2012年10月24日 (水)

ディズニーシーのハロウィン

Img_4132_3先週末、次女と深夜バスでディズニーシーへ行ってきました。
 
今回は1週間前に行くことを決めたという強行スケジュール。
金曜の23時発。
私は初バスでのディズニー行き。
寝れるか心配でしたが、途中から熟睡できたし、ラクラクシートだったので体もそんなに痛くなりませんでした。
 
土曜の早朝着。東京に住む仲良し家族と朝イチにシーの入り口で待ち合わせ。
大学生のお姉さんが入場と同時にダッシュで新アトラクション「トイ・ストーリー・マニア」のファストパスをゲットしてくれました。
その間に残りのメンバーは「インディ・ジョーンズ」にまったく並ぶことなくスイスイと乗車。
続いてお隣りのレイジングスピリッツも待ち時間ナシで制覇。
次女は初レイジングでした。。。
Img_4146
 
園内はいたるところにハロウィンの飾りがあって、すごくいい感じ。
 
センター・オブ・ジ・アースも50分待ちくらいで乗ることができ、午前中にメインの絶叫系を乗りつくしました。
 
センター・オブ・ジ・アースはいつも混んでいたり、運休だったりして私も次女も初乗車。楽しかった〜。
トイ・ストーリー・マニアとタワー・オブ・テラーのファストパスもゲットしたので、メインのアトラクションは予定通りに制覇できました。。。
 
Img_4155 ランチには早かったけれど、小腹が空いたのでちょっとブレイクタイム。
 
トイ・ストーリーのキャラクター、リトルグリーンまんは中にチョコとクリームの入ったお饅頭。
可愛くて食べるのがもったいないくらいでした。
 
午後からはそれぞれ別行動。
大人チームはハロウィンのパレードを見て、子どもチームはマーメイドラグーンで癒し系のアトラクションを堪能。
 
Img_4177
午後になると人出もすごく多くて、大きなダッフィーを抱えながら歩いていたり、バックに小さなダッフィーを何十個もつけているお姉さんを見かけたり。
 
そしてこの写真のダッフィーも一般のお客さんが持ち込んだもの。
結構年配っぽい人だったのですが、通りがかりの人たちが見えるようにキレイに整列させてくれて、みんな勝手に撮影しまくっていました。
きっとそれが嬉しいんでしょうね。。。
 
Img_4186
 
トイ・ストーリー・マニアは一番新しいアトラクション。
 
ファストパスはあっと言う間に終了してしまい、普通に並ぶと気が遠くなるくらいの時間。。。
 
シーの一角にあるこのゾーンは、他とちょっと違う雰囲気。
どちらかというとランドっぽい賑やかな場所。
夜のライトアップもかなり派手でした。
 
3Dのシューティングが楽しめるアトラクションで、メガネをかけて乗車。
ランドにあるバズライトイヤーやモンスターズインクよりずっと楽しかった。
手が痛くなるくらい撃ちまくり、ストレスを思いっきり解消してきました。
 
Img_4226 あたりが暗くなった頃にタワー・オブ・テラーに乗ったのですが、次女とお友だちのNちゃんは「やっぱり無理」と乗車拒否。
大人チームだけで絶叫してきました(笑)
 
混みあう前に早めの夕食を済ませ、あとはのんびりお土産見たり、空いているアトラクション乗ったり…。
 
今回、次女は「別に欲しいものない」と自分のものは何も買わず、お友だち数名にだけお土産を買っていました。
 
そんなこんなで長いようなでもあっと言う間に楽しい1日が終了。
閉園時間になって出口でお友だち家族とバイバイ。
私と次女は帰りのバスに乗るべくランド駐車場に向かったのですが…。
 
そこから大変な悲劇が…。 
なんと私が集合時間を1時間間違えていて、バスはとっくに出発していたのです。
 
不運だったのは、私のiPhoneが電池切れで連絡を受けられなかった事。
バスから何度も着信が入っていたのを、充電してから知りました。
 
電池切れは予測できたので、ダンナさまにバッテリー借りたのに、それを家に忘れてきたっていうのが一番の要因。。。
しかし、バス停にきても時間を間違えた事に気づかず、次女を引っ張り回してしまい、本当に可哀想な事をしました。
 
そんなこんなでウロウロしたり、次女の携帯で自宅にいるダンナさまに連絡取ったりしているうちに時刻はすでに23時。
 
半分パニックに陥っていた私に次女が「ママ、落ち着いて」と。。。
もう覚悟を決めて宿泊を考えなくては…ととりあえず東京駅に向かうことにしたところ、さっきまで一緒だった友だち家族から「家に着いたよ〜」と着信。
 
