥の姿も見えます。
が、JILLたちの姿を見たとたん、一斉に離れた田んぼに移動してしまいました。

そーいえば、去年はJILLが白鳥追っかけて田んぼに突進したことを思い出しました。。。

レニーはあぜ道をトコトコ進んでいくし、JILLは相変わらずマイペースであっちをクンクン、こっちをクンクン。
短い時間でしたが、2匹ともいい気分転換ができたようです。

もちろん足やお腹は泥だらけ。帰ってからシャワーが大変でしたが…。

Img_0800
家に戻って、次女たちとクッキー作りを再開。

半分はココアパウダーを混ぜて、ココア味のクッキーに。
二人でワイワイと型抜きに夢中。

よくよく話を聞くと、このクッキーはホワイトデーに友だち配るものらしい。
友チョコならぬ友クッキーです。

バレンタインデーの時のチョコ作りは本当に大変でしが、クッキーづくりは比較的簡単で助かりました。

Img_0806
ハート型、星型と様々な型でクッキーを作り、数も半端なく多かったのでオーブンフル活動で何度も焼きました。

最初こそ楽しそうに型抜きしていた次女たちも、後半は飽きてきたらしくけっこういい加減な形に…。

それでも焼きあがったクッキーにご満悦で、「明日一緒にラッピングしよう」と約束して解散。

キッチンは粉と洗い物ですごい状態だったのですが、私とダンナさまは急に入った親戚のお通夜に行かなくてはならず、そのまま外出。

本当に急な訃報で驚きましたが、久しぶりに親戚が集合し、通夜振る舞いの席では懐かしい顔ぶれについつい長居してしまいました。

Img_0811
で、帰ってきて開けてみた香典返しの品がこの缶詰入りのパンとドライワッフルの詰め合わせ。
センスのいい従姉妹が選んだと思われるのですが、瓶詰めや海苔などに比べると、私たちにとっては嬉しい一品です。

出来立てのパンを缶詰にしたものらしく、開けるのが楽しみ。。。
パンもワッフルも賞味期限が長いので保存食としても役立ちそう。

そーいうば、以前、商品券が香典返しの時もありました。
最近は香典返しも色々あるんですね。

そんなこんなで朝から夜までバタバタの日曜日。
あっという間の休日でした。

2012年3月12日 (月)

ライアーゲーム-再生-

341202view001_4
予定通り、日曜の午前中に次女と「ライアーゲーム-再生-」を見てきました。

初回の9時半を目指して行ったのですが、ギリギリ10分前に到着。
自由席というので、急いで劇場内へ。
すでにかなりの人が入場していましたが、なんとかまぁまぁの席を確保。
開演間際まで次々と人が入り、気がつけば1列目まで埋まっていました。
なかなか人気があるんだとちょっと意外。

今回のゲームは椅子取りゲーム。
時間内に広い敷地内にある椅子を探して、タイムアップの時に椅子に座っていればセーフ。
椅子に座れなかった者はその場で脱落。
最後に残ったものが勝者。
と、まぁ簡単なゲームなのですが、色々と細かいルールが存在し、
そう簡単に椅子を確保し続けるのは難しい。

今回は個人戦というよりは、脱落者も含めてより多くの味方を手に入れてチームで戦うといった感じ。
ゲームの初盤で大きく3つのチームに分かれ、互いに潰しあうが始まります。

相変わらず騙したり、騙されたり、裏切ったり、裏切られたり…。
ゲームの中心はもちろん秋山。はい、かっこいいです。
今回、残念ながらナオちゃんこと戸田恵梨香は不参加。
その代わりに田部未華子がヒロイン役に。
悪くはなかったけれど、やっぱりナオちゃんの方かせ可愛いし、おトボケキャラでよかったなぁ〜。

出演者の中で次女がお気に入りなのが福永。(キノコ頭+メガネの派手でうるさい男)
福永はしょっぱなから登場するのですが、今回はゲームに参加せず傍観者となっていて少し残念でした。
他にも渡辺いっけい演じる事務局の人間、秋山のライバル、ヨコヤもちょっとだけ出ていましたが、
ほとんど友情出演といった感じでした。。。

ゲームの結末は2転、3転として先が読めない。
で、ラストは「そーいうことね」と予想外の逆転劇があって楽しめました。
次女はちょっと理解できない部分もあったようですが、飽きることなく見入っていましたし、
期待を裏切らない内容だったと思います。


で、余談なのですが昨日は震災からちょうど1年でした。
私たちは昼頃イオンを後にしたのですが、午後からイオンに行った人の話では、地震が起きた時刻にアナウンスが入り、フロア全体で黙祷を捧げたそうです。

特に特別なことはしませんでしたが、こんな平穏な日々にあらためて心から感謝したいと思いました。

2012年3月10日 (土)

