« 2012年10月 | トップページ

2012年11月

2012年11月24日 (土)

Popcorn大阪遠征

Img_4471_2とってもとってもご無沙汰でした。

本当に久しぶりのブログ更新です。
ここ1ヵ月ほど、次女と私は嵐のコンサートのことでいっぱいで、なかなかブログにたどりつけませんでした。
 
9月の国立競技場で行われた「アラフェス」で5大ドームツアーが発表され、ファンクラブ先行予約に申し込んだものの見事落選。
次女のお友だちの嵐ファンも全滅。
 
「アラフェス」ではFC枠でも32倍とも言われた嵐のコンサートチケット。
通し番号と言われているファンクラブの会員番号は、すでに130万番台になっているとか…。
 
多分、ジャニーズの中でも今、一番チケットが取れないアーティストだと思う。。。
オークションではFC枠が発表になった翌日から、正規価格の3〜10倍という恐ろしいほどの高値で取り引きが開始され、mixiや各種掲示板でチケット譲ってください。交換してくださいメセージが飛び交っていました。。。
 
「今回は諦めるしかないな…」と思っていた私ですが、次女は「絶対あきらめない」と強気発言。
自分の貯金を崩してでも行きたい!と決意。
ならばできる限りのことを…と東京時代の友人にメール送ったり、色々と情報収集をしているうちに、なんと一般発売を行うとの告知が…。
 
ファンクラブに入っていてもなかなか手に入らないチケットなのですが、独占禁止法で少量でも一般販売をしなくてはいけないとか…。
とはいえ、各会場数十枚ではないかと言われている一般枠。
ローチケの特電での予約。
もうこの際、札幌でも大阪でも名古屋でも、どこでも取れればいいと、家の固定電話と家族の携帯を使い、友人たちへも電話協力依頼して電話予約に臨みました。
 
初日の札幌は2時間後につながったものの、キャンセル予約。
で、翌日に行われた大阪の電話予約で、なんと私のiPhoneが一発目につながり、奇跡のチケットを4枚ゲットできたのです。
それもツアー初日。。。
 
それから一緒に行くことになった次女のバレエのお友だちママと連絡を取りながら、飛行機と宿の手配。
開催2週間前に決まった大阪遠征の準備で大忙しの日々でした。
 
1枚目の写真は次女と一緒に参戦したお友だち。
新潟空港から大阪に向かう姿です。
次女は初飛行機で、ちょっとドキドキ。
Img_4477
以下、初参戦の感想です。

「Popcorn」というタイトル通り、本当にボップで楽しいライブでした。
移動するステージやサイドの通路、極めつけはスタンド席に近づいてくれる気球に乗って登場。。。
演出もすごく考えられていて、どの席にいても楽しめる構成になっている。

噂では聞いていたけど、本当にファンに少しでも近づけるように工夫されていて、めちゃ楽しいコンサートでした。
いや、コンサートっていうよりショーだね。

Img_4535 松潤が「オレたち5人で幸せにしてやるから~」っていうお決まりのセリフ言うんだけど、本当に幸せな気分になれました。

とても肉眼では表情まで確認できる位置ではなかったけど、 双眼鏡も用意していったから、バッチリ顔見れました。

MCもテレビ同様笑えて、相場君いじられまくり。
翔くんが「久しぶりにキャーキャー言われていい気分だぁ~」って言えば、松潤が「もっとキャーキャー言ってくれ~」って(笑)

今回は5曲も大野君振り付けがあったり、それぞれのソロでは個性的な演出があって  
本当に5人が時間かけて作っているんだって感じました。

Img_4489 最初から最後まで本当に良かったんだけど、ニノのソロが一番印象的。
白いグランドピアノで弾き語り。
思っていた以上に歌もうまい。 あの姿だけはテレビでは見れないものだと思いました。

次女も一緒に連れていったお友達も大満足。
終わってからはしばらく興奮気味におしゃべりしてたけど、翌日はみんな魂抜けたみたいになってた。

「昨日の開演3分前にもう一度戻りたい」って…私も同じ気持ち。
すっごく苦労して手に入れたチケットで、すっごく楽しみにしていたから、終わってしまったのがすごく悲しい。。。

当日は昼ごろの飛行機で移動。

大阪まで1時間半。
新幹線で東京行くより早い。

ホテルに荷物だけ預けて、ドームについたのが2時半頃。
グッズの行列を覚悟していたのんだけど、2日前からプレ販売していたのと、平日だったということもあり、並ばずに買えてラッキー。

Img_4534 会場ごとに色が違うイヤホンジャックの売り切れを心配していたんだけど、何とか購入できてよかった。
その数分後に売り切れたらしいし、最終日の日曜には朝10時半で売り切れたらしい。。。

嵐はそれぞれイメージカラーがあって、大阪は相場ちゃんカラーのグリーンのイヤホンジャックでした。
どこの会場が誰のカラーなのかは、始まらないと分からない。
嵐のマスコットロゴの裏に会場名と日付が入っているレアなグッズで、5色揃えたいってファンが多い。
なので掲示板上では「◯◯会場購入できます。◯◯と交換してください」がいっぱい。

実際、長女の友だちや親戚の子など、他の会場のチケットが取れた子から「交換してください」と頼まれたので多めに買ってきました。

初参戦で驚いたこともたくさんありました。
駅からドームまでの通路、いや、駅の改札を出たところから「チケット譲ってください」って紙を持って立っている子がたくさんいる。

それも一人で立っている子がほとんど。
なんだか切なくなっちゃった。
もちろんダフ屋のおじさんもたくさんいたけどね。

で、実際一人で参加している人もすごく多くてびっくり。
さらに平日だったこともあり、どう見ても私より年上だよねっていう女性がすごく多い。

私たちみたいな母娘もいれば、おばさん2,3人もいるし、Img_0032 ベビーカーの小さい子連れた夫婦もいる。
思っていたより男性客もいたし、小さい子連れの家族席も用意されている。

本当に幅広いファン層なんだと驚いたよ。

そしてドーム外には音モレを聞いていたファンが600人いたとか…。
野外ならまだしも、ドームって音モレするの?

私たちが行った日は天気が良くて、昼間は本当に暖かったから、外で待っていても全然平気だった。
でも翌日は冷たい雨だった。
これから札幌公演。寒い中、やっぱり外でグッズ買ったり、紙持って立ったり、音モレ聞いたりすねのかな…。
考えただけでなんだか切なくて悲しくなってしまう。

違法チケットや高額チケット、おまけに詐欺にあっている子も多数いるらしく、嵐のFCサイトではメンバーが自身がチケット購入についての動画メッセージを配信している。

お金もいっぱい使ってしまった遠征でしたが、思っていた以上の充実感と幸福感に包まれたので◎。
一般枠だったから席はあきらめていたんだけど、私たちよりもっと上の席の人もいて、思っていたより近かったのも嬉しかった。でもやっぱりアリーナで見てみたい。

でも外にいるファンの子たちを思えば、その場にいられることがどんなに幸せなのかしみじみ感じたよ。

これもよく言われていたことだけど、嵐のコンサートは一回行くとマジ病み付きになります。
帰ってきて抜け殻になっていた次女も、テストが近づいてきてようやく日常に。
今は、昔、嵐がやっていた深夜番組のDVDかりてみて大爆笑してます。
こんな時代があったから、今の彼らがあるんだと…。

以上、嵐コンサート初参戦、大阪遠征のご報告でした。

« 2012年10月 | トップページ