« 卒業記念のTDR | トップページ | マンガ色々 »

2012年4月 9日 (月)

三匹のおっさん

3
少し前になりますが、有川浩の「三匹のおっさん」を読みました。

定年を迎えた熟年=おっさん3人が活躍する愉快で爽快な作品。
一般企業で定年を迎え、嘱託で否応なしにゲームセンターやボウリング場を営む娯楽施設の経理業務に再就職するおっさん①。
経営していた居酒屋を息子夫婦に譲り、のんびり隠居生活に入ったおっさん②。
妻に先立たれ、男手ひとつで娘を育てながら精密機器の会社を細々と経営するおっさん③。

幼馴染でもあるこの3人。おっさん①は剣道の達人、おっさん②は柔道の達人、そしておっさん③は頭脳派で手先が器用…危ない自家製武器を所持。。。
とまぁ、昔のワルガキトリオがそのままおっさんになっただけ。
時間とヒマを持て余したおっさんたちは、孫や娘を巻き込み、身近な事件を次々と解決。

その事件の内容が恐喝、痴漢、詐欺に小動物虐待と本当に近所でおきていることばかり。
最初はウザがっていたおっさん①の孫(高校男子)も、じじぃたちのやり方、度胸を見直していく。

いくつかの短編になっているので読みやすいし、テンポもよく会話の内容も楽しい。
すでに続編がハードカバーで発売されているので、早く読みた〜い…けれど文庫になるのを待とうか思案中。。。

年代問わず楽しめる作品。本が苦手って人にもオススメです。

« 卒業記念のTDR | トップページ | マンガ色々 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 卒業記念のTDR | トップページ | マンガ色々 »