アシメタイツ

Img_0757少し前にテレビでライアーゲームの映画をやっていました。

次女はライアーゲームが大好き。
テレビドラマでも見ていたし、前回の映画ももちろん見に行きました。
そして明日、公開されたばかりの映画を見に行く予定です。

話は戻って、前回の映画で緑と黄緑の左右色違いのタイツをはいていた女性がメンバーのひとりとして登場しています。
それを見た次女が「あーゆう色違いのタイツがほしい!」と…。
買ってきて〜というのですが、見たことないし、どこで売っているか不明。
で、次女と一緒にネットで検索しまくり。。。

ようやく見つけたのがこのタイツ。
3足1000円+送料とお安く、さらにAmazonでも扱っていることが判り即購入。

Img_0770この他に次女が欲しかっていたピンク&紫の3足セット。

毎日、色を変えて学校にはいていっています。。。
先生から「Mさんだからはけるタイツね」と言われたらしい…。

で、他の色の組み合わせも欲しいということで、再度アクセスしたのですがすでにすべて売り切れ。
他にもないかと、色々とキーワードを入れて検索したものの、妙に色っぽくて高かったり、左右柄違いしか見つけられず、再入荷を待つことにしました。

派手かな…と思ったけれど、次女がはくと結構可愛い。
「姉ちゃんやママには貸さないからね」と釘を刺されています。。。

Img_0772
そんな次女が、学校から賞状をもらってきました。

発行は県の教育委員会。
「体力つくり認定書」というものらしい。

学校で行った体力測定の結果、総合70点以上の子どもたちが認定書をもらえたらしいのですが、次女のクラスでは3人だけ。その中でもトップの成績だったようです。

裏の結果の数字が書かれていました。
握力が少し弱いのですが、柔軟性、瞬発力、シャトルランなどはパーフェクト。
さすが体育が得意な次女です。
(でも持久走は苦手でまったくやる気がなく、ビリから3番目だったらしいけど…)

Img_0771
中学でもこの運動能力を活かせる部活に入った方がいいのだろうけど、
次女が通う中学校は人数が少ないので部活の数もあまりなく「やりたい」と思うスポーツがないのが残念。
バレエもできたら続けさせたいし、部活に関しては悩むところ。
入学して色々な部活見学して、本人がやりたいものが見つかればいいのですが…。

卒業まであと2週間。制服も届きました。
私も早く美容室行ってこなくちゃ〜。
スーツもできたら欲しいんだけど…見に行く時間がない。。。

昨日は公立高校の合格発表でした。
早いものです。長女の受験からもう1年。
昨年は合格発表の日に震災があったので忘れることができません。

Img_0779

最後に今日のJILL。
朝から「何か食べたい〜」と私のあとをくっついてまわります。
最近は朝食のデザートにイチゴを出すことが多いので、それ目当てにしつこくやってきます。

レニーは下のリビングで忙しく動くおばあちゃんをストーカー中。
キッチンに立てば足元ウロウロ、洗濯物を干せば側で見張り番。

レニーと言えば、少し前の休日、レニーがJILLと一緒に2階にいる間におぱあちゃんが出かけてしまったことがあります。
しばらく2階で遊んでいたのですが、下に降りたがるので連れていったら、おばあちゃんを探してあちこち必死に走り回るレニー。

普段、おばあちゃんが出かけるときは「お留守番しててね」と声をかけるので、後追いすることもないのですが、この日は知らないうちにおばあちゃんがいなくなっていて焦ったようです。

玄関に行っていないか確認。脱衣所のドア開けてくれとクンクン泣き、トイレの前で呼び、見ている方が切なくなるくらいおばあちゃんを探すレニー。

あちこち探しまわっても見つけられず「おばあちゃん、お出かけしたんだよ」と私に言われてようやくあきらめた様子。
あの姿はJILLにはない健気さがあります。

そーいうところがメチャ可愛いレニーなのでした。

2012年3月 5日 (月)

みんなでケーキ

Img_0737朝から太陽が顔をのぞかせて、ちょっぴり春の気配を感じさせる日曜日。

午後からJILLとレニーを久しぶりにスポーツ公園へ連れて行きました。
が、車の中は暖房がいらないくらいポカポカ陽気でしたが、風が冷たく結構寒い。
それでもお散歩大好きなブヒたちは、軽快に歩く、歩く、歩く。

トイプーとミニチュアダックスがやたらいっぱいお散歩していましたが、うちのブヒ子たちはまったく興味ナシ。
キャンキャン吠えられても無視…挨拶されるとJILLは仕方なく少しクンクンしてあげるけど、レニーはビビって逃げてしまう。。。

1匹だけビックサイズのクリームフレブルに会いました。
13キロくらいある貫禄のある男子。が、うちの姫たちは興味ナシ。。。

Img_0745お散歩の帰りに約束通り、JILLの誕生後ケーキを買ってきました。

次女に大きなデコレーションと言われていたのですが、可愛いイチゴのロールケーキにしました。
他に犬用マドレーヌ、クッキーなど、ちょっと贅沢なおやつを数種類購入。。。
無理だと思うけど、味わって食べてね。

