2010年7月31日 (土)

Wiiでカラオケ

Pktop_03今日、長女とおでかけをした車中、「オンチだから友だちとカラオケ行くのイヤなんだ」という話をしていました。

「オンチっ直る?」って聞くので、「とにかくいっぱい歌って、得意な歌作ればいいんじゃない…」って言ったら、「じゃ、家で練習できるようWiiのソフト欲しいなぁ~」って。。。

家に帰ってきて夕食時にそんな話をしたら、次女も「欲しい~」って言い出し、「これから買いに行く」ってことになってしまいました。

100731078
確かに我が家は私も長女も次女もかなりオンチです。。。

オンチの気持ちはよくわかるし、次女はそれで音楽の時間に歌うのイヤで、学校では口パク。。。
おかげで1学期の通知表の音楽の歌のところは最低ランクの「がんばりましょう」でした。。。

長女は友だちとカラオケ行きたいけど、恥ずかしくて歌えない…って。。。それもわかります。

珍しく二人が意気投合し、半分ずつおこづかいを出しあうという約束をして、夕食後に3人で買いに出かけました。

夏休みの土曜とあって、ビデオショップは大繁盛。こんな時間でも車がいっぱい。。。

ところがいつも行くゲーム屋さんに「JOYSOUND」の中古も新品も置いていなくて、さらに足を延ばして違う店へ。

100731083 手ごろな価格の中古をゲットしてご機嫌で帰宅。
入浴後、さっそく歌いはじめました。

ソフト自体は古いけれど、Wii ポイントを使えば1,000円で1ヶ月有料サービスの歌が歌い放題とのこと。。。
明日から8月だし、夏休み中、友だちがきても一緒に歌えるってことでポイントも購入しました。

これから毎日二人の歌を聞かされそうです。。。

2010年1月15日 (金)

UNO~

1お正月休みに家族や親戚と定番のドンジャラで遊びました。

そしてその後に我が家でブームになったのがこの「UNO」です。

左が昔から私が持っていたUNO。たぶん独身時代のものだと思います。。。

2懐かしい~と思う人もいるのでは…。

さすがにカードは折れていたり、色も黄ばんでいて、娘たちは「臭い~」とまで…。

そこで先週末にトイザらスへ行った時に新しいUNOを買ってきました。


3 今度のUNOは色鮮やかで、Drow、Skip、Wildといった特殊カードがマークになっています。

これなら子どもでも簡単に覚えることができるし、意味もよく分かる。

UNOのカードも進化しているんですね。。。


UNOの基本ルールは同じでも、「ドロー2の次にドロー4も出せる」とか「絵札で上がることはできない」など、細かい部分で私と長女たちのルールに違いが…。

今回新しいUNOにルール説明があったので、あいまいな部分がクリアになってスッキリ。
おばあちゃんにもやり方を教えて、夕食後にUNOをやる日が続いています。。。

4_4 冬になって、外で遊ぶことが減った娘たち。

WiiとDSのゲームソフトも新調しました。

テレビCMでおなじみの「ニューマリ」こと「ニュースーパーマリオブラザーズ」。

リモコンの数があれば数人で遊べるので、競うというよりも、協力しながら先に進んで行きます。。。

私はファミコン時代からマリオはとっても苦手なのです。。。ジャンプがうまくできない…なので娘たちと一緒にやっても「お母さんヘタクソ」と叱られてばかりいます。。。

5 DSはポケモンのゴールドとシルバー、何がどう違うのか分かりませんが、長女がゴールド、次女がシルバーをそれぞれ自分たちの小遣いで購入。

ポケモンを交換したり、それなりに楽しそうに遊んでいるようです。。。

しかしポケモンも根強い人気だなぁ~。

最近はマクドナルドとコラボして、DSを持っていけばダウンロードとかできちゃうみたいだし、今時のゲームは私たちの子どものころでは想像もつかない世界になりつつあります。。。

そして本屋に行けば、攻略本の厚さや種類の多さにビックリ。
ゲームに関してはその進化の早さについていけなくなっている母です。。。




2010年1月13日 (水)

