« やっと春がきた! | トップページ | 春満開 »

2012年4月20日 (金)

澪とフジコ

Photo_2
最近読んだ文庫2冊を紹介。

同僚から借りた高田郁の「八朔の雪」。みをつくし料理帖シリーズの1作目。

江戸時代、子どもの頃に災害で両親を失った澪は、生まれ故郷の大阪で老舗の料理屋に奉公していたのだが、店が家事になり主人と女将と共に江戸へ来る。
江戸で分店を任されていた倅を頼って上京したものの店は人手に渡り、倅は行方不明。
心労から主人は病死、残された女将と澪は粗末な長屋で暮らし始める。
途方にくれる澪だが、小さな蕎麦屋で働き始め、やがて料理も手がけるようになる。
だが大阪と江戸では味噌の味も違えば、出汁のとり方も料理法も違う。自慢の料理も江戸の人には合わず失敗の繰り返し。が、持ち前の踏ん張りで江戸の庶民が喜ぶ独自の料理を次々と作り、少しずつ認められていく。

悲しく辛い過去、行方知れずの倅と澪の幼馴染、ライバル店の出現と次々と振りかかる困難。
でも常に前向きな人柄と熱意に周囲の人々が力を貸し、少しずつ前に進んでいく澪。

江戸の庶民の暮らし、食、人情などが時代劇を見ているように流れこんでくる。
すごくいいです。
このシリーズはすでに何冊も出ているので続きがとっても楽しみ。
巻末に澪が作った料理のレシピがついているのも嬉しい。
お話に出てくる「とろとろ茶碗蒸し」はめちゃ食べたくなりました。
普段はあまり時代小説を読まない私でも、とても読みやすく楽しめました。

Photo_3
もう1冊、以前からずっと気になっていたのですが、あまりにストレートな題名と装丁、そしてダークな気分になりそうで敬遠していた「殺人鬼フジコの衝動」。
少し前に本屋で平積みされていた限定版を発見。本編の他に薄い文庫がセットになっているではありませんか…。
これはきっと私に読みなさいと言っているのだと思い、ついに購入してしまいました。

はい、思っていた通り、かなりダークなお話です。
15人以上もの殺人を犯すフジコの生涯が描かれているのですが、その書き出しといい、終わり方といい、すごくミステリーな要素も高い作品。
最後の最後に「えっ?」と思わせる結末に、何ともいえない感情でいっぱいになりました。

この殺人鬼と呼ばれたフジコは子どもの頃に一家惨殺人事件で家族を失い、叔母の家に寄せます。
そして今、気づいたのですが、澪もフジコも原因と時代は違えども家族を失った同じ境遇。
かたや自分を取り巻く人々に感謝し、人に喜ばれる料理を作ることに精を出す澪。
かたや自分の境遇を呪い、自己中心的な生き方しかできなかったフジコ。
何が違うのかというと、それぞれの育ってきた環境がその後の彼女たちの人生に大きく影響しているように思えます。

澪の父親は腕のいい漆職人で、母は質素で優しく働き者。災害が起こるまで澪は愛されて育ってきたのです。そして父親の仕事ぶりを認めてくれた人の縁で澪は老舗料理店の奉公の口を得ることができたのです。

一方フジコの両親は見栄っ張りで酒癖が悪く、幼い頃、フジコは虐待を受けていました。
引き取られた叔母の家では肩身の狭い思いをしながら、周囲の大人や同級生たちの目を気にしながら生きていきます。
残酷な殺人を繰り返すフジコですが、歪んだ心の成長は過去のトラウマと両親から受けた虐待が根底にあり、誰かから愛されたいと思う気持ちが人一倍強かったとても悲しい女性だったのです。

そうそう、限定版についてきたミニ文庫「私は、フジコ」も面白かったです。
どうやらこの短編に次の作品のヒントが隠されているとか…そんなこと言われると次も読まなくちゃいけなくなってしまう。。。

人間の悪や闇の部分を書いた作品が多いと書評にあった真梨幸子。
この作品で私は初めて読んだのですが、ちょっとダークすぎてしばらく間を置いて次回作に取り掛かろうと思います。面白いことは面白いんですけどね…。

« やっと春がきた! | トップページ | 春満開 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« やっと春がきた! | トップページ | 春満開 »