ケーキを出したとたん、私の足元から離れない2匹。
切り分けて、ボウルに入れて、しばらくマテをして撮影して…ようやくありつけたケーキ。

JILLはわりと上手に食べるのですが、レニーはすごい勢いでガッツクので、クリームを床に飛び散らせて食べます。
もちろん口の周りもクリームだらけ…。
JILLが食べ終わった食器も念のため舐めてみる。

Img_0753今日はお休みでみんながいたから、JILLは朝からパパちゃんにベッタリ。
おでかけしてケーキ食べて満足したのか、早々にベットで丸くなって寝てしまいました。

スポーツ公園は思っていた以上に歩道に雪が残っていました。
まだ春は少し先になりそう。。。
暖かくなったらお友だちブヒ誘って、いっぱいお出かけ行こうね。。。


Img_0743で、1日遅れで娘たちと私は雛まつりケーキ。
久しぶりにルーテシアのケーキが食べたくて、買いに行ってきました。

週末はいつも混んでいるルーテシアですが、今日は満車で特に混んでいた気がします。。。
ケーキを買うのに15〜20分くらい並んで待ちました。
待っている間に焼き菓子が目に入り、焼きドーナツとマドレーヌも買ってしまいました。

次女はリクエスト通りイチゴのショートケーキ、ダンナさまはひとつしか残っていなかったミルフィーユ。
長女はガトーショコラというリクエストだったのですが、なかったのでチョコ系のケーキを。

私も長女と同じチョコケーキを食べたのですが、大きさは小ぶりのものの、ぎっしり詰まったショコラケーキは濃厚で甘さもほどよくメチャ美味しかった。

明日の朝は焼きドーナツが楽しみ。。。

2012年3月 2日 (金)

ちょっと古い文庫2冊

Photo 少し前に読んだ石田衣良の「眠れぬ真珠」。
感想をアップするのを忘れていました。

何か面白そうな文庫ないかなぁ~と本屋をブラついていた時に目についた1冊。

石田衣良は結構好きな作家。
で、帯を見るとどうやら恋愛モノらしい…。
ミステリーばかり読んでいるので、たまにはこーいうのもいいかなと思い購入。

主人公の咲世子は45歳、独身の版画家。
両親が残してくれた一軒家を仕事場と住居にし、新聞や雑誌の挿絵といった安定した仕事を持つ。

少し年上の画商の彼とは不倫関係ながらも満たされた生活。
もともと一人が好きな咲世子は好きな仕事を続けながら気ままに生きている。
そんな彼女が17歳年下の素樹と出会う。
やがてお互い惹かれあい、恋に落ちていくのだが…。

若く輝く未来が待つ素樹を前に、老いを感じながら自分を制御しようとする咲世子。
少し早い更年期障害に悩まされながらも、浮きたつ自分の心を抑えられなくなっていく様子がとてもよく描かれている。

大きな年の差がテーマの恋愛小説ですが、同年代の私としては彼女の心と体の変化に同調できる部分があり、ハッピーエンドを願いながら読んでいました。

解説に「この作品を男性が書いたのが信じられない」みたいな事が書かれてあったのですが、本当にそう思う。
石田衣良という作家は少年犯罪モノも書けば、暴力的な作品も書く。
かと思えば純愛モノもあるし、SFちっくな話も書ける。
この作品で言えば、男性なのになぜここまで女性の気持ちがわかるのか…それが不思議。

女性にはダイヤモンドのタイプと真珠のタイプがいるらしい…私はどっちでもなさそうだけど…。大人の恋愛小説…たまにはイイネ。

Photo タイトルからして「眠れぬ真珠」とは対照的な作品。
貫井徳郎の「天使の屍」をブックオフで購入。

以前から気になっていた「慟哭」と一緒に見つけて買ったのですが、「慟哭」は後のお楽しみにしてこちらを先に読みました。

ある日突然、何の前ぶりもなく中学2年、14歳の息子が飛び降り自殺をする。

その原因はいじめではなく、体内からは薬物反応が…。
父親は真実が知りたくて息子の同級生たちに会うのだが、簡単には真実にたどりつけない。そんな中、息子の友人がひとり、またひとりと自殺してしまう。彼らにいったい何が起こっているのか…。

犯罪の匂いがプンプンするような出だしだったのですが、この作品は犯罪モノではなく、微妙な思春期が生み出した悲しくせつないお話。

貫井徳郎の作品は初めて読んだのですが、結構読みやすく面白かった。
が、絶賛するほどではないかな…。
それはこの文庫が2000年に発売になったという時代錯誤も多少あるし、宮部みゆきや重松清といった、登場人物ひとりひとりの感情やそれぞれの背景を丁寧に書く作家の作品を読みなれているせいか、全体にあっさりとした感じがするのです。。。

携帯やパソコンが登場しないと「コレは古い作品だな」とすぐわかってしまう。
もしもコレが中学生でも携帯を持つ今だったら、もっと違う話になっていたかもしれない…そんな気さえします。

時代モノやSFモノはそーでもないけど、そーいう意味でも最近の現代小説は旬のうちに読んだ方がいいみたい。
そんなことを思ってしまいました。。。

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »