« 秋晴れのドックラン | トップページ | ディズニーシーのハロウィン »

2012年10月15日 (月)

ハンガー・ゲーム

Photo_2
土曜の夕方、長女と「ハンガー・ゲーム」を見てきました。
 
予告も面白そうだったし、アメリカでベストセラーになった小説の映画化ということで、人気作品なのかと思いきや…すでに1日2回の上映。
それも吹き替え。。。
 
後でネットのレビューみたら、散々な書かれ方をしていました。
が、私は結構面白かったし、良かったと思います。
 
この手の大金や命を賭けたゲーム題材の作品は、最近日本のマンガ ⇒ 映画化と続いています。
「カイジ」「ライアー・ゲーム」「インシテミル」等。
 
それが海外版になっただけなのかと思いきや…スケール違うし、設定が全然違う。
レビューでは「ゲーム開始までの前置きが長い」と酷評していた方がいましたが、そこが逆に良かったと思う。
 
殺し合いのゲームシーンだけなら「バトル・ロワイヤル」と変わんないし…。
 
富裕層の奇妙で奇抜なファッションやメイクと貧困層の暗い表情と町並みが対照的で、近未来とはいえ、今後現実に起こりうる世界のような感じがしました。
(余談ですが、あさのあつこの「No.6」の世界感に似ている気がした)
 
近未来のある国で毎年開催される「ハンガー・ゲーム」。
1~12までの地域には貧富の差があり、各地区から無差別に選ばれる(もしくは立候補)12~18歳までの男女、総勢24名が命をかけて戦う。
 
力のある地区では、エリート殺人者を育成してこのゲームに望み、傍観者である首都の富裕層はお気に入りのプレーヤーのスポンサーとなって楽しむ。
非情なゲームの舞台裏とプレーヤーたちの駆け引き、貧困で苦しむ12地区から妹の代わりに出場するヒロインの強さ。
 
2時間以上の作品でしたが、まったく飽きることもなく楽しめました。
そしてこれはまだ物語の半分。続編の上映も決定。
ストーリー的には次回がこの物語の核心にせまるものではないかと今からすごく楽しみです。

« 秋晴れのドックラン | トップページ | ディズニーシーのハロウィン »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋晴れのドックラン | トップページ | ディズニーシーのハロウィン »