「実は…」と事情を話したら「新宿まできたら車で迎えいくからうちに泊まりな」というありがたいお言葉。
 
翌日、パパとママは朝早くからお出かけする事聞いていたので、とっても申し訳なく、とりあえず東京駅で駅員さんからホテルの一覧表をもらって電話したものの、空きがなかったり、めちゃ高額だったり…。
 
仕方なく友だち家族の言葉に甘えることにしました。
中央線の最終に飛び乗って新宿着。お迎えにきてくれた車で家についたのは24時を回っていました。
次女はそのまま歯磨きだけしてダウン。当然です。
 
翌朝、私達が目覚めた時はもうパパとママは出かけた後で、次女のNちゃんは部活に行くところ。
大学生の長女ちゃんが朝食の用意をしてくれて、少しゆっくり過ごさせてもらいました。
 
「せっかく東京きたんだし、原宿のジャニーズショップとかアイドルショップ行ってみる?」と次女に聞いたのですが「早く家に帰りたい」とのこと。。。
そりゃそうだよね。。。
で、11時頃の新幹線乗って駅までダンナさまに迎えに出てもらって無事帰宅。
はい、ダンナさまにめいいっぱい怒られました。
 
すべて私の責任です。反省。
まぁ、東京に土地勘があったのが救いでしたが…。
 
Img_4230
話を聞いてあきれ果てていた長女。
彼女に買ってきたのがこのお土産。
 
今まで見たことのなかったもので、ペンやシールでデコレーションできる人形らしい。
 
イタリア好きな長女にピッタリと思ってチョイスしました。
無地のものや各国の国旗のミッキーがめちゃ可愛い。
 
長女は私達が出発した日に修学旅行先の韓国から帰国したばかり。
その話はまた次回。
 
そしてもうひとつ。昨日23日はレニーの誕生日でした。
4歳になつたレニー。お祝いは週末にする予定なので、それもまた次回にご報告しまーす。
 
珍道中となった今回のディズニー行きでしたが、楽しかったなぁ〜。

2012年9月23日 (日)

最後の夏

Img_3717_2先週末は3連休でした。
朝から晴天の日曜日、次女が柏崎にできた新しい文化会館「アルフォーレ」で開催された洋舞踊協会の公演に出演したので、ドライブがてら見に行ってきました。

県内にあるバレエやモダンバレエ、ダンススタジオの教室が参加して開かれる公演で、色々なダンスが見れて結構楽しめます。

開演が午後3時だったので、海沿いの道をのんびりドライブ。
(次女はリハーサルがあるので朝から貸切バスで出発しました)
角田からシーサイドを走って、寺泊、出雲崎、そして柏崎へ。
写真は途中で休憩した時に撮った9月の海。
もう夏も終わりだというのに、34度くらいの猛暑日でかき氷食べてる人がたくさんいました。

Img_3751Img_3779
翌17日の祝日は少し早起きして最後の「大地の芸術祭」へGO。
この日が最終日ということで、まだ回っていなかった津南まで行ってきました。

この日も朝から晴天+強風。
津南に向かう途中にあるカーテンもご覧のようにすごい状態に。
この作品は6年前に作られた「たくさんの失われた窓のために」という作品。
6年前にも見に来たのですが、青空と緑の山々に囲まれた場所に設置された巨大な窓と白いカーテンは存在感があってすごくステキ。
この日も大勢の人が見に来ていました。

今回はピンポイントで数カ所だけ回ったのですが、津南地区で良かったのが右の作品。
廃業した機械工場を再生。
広くて暗い室内にぶら下がっているのは、蝋で固められた様々な柄のTシャツ。
中に小さな電球が灯されていて、幻想的な空間を創りだしていました。

Img_3840もうひとつ田園風景の中に現れたこの看板群も面白かった。

赤と青の看板には世界の名所や観光地が記載されていて、ここから矢印方向に◯◯キロ先にモナリザが在るっていう意味になっています。
表と裏には違う場所が記されていて、中には「ムーミン谷」なんておちゃめなものも…。
どんな場所が書かれているか、看板に沿って田んぼ道を歩きまわってきました。
津南の田んぼ道から世界を感じる…そんな感覚が面白い作品でした。

Img_3823ひまわりはもう終わっていましたが、せっかく津南まできたので少し足を伸ばして名水百選に選ばれている「竜ヶ窪」に立ち寄りました。

ここは5年前に娘たちと地域旅行で初めて来たのですが、静かな林の中に沸く水の冷たさと美しさに感動した記憶があります。

循環を続けているという水は変わらず透明度が高く本当にキレイでした。
水面には青空や周囲の木々がくっきり映り込んでいます。
名水と言うだけあって、冷たくてまろやかな水。ペットボトルに入れてきました。

Img_3885
夕方、早めに津南を出発し、ブヒ友もBanZorro家におじゃましました。
採れたての新米と竜ヶ窪で汲んできた名水がお土産。。。

久しぶりに会ったBanchooとZorroに体当たりで大歓迎してもらいました。
来月は一緒にお出かけできるから楽しみだね。。。

そんなこんなで今年の夏ももう終わり…。
今週に入ってようやく少し涼しくなってホッとしています。

Img_3906Img_3917
今日はスポーツ公園で動物フェスティバルが開催されているということで、本当に久しぶりにJILLとレニーを連れて行ってきました。

日陰は涼しいのですが、やはり日が当たると暑い、暑い。
たくさんのワンコたちがいて賑やかでしたが、JILLは相変わらず飼い主さんに擦り寄って媚を売って「可愛い〜」と言われ、レニーはなでられそうになるとビビって逃げていました。

大きなワンコ、小さなワンコ、多様多種のワンコたちに会えてよかったね。。。
ちなみにフレブルちゃんには3匹くらいしか会えなかったよ。
まだ暑くて出て来れないよね。

お久しぶりのスポーツ公園で張り切って歩くレニーは当然のことながら前半からハァハァ状態。
車に戻ってからもクールダウンするのに時間がかかっていました。
JILLもロングのお散歩でさすがにお疲れだったようで、帰ってから爆睡していました。

やっとお出かけできる季節になってきたね。
短い秋をいっぱい楽しくなくちゃ。。。

2012年8月18日 (土)

大地の芸術祭2012

Img_3063今年も行ってきました。大地の芸術祭。

3年ごとに十日町、松代、川西、松之山、中里、津南…越後妻有地区で開催されるアートトリエンナーレです。

1日では回りきれない広大なエリア。
今まではポイントー絞って家族で行っていましたが、今年は何度か足を運ぶつもりで、昨日は2回目の来場となりました。

Img_3103Img_3110
まずは8月5日に行った第一弾。
十日町地区の作品です。

6年前は娘たち二人を連れて家族4人で出かけました。
3年前は長女だけついてきて3人で。
そして今年は娘たちはあっさり「行かなーい」と…ダンナさまと二人旅となりました。

まぁ、それはそれで身軽であちこち回れてよかったのですが…。

Img_3184十日町ではメイン会場の現代美術館「キナーレ」からスタート。

トップ画像は今回の目玉作品となっているクリスチャン・ボルタンスキーの「No Man's Land」という作品。
巨大なクレーンで積み上げられた古着の山。ドンドンという音が会場に響き渡り、何ともいえない圧倒感を感じます。

他にも室内の装飾すべてが金色に塗られた茶室やワイヤーが張り巡らせされた民家、閉校した集落の小学校とその周辺が丸々会場となっている「絵本と木の実の美術館」、森山大道、石川直樹などの迫力ある写真が展示されている「アジア写真映像館」などを回ってきました。

Img_3290

第二弾の来場となった昨日も快晴。
5日もかなり暑かったのですが、昨日も残暑厳しく朝から太陽が照りつけていました。

8時すぎに家を出発して、まずは十日町下条駅前の「茅葺きの塔」とその周辺にあるフィリピンの建築物を鑑賞。

お盆休み中ということもあって、朝からかなりの人が集まっていました。
地元のおじいちゃんが「どら、俺が説明してやるからこっちきなせ〜」と作品の説明をしてくれたのが良かった〜。

Img_3310

この日は松代の農舞台でランチを予定していたので、すぐに途中の川西エリアへGO。
メイン会場の「ナカゴグリーンパーク」は今まで行ったことのない場所。

広いゴルフ場と公園に点在する作品。
ここでは6年前に建築されたジェームズ・タレルの「光の館」が有名。
写真は載せていませんが、茶室にもなっている座敷で仰向けになり、可動式の天井を見上げる。

