« 白雪姫と鏡の女王 | トップページ | 秋晴れのドックラン »

2012年9月26日 (水)

最強のふたり

Photo映画館の予告を見て、絶対見たいと思っていた「最強のふたり」を見てきました。

事故で首から下、全身麻痺している大富豪フィリップが雇った新しい介護人は、スラム街出身で前科歴のある黒人青年ドリス。
フィリップを障害者として憐れむことなく、一人の人間として接するドリス。
無作法だが陽気なドリスは、堅物ばかりのフィリップの周囲の人たちをも巻き込んでフィリップに笑顔と楽しみを与える。

そしてまったく違う環境で暮らしていた彼らの間には、しだいに友情が芽生え…。

実話を元にしたというフランス映画。
テーマは重いのですが、とにかく笑える場面がいっぱい。
そしてすごく考えさせられ、すごく心に残る作品。

短い期間しか上映しないのがすごく残念ですが、一人でも多くの人に見てもらいたい…。

今月は今までにないくらいたくさん映画を見ました。
どれも面白いものばかりでしたが、一番よかったのがこの作品。

最高にオススメです。


« 白雪姫と鏡の女王 | トップページ | 秋晴れのドックラン »

コメント

この映画の予告だけで笑ってしまうよねー。
ご本人達の希望で絶対おもしろおかしく作って欲しいってことだったんですよねー。
フランス映画ってどうも耳慣れない言葉で苦手な部類だけど、
これは私も見たいです。

いよいよ9月も終わりですね~。
行楽の秋だ!!

ラムママ様

お久しぶりです。
そう、もっと号泣させる映画かと思ったら、笑いの方が多かった。
でも、すっごく人間味のある作品で、貧富の差とか住んでる世界の差なんかもさりげなく表現されていて…。

絶対見て欲しい作品。
ハリウッド大作じゃないから、10月上旬で終わってしまうのでご注意!

8日楽しみにしてまーす。。。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 白雪姫と鏡の女王 | トップページ | 秋晴れのドックラン »