たまごっち

1日曜日、次女が「お年玉で買いたいものがあるんだけど…」とおねだり。

最初はなかなか何が欲しいのか言わなかったのですが、どうやらマンガ「ちゃお」に載っていた最新のたまごっちが欲しくなったようで、トイザらス出かけました。

今度のたまごっちはカラー画面で、省エネタイプ。時間がたつと勝手にモニターが消えます。。。

さすがに4年生にもなってたまごっちを買うというのは恥ずかしいのか、トイザらスでもモジモジモードで可愛い次女。

ところが、まだまだ人気のあるたまごっち。トイザらスでは品切れでした。

そうなると、どうしても今日中に手に入れなくては気がすまない次女…。
「ネットなら安くて色も選べるよ」と言っても「今日どうしても欲しいから待てない」とのこと。

仕方なく帰り道、アピタに寄ってみると白が2つだけ残っていました。
本当はピンクが欲しかったらしく、アピタからジャスコや他の玩具店に電話で在庫を確認。

でもピンクは一番人気らしく、どこにも在庫ナシ。。。
「ピンクは子どもっぽいから、白の方がお姉さんっぽくていいんじゃない?」という私の言葉に渋々OK。何とか手に入れることができました。

レジにも自分で行かず「ママ買ってきて」と…恥ずかしがっている姿が何だか微笑ましかったです。

2 我が家には長女の子ども時代からの歴代のたまごっちがたくさんあります。

壊れて捨ててしまったものやどこかに片付けてしまったものもあるので、もう何種類かあったのですが…。

一番右が古いタイプ、その後アンテナがついて、さらに「たまごっちプラス」「ケータマ」「エンたま」横型の「全員集合スクールバージョン」ととにかく次々と新商品が登場。。。

3 こうして並べてみると新しい「たまごっち-ID」はデカイ!!

ストラップで首からぶら下げると重そうだし、電池もボタン電池でなく単4電池2本使用。

携帯から専用サイトでおやつやグッズをダウンロードして、それを赤外線でたまごっちに送ると、おやつやグッズをドンドン増やせるらしい。。。

4 お値段も今までに比べるとグンとお高めで、定価だと5000円もします。

たまごっちを手に入れてからは、DSもほとんどやらず、大切そうに手で包んで、ほのぼの遊んでいる次女。

まぁ、いつまで続くかわかりませんが、ポケモンのバトルよりはいいかもしれないと思っている母です。。。

ゲーム続きで次回は最近購入したDSやWiiのソフト、カードゲームを紹介しまーす。

と、ここまで書いて何気にネットオークションやAmazonで「たまごっち-ID」を検索してみたら…なんと驚きの価格で販売されています。

もしかして品薄で価格UP!? オークションでも最終的には定価以上、Amazonにいたっては9800円とかいう値段がついている~。

「うそ~、もしかして超人気なの~。もう1つ買ってオークション出せばよかったのに~」と長女が隣りでわめいています。

 

2009年11月 1日 (日)

Wii Fit plus

Rimg0003今日は娘たちと久しぶりに3人でお出かけ。

次女のヒップホップも一段落、バレエのレッスンもなし、そして行事もなかったので、珍しく3人予定ナシの日となりました。

ようやく長女を美容室に連れて行けることになり、何ヶ月かぶりに髪をカット。

伸びきった髪をすっきり揃えてもらいました。

その後、食事をして「伊勢丹にいきたーい」という次女の希望で万代へ。

どーやら、同級生でいつも伊勢丹で服を買ってもらっているブルジョアさんがいるらしく、どんな服が売っているのか、見たかったらしい…。

ところが、お上品な服は次女好みではもちろんないので、早々に伊勢丹を後にしLOFTへ。

そこでも特に欲しいものが見つからず、3人でドーナツでお茶をしながら、娘たちは購入したばかりのDSのソフト「ポケモン」を仲良くやっていました。

ここしばらく、DSに触ることもなかった長女が珍しく欲しいといったソフト。
自分の小遣いで買うということで、購入。
二人で顔をくっつけて楽しそうにゲームをする姿も久しぶりに見た気がします。。。

Rimg0005 そして帰ってきてからは、昨日購入した「Wii Fit plus」でこれまた仲良く遊んでいました。

写真はカンフーに挑戦中の長女。

新しいゲームが増えた他、ヨガや筋トレのメニューも増え、マイメニューでは自分のトレーニング管理もできるようになったようです。

さらにペットや赤ちゃんの体重も量れるし、ゲーム途中で他の人と交代することも可能。

Wii Fit に飽きてきていた娘たちも、また競うようにテレビの前に立つようになりました。

Rimg0006 この分では、私がじっくり取り組めるのはまだまだ先になりそうです。

それにしても運動神経のいい次女は当然ですが、のんびり、まったりの長女もなかなかいい感じで新しいゲームをクリアしていきます。。。

母も負けじと頑張らねば…。

写真は長女の奮闘ぶりを、からかいながら応援する次女。。。

これから寒くなって外もなかなか走れないし、体育館にも行きずらくなるので「Wii Fit plus」大活躍しそうです。。。

2009年6月14日 (日)