昼間だったので青空と雲を眺めることができました。
夕暮れの空の色の移り変わり、満天の星空、夜明けの空…これらは宿泊客対象のプログラムになっているとか。

家屋には大浴場もあるので、ここでの宿泊は自然の醍醐味を味わえそうです。。。

Img_3297

他にも広い敷地に建設されたファンタジックなウサギやロバ、鳥男がいる「レイチェル・カーソンに捧ぐ4つの小さな物語」

ジュートという布地に泥を塗って作ったドーム型のシェルターに水桶に鏡を入れて太陽の光を反射させて変化する虹を楽しむ「レインボーハット」などがありました。

そうそう、この「ナカゴグリーンパーク」はドックランがありました。
涼しくなったらJILLたちを連れてこなくちゃ〜。

Img_3323

小高い場所から空と大地を撮影。
雲の高さを見るとやはり秋が近づいているのがわかります。
が、暑かった〜。
飲んでも飲んでも汗になって出ていく。

Img_3330

川西エリアを後にして、松代エリアに移動。
「農舞台」に到着したのがちょうどお昼時。

ダンナさまが「今日は農舞台でランチしたい」と言っていたので、水色にアートされた「カフェ・ルフレ」でバイキングランチ。
ご覧のように、地元の野菜や玄米を使ったヘルシーでナチュラルな品ばかり。
普段からお義母さんの採れたて野菜を食べている私たちには、特に珍しいメニューではありませんでしたが、きっと都会から来場した人たちには、何よりものご馳走だったと思います。

地元のお母さんが作ったと思われる漬物や惣菜はどれも懐かしい味。
私が飲んだ赤じそジュースもここオリジナル。

室内が水色に塗られているだけで、心なしか涼しく感じるから不思議。
芸術祭が終了しても週末はカフェとして通年営業しているらしいので、またぜひ訪ねてみたいと思いました。

Img_3335

食事の後、農舞台内外に展示されている作品を鑑賞。
「里山アート動物園2012」と名付けられた企画展になっていて、愉快で不思議な様々な動物が展示されていました。

私が気に入ったのは、屋上に並べられていたこの陶器!?でできた不思議な物体たち。

両手で持てるくらいの大きさなのですが、表情がユニークで可愛い。
とてもよくできていて、集団だったり、個々に並べてあったり…。

Img_3350Img_3353

室内にも様々な作家が思い思いに表現した動物たちがたくさん。

大きなアルマジロに大きなウサギの顔、絵画作品やフワフワの立体物、
銅のような硬い素材で作られたものもありました。

Img_3368

「もののけ姫」に登場した山犬のような大きなこの作品はカッコよかった〜。

写真では分かりにくいですが、大人が乗れそうな大きさです。

Img_3397

腐敗した動物を表現したこの作品も存在感タップリ。

映画の世界から出てきたようなリアルなゾンビのようでした。

これは夜、出会ったらマジに怖い。。。
もう一体、白いヤツもいましたよ。

屋外にはちょっと変わった形のキリンや羊、象、ピンクの水神もいました。

農舞台の周辺は子どもたちが乗れるヘンテコな乗り物があったり、おばあちゃんたちが麦茶をふるまってくれたり、とってものんびりした雰囲気が漂っていてすごくイイです。

Img_3375Img_3380

ここでは棚田を使ったイリヤ&エミリア・カバコフの「棚田」や世界の草間彌生の「花咲ける妻有」といった有名な作品も見ることができます。

Img_3404

「農舞台」からスタートして、山道を案内に沿って歩いて登ると、そこにも次々と作品が登場。

暑くて汗だくになりながらの散策でしたが、少し風が吹くとそれだけで涼しく感じられて、日本の夏を満喫している気分になりました。

巨大な色えんぴつが吊り下げられていて、風が吹くとユラユラ揺れています。
一本ずつ国の名前が書かれていているのがいい。

Img_3418Img_3357

「関係ー黒板の教室」は、床、机、椅子、壁…すべてが黒板素材になっていて、どこにでも好きなように落書きができます。

ここでも子どもたちは楽しそうにカキカキしていました。
私もコッソリ机の隅っこに落書きしてきたよ。◯◯参上〜って(ウソ)

松代は他にも見たいところがありましたが、離れた場所だったので今回は断念。
松之山地区へ移動。

途中の山道にポツリと建っていたドーム型の「リトル・ユートピアン・ハウス」に立ち寄りました。
室内はカラフルな色で塗りつくされていて、俳句やことわざが書かれています。

Img_3421Img_3439

松之山では以前も尋ねたことのある「森の学校キョロロ」へ。
ここは男の子が喜ぶ場所。
カブトムシやクワガタといった昆虫と木の工作ができる、まさに「森の学校」なのです。

6年前に訪れた時は、ここで次女が工作に挑戦。作ったトナカイを夏休みの自由課題として学校に持っていったのを思い出しました。。。
あれは確か低学年の頃の話…年月が経つのが早い…。

そんなこんなで、今回キョロロは私たちにはあまり魅力的な展示はありませんでしたが、すぐ近くの「美人林」は良かったです。

静かな森。中に入ると空気が澄んでいて、マイナスイオンを体いっぱいに感じられる。
すごく不思議な空間。
フワフワの落葉の土、今度はJILLたちを連れてきて歩かせてあげたいな。

Img_3450

松之山地区は、地区全体に作品が点在しているので、車を走らせて部落を間を移動しなくては行けません。

より効率良く回りたいと思いながらも、山道は細く通れない場所もあるので、面倒でもわかりやすい道を行ったりきたり…。

写真はないですが、三省ハウスは懐かしい木造の小学校を宿泊施設として活用したもの。
中にはカフェやお土産屋さんがありました。

写真は現代アートの建築物「オーストラリア・ハウス」の内部。
壁に鏡とネオンを使った大きな作品が展示されています。

ここもかなり奥まった集落の一角。
訪れた人の中には建築関係者らしき人もちらほら。
この建築物について「あーだ、こーだ」とウンチク話をしていました。。。

Img_3464この大地の芸術祭はかなり奥まった集落に点在する作品が多いので、日が暮れる前に閉まってしまうのが殆どです。

本当はこの後に見たいと思っていた所もあったのですが、時間が気になり、行ってみたかった「家の記憶」と「最後の教室」に向かいました。

「家の記憶」は古民家内に糸が張り巡らされた蜘蛛の巣のような作品。(写真ナシ)
「最後の教室」は廃校になった小学校の体育館、廊下、教室を使った「人間の不在」を表現した美術館と紹介されていました。

Img_3473入り口から入った真っ暗な体育館にはワラが敷き詰められており、数十台の扇風機が回り続けている。

その様子をステージから見下ろすと何とも不気味で不思議な感じ。。。
タテ写真は体育館から校舎に向かう廊下。
吊り下げられた電球の奥には大きなライトが…。
そして廊下には「ドクン、ドクン」と心臓音が鳴り響く。
かなり怖い感じ…そう、学校そのものが生きているみたいな…。

心臓音は理科室から聞こえていて、他の教室でもちょっと不気味な展示が。
泣いていた子どももいました…。

「最後の教室」を出たら夕方の5時。
外も少し暑さが和らいでいました。

せっかくここまで来たので、帰りは小千谷を回ってヒグマ本店でラーメンを食べて帰ることに。
ナビわ設定していざ小千谷へ…。

Img_34741時間ほどのんびり走り、6時半頃到着。
が…なんとお休みではないですかぁ〜。
大・大・大ショック。
車の中で私は醤油。ダンナは塩。ネギ増し、麺固め…なーんて話しながらきたから、すっかり気分はヒグマ一色に。。。

こうなると、大急ぎで戻って女池店に行くしかない!
念のため女池店に電話して、営業時間を確認。
高速で帰れば十分間に合う。

ということで、7時半にはめでたくヒグマのラーメンにありつけました。。。
めでたし、めでたし。

大地の芸術祭にはあと1回行こうと思っています。
まだ回っていない地区もありますし、今回見送ったところもあるので。
次は少し涼しくなった9月に行こうかな。

2012年4月 9日 (月)

卒業記念のTDR

Img_0959

これまた少し前の話ですが、実は次女は卒業式の前日から微熱がありました。
学校ではまだインフルエンザが流行っていたのでもしや…と思っていたのですが、薬を飲ませて様子をみることに。

卒業式当日も微熱があったものの、本人は元気で行く気満々だったので予定通り出席。
謝恩会が終わってから友だちとお出かけする約束をして、イオンへGO。
が、その帰りの車の中で疲れも出たのか「眠い…」とお友だちを放っておいて熟睡体制に。。。
そして帰宅してから熱を計ったら38度。
あらら、やっぱりインフルエンザ感染!?