給付金でゲット

090614ds以前から次女が欲しがっていたDSiを今日ゲットしました。

親戚から借りて使ってはいたのですが、使い方を知れば知るほど、DSLiteにはない機能、ゲーム以外の楽しみを知り、どーしても自分用が欲しくてしかたなかった次女。

さらに新しい色が加わったこと、そろそろ借りっぱなしではマズイということもあり、給付金で買いたいと言い出しました。

小さくなった自転車も買い換えたいという話もあり、どちらにするか迷っていたのですが、やはりDSiがいいと自転車は来年のお誕生日までガマンすることに。。。

とはいえ、DSLiteを手に入れるときも一筋縄ではいかなかった相手、それはダンナさま。
今回も「給付金があるから…」というのは説得力にも欲しい理由にもならず、私やおばあちゃんを巻き込んで、何週間も前から作戦を立てていた次女。

「次に父さんが帰ってきたらお願いする」ということで、帰ってきた金曜の夜に話し合いが持たれたのですが、やはり簡単にOKは出ません。

自分ではうまく言うことができず、泣いてしまう場面もありましたが、ヒップホップ、バレエ、学校の宿題とがんばっている次女の様子ももちろんわかっているダンナさま。
これからは今までのがんばり+家族や家のためにもなること=お手伝いを毎日何かやる。
疲れてイライラすることもあるだろうけど、わがままをガマンするよう努力すること。
手帳、シール、ガチャ、キーホルダーなど、安価なものだけど欲しいとすぐ手に入れてた次女。そーいう細かいモノも、本当に必要かよく考えて、できるだけガマンすること。

などなどの条件を出し、土曜日1日、次女の様子を観察して決定するということに…。

がんばりました。土曜日1日は、とにかくがんばりました。
起きたときの不機嫌さもガマン。髪がうまくまとまらなくてもガマン(かなり不機嫌な表情でしたが…)、夕方は積極的におばあちゃんのお手伝い。。。

090614ds2 そして土曜の夜に再度話し合い。
めでたくダンナさまの許可がおりて、今日の午前中にさっそく買いにいきました。

次女が選んだのはピンク。次女にピッタリのカラーです。

念願のDSiが手に入り、今日は機嫌も絶好調。。。
まぁ、このご機嫌モードもいつまで続くかイマイチ不安ですが、手に入れるために味わったツライ気持ちを使うたびに思い出してくれればいいなぁと思います。

2年前、長女はDSLiteが欲しくて欲しくて大泣きし、さらに姉妹二人で1ヵ月間の約束と課題をクリアしてようやく手に入れた時のことを思い出しました。

そんな長女も中学に入ったら、ほとんどゲームをすることがなくなりました。
きっと次女も夢中になっているのは小学生のうちだけなのでしょうが、彼女にとっては大きな試練を乗り越えた気分だと思います。。。

余談ですが、ダンナさまと話し合いをしているとき「2週間後にまた帰ってくるから、その時まで約束が守れるか見てからだ…」と言われたのですが、彼女としてはずっと前から今日を待っていたわけで、あと2週間待つというのはかなり絶望的なことだったようです。

そしてその時に言った言葉が「大人には2週間なんてあっという間かもしれないけど、子どもにとっては2週間ってすっごく長いんだから…」と。。。
そのセリフを聞いたとき「確かにそーだよなぁ~」と思いました。

長女も「お母さんの1日と私の1日の長さは違うんだから…」とよく言います。
自分が小、中、高の時のことを思い出すと確かに1日、1週間は長かった。子どもたちが小さい時の1日、1週間も長かった。
でも今は本当にあっという間の1週間、1ヵ月、1年。。。
時間のことだけでなく、大人の視点や考えは、そう簡単に彼女たちの現在に置き換えられないんだとしみじみ感じました。







2008年7月20日 (日)

ホイップがいっぱい

080720014少し前に紹介したDSのホイップデコ。ヤフオクで落札したのですが、その後、とってもいい出来事がありました。

実は落札した品物は定形外郵便で届いたのですが、ちょうど全国的に猛暑の日で、ラッピングのビニールにデコレーションの一部が溶けてくっついていたのです。

「届きました」と出品者に連絡する際に、その旨を書き添え、可能なら送料と材料費を払うので、もうひとつ作ってもらえないかとダメもとでお願いしてみました。

溶けた部分の画像を添付して送ったところ、「これはいけません、作り直して再送します」とすぐに対応してくださいました。

翌日には先方から新しく作った二つの作品の画像が添付されてきたので「娘にきいてどちらがいいかお返事します」とメールを入れたら、「いえいえ、二つともお送りします。よかったらお使いください。最初の溶けてしまったものも、そのままお持ちいただいてけっこうです」という、とても親切な応対をしていただきました。