救急センターに連れていって検査をしたらビンゴ、B型。
卒業式は無事に終えていたものの、実は翌週から卒業記念を兼ねて、TDRに行く予定にしていたから焦りました。

Img_0977
それでも出発までに4日ほどあったので、しっかり薬を飲み、離任式は欠席して絶対安静状態に。
出発当日にもう一度病院へ行って先生からもOKをいただき予定通り出発できました。あーよかった。

今回は私次女の二人で東京のお友だち親子と合流してTDRへ。
夕方の新幹線に乗って、その日はお友だちの家に宿泊。
翌朝早く家を出て、開門時間からディズニーランドへ入場。

春休みは何度か行っているのですが、いつも超混み。
この日も平日だというのに家族連れや高校生くらいのグループで賑わっていました。

Img_0993
ミッキーのフィルハーマジック、ホーンテッド・マンションを皮切りに次女の大好きなビックサンダーマウンテンは140分待ち。が、女4人でおしゃべりしていると、待ち時間もあっという間。

パレードもお土産もほとんど見ないで、カリブの海賊、イッツ・ア・スモールワールド、ガジェットのゴーコースター、ロジャーラビットのカートゥーンスピン、そしてもう一度ビックサンダーマウンテンなどなど、とにかく乗りまくりました。

朝から入場して気がつけば真っ暗。
3月末だというのに夕方からは一気に冷え込んで、かなり寒かったです。

途中、次女は疲れと薬からくる眠気でご機嫌斜め。眠い〜と少し休憩していましたが、まもなく復活。
私は娘たちがアトラクションに並んでいる間にお土産を見たり、一人で先に人気アトラクションに並んでいたり…その間も大活躍したのがiPhone。

Img_1162
ディズニーのアプリをダウンロードしたら、各アトラクションの待ち時間やファストパスの状況がタイムリーに見れるんです。
これは30分待ちだから先に行こうとか、◯◯のファストパスはもう終わっているとか…とにかく広い園内をいかに効率良くまわり、たくさん楽しむための必須アイテムです。

そして一人でアトラクション待ちしている間もiPhoneで写真をUPしたり、facebook見たり…退屈することはありませんでした。

Img_1024
そんなこんなで最後のファストパスでモンスターズインクに入ったのが21時。
帰りに少しだけお土産を買って宿泊先のシェラトンへ。
さすがにみんなクタクタで、特に次女はお風呂に入ったら一番先に「おやすみなさい」とベットへ。

いつも思うのですが、せっかく近場のオフィシャルホテルに泊まっても、翌日も早起きして出発してしまうので、ホテルライフを満喫できないのが残念。

今回も夜景がとってもキレイで(部屋からシンデレラ城のライトアップもよく見えました)ステキなお部屋でした。あー今度はもっとゆっくりホテルで過ごしたいわ〜。

Img_1094
よく朝も頑張って早起きして、ホテルでバイキングの朝食を済ませ、ディズニーシーの開門時間にあわせてチェックアウト。

風は冷たかったけれどとってもいいお天気で気分も上々。
ママたちはどうしてもタワーオブテラーに乗りたくて、私が並んでファストパスをゲット。
娘たちは絶対無理なので二人分です。。。

その間にインディー・ジョーンズに並んでもらい90分待ちで最初のアトラクションに。
朝から90分待ちってどーよ。。。シーも本当に混んでいました。

Img_1135
他にもいい感じでいくつかアトラクションに乗って、ランチは軽くタコスを食べてシーを満喫。

今回、次女はお友だちには一切お土産を買わないと決めていて、本当に買ったのは自分用のダッフィーのグッズだけ。
おばあちゃんからもらったお小遣いも半分以上残してきました。

まぁ、いつも行くたびにお土産代がすごくかかるし、選ぶのに時間もかかってしまうので誰にも買わないっていうのもアリですよね。
私も留守番チームの長女やおばあちゃん、3日もお休みをいただいたので職場にお菓子…と最低限のお土産
で済ませました。

Img_1194

私たちは夕方の新幹線で帰る予定だったので、午後4時くらいにお友だち親子とバイバイ。
小さなハプニングはいくつかあったけど、念願のTDRに一緒に行けて本当によかったです。
今度は娘たちがもう少し大きくなって、別行動ができるようになったら一緒にゆっくり過ごしたいなぁ〜。

そうそう、タワーオブテラーは最高に楽しかった。
久しぶりに絶叫してストレス発散できました。。。

写真は次女のダッフィーコレクション。
シーに行くたびにぬいぐるみやらグッズを買ってきて、部屋に並べています。
今回は通学カバンにつけるキーホルダーを購入。さっそくつけてご満悦のようでした。

何度行ってもまたすぐ行きたくなってしまう…夢の国の2日間でした。

余談ですが、今回は中国人観光客がいつもより目立たない気がしました。
その代わり目についたのが、春休みなのになぜか制