そして新しいDS用ホイップデコ2つと、おまけの小さなホイップデコがゆうパックで到着。落札した金額はたいした額でなかったので、本当に申し訳なく、良心的な対応に私も娘も大感激。

何かお礼をしたいと思い、我が家で作っているコシヒカリを少しだけですが送りました。昨日、そのお礼の返事が届いたのですが、とっても喜んでくれたようでよかったです。

次女は3つもホイップデコが手に入り、上機嫌。ひとつは長女に快く譲ってあげました。

相手の顔が見えないネットオークション。色々な方と取引きさせていただきましたが、本当に嬉しい出来事でした。

2008年6月24日 (火)

惨敗

080620029_2先週末、ダンナさまが帰ってきていました。

珍しく長女が「父さん、オセロやろう」と誘い、ふたりで何ゲームか真剣にやっていました。

「よし次は母さんと勝負だ!」と私も久しぶりにオセロ対決。

そして結果がこの写真…。そうです惨敗したのは私なのです。。。

少し前までは私に勝てなくて泣きモードになったり、手加減して勝たせてやっていたのに、いつのまにか腕を上げていました。ダンナさまにちょっとしたコツを教わったらしく、前半は私が有利だったのに、気がついたら大逆転。。。くやし~bearing

wiiのぷよぷよもまったく勝てないし、やはり若い頭にはかなわない。長女の成長ぶりが嬉しいやら、悔しいやら。。。

こうやっていつの間にか親を超えていくんですね。私の脳は衰えるばかりだし…。

先週は初めての学期テストで、ピリピリしながら毎晩遅くまで勉強していた長女。自己流で要領をつかめずあせってばかり。それでも何とかテスト期間を終え、ようやくいつもののんぴりモードなった週末の出来事でした。

2008年1月13日 (日)

レイトン教授

Photo_2ゲームソフトの紹介をもうひとつ。

長女がお年玉でDSのソフト「レイトン教授と悪魔の箱」を買いました。

前作の「レイトン教授と不思議な街」をお友達から借りてやってみたら、とても面白かったらしく、2作目をさっそく購入。テレビCMをやっていたので、知っている方もいると思います。

私も少しだけ見せてもらったのですが、コレがなかなか面白い。っていうか難しい…。

推理小説のように謎ときをして進んでいくらしいのですが、思っていたものとは違っていました。簡単な迷路やなそなぞもあれば、数学や理科を思わせる問題や文章の読解力が必要な問題もたくさんあって、大人でも時間をかけて解かなくては進めません。

いくつか問題を見て、何だか「頭の体操」に似ているなぁと感じました。そしたらパッケージの裏に「1200万部のベストセラー頭の体操の著者、多湖輝がナゾ監修」と書いてあるではありませんか…。なるほど…。きっとこのソフトを作ったのも私たち世代で、「頭の体操」にハマッた人なのかもしれません。。。

そしてもうひとつ、このゲームは画像がとってもキレイ。映画を見ているような美しいアニメーションで楽しませてくれます。

「脳トレ」や「柔らか頭塾」もいいですが、ひとひねりあるナゾ解きゲーム、オススメです。。。普段アタマを使わず、ボーとしている長女にはピッタリ。。。そんな長女が今、このブログを見て、「難しくてパスした問題もあるけど、一応全クリしたってことを載せておいてよ…」と言っています。。。

ちなみに2年生の次女には読めない漢字が多く、問題を読んであげなくてはいけません。それでも年末年始の休みに父さんと二人で謎解きを楽しんでいました。。。

我が家にフィットがやってきた

Photo

ついに「Wii Fit」を手に入れました。クリスマスあたりからずっと品切れ状態だったのですが、偶然ジャスコで発見。入荷したばかりだったようです。きっとこの3連休で完売するのでしょう。。。

しかし、連休に入荷なんてタイミング良すぎ…。これも商法なのでしょうか。。。

待ちに待っていた長女は大喜び。さっそく箱から取り出して、ボードをセット。これが結構重いのです。

最初は娘たちが交代で、色々なゲームやトレーニングを開始。そして私も登録してもらって、チャレンジ!

スキーやジャンプは簡単で楽しめますが、フラフープは1回やると足腰が…。綱渡りはまったくダメ。ランニングも続けると疲れるし、ヨガにいたってはフラフラ状態。筋力トレーニングはけっこうキツイ。。。

誰かと争うのではなく、自分との戦い。。。毎日は無理でも時間を作って少しずつ続けていけたらなぁ~。

色々とやっていくと、トレーニングメニューが増えていくのも楽しみですし、周りで応援してくれているのが、我が家のWiiに登録してある様々なMii(キャラ)なのがこれまた楽しい。

似顔絵チャンネルで登録したMiiは娘たちが日々増やしており、さらに誰かが作ったMiiを持ち帰ることで、有名人そっくりのMiiたちがたくさんいます。

ゲームソフトだけでなく、Wiiチャンネルだけでも結構と楽しめるWiiは使い続けることで、新しい発見も!この連休は娘たちと基礎体力作りに励みまーす。。。

2007年9月16日 (日)

ついにDSゲット

Dsついに、ついに我が家にDSがやってきました。

昨年の12月27日に「我が家にWiiがやってきた」というタイトルで書き込んだ記事を覚えていらっしゃる方もいると思いますが、うちでは携帯用ゲームは持たせない主義をずっとつらぬいてきました。

長女は何度も涙を流し、次女は「ぜったい、ダメだよね~」と私に何度聞いてきたことか…。

ところが今年の夏休みに、ちょっとしたきっかけ、DSゲットへの道が開けたのです。

今では周りを見渡すと、持っていない方が不思議なくらい小学生の間に普及しているDSもしくはPSP。そう、大人で携帯を持っていない人が珍しいくらいの確率かもしれません。

そんな中、自分たちが買ってもらえることがないことを承知している娘たちは、いつも友だちが遊びにきたり、遊びに行くと借りて遊ばせてもらっていました。みんな快く貸してくれるのですが何人かに「○○ちゃんも買ってもらえば」と言われていたらしく、「うちはムリなの…」と説明すると「ふ~ん」って言われた。。。とちょっと悲しそうな表情で私に教えてくれていました。

確かにせっかくお友だちと遊んでいるのに、次女はDSに夢中。短い時間だけしかできないから、なおのこと友だちそっちのけで遊んでいるような場面も…。

「これではいかんなぁ」と何度か注意はしたものの、友だちに毎度毎度「かして」とお願いする時の切ない気持ち、そして「なんでうちだけDSダメなの?」と小さい心をかなり痛めていたようです。

そして先月のお盆休み、ダンナさまが帰ってきたときに、今まであきらめていただけの次女が自分から「おとうさん、おはなしがあるの」と勇気をふりしぼって話をしました。

どうしてもDSが欲しい。そしてどうして欲しいかその理由を自分の口で説明しました。前々から欲しかった長女も応戦。このときばかりはめちゃ仲良し姉妹に変身。ふたりで何とか父親をくどき落とすべきがんばりました。

事前に彼女たちの気持ちを私からダンナさまには伝えていたのですが、本人たちの口から真剣にお願いしたのは初めて。そこでダンナさまは「気持ちはよくわかった。でも簡単に手に入れられるとは思わないように」とふたりに手に入れるための条件を通達しました。

それは約束事を自分たちで決めて、それを1ヵ月守ること。色々と相談した結果、仲良くする、それぞれ具体的なお手伝い、仕事を決めて毎日続ける。そして毎日読書をするといった内容です。

それを紙に書き、スケジュール表を作り、毎日達成できたかおばあちゃんに判断してもらってハンコを押してもらう。(長女が消しゴムハンコを作成)小学生のふたり、特に次女にとってはなかなか難しい課題です。

Dsちょっと危ない日も何度かありましたが、何とか1ヵ月終了。そして今日、念願のDSを購入するにいたったのです。。。

本当は1台だけの予定でしたが、1台だけでは取り合いになるのが目に見えるので、長女の誕生日祝いにもう1台購入。長女はシルバー、次女はホワイトにしました。

それぞれお気に入りのソフトもひとつずつ購入。大きな出費となりましたが、本当に嬉しそうなふたり。特に次女は夢にまで見た自分のDS。大切に大切に枕元に置いて眠りにつきました。。。

本当に1ヵ月がんばったね。ふたりともやればできるじゃん。欲しいモノを手に入れるにはそれなりの努力が必要。ちょっと厳しいかもしれないけど、いい勉強になったと思います。

より以前の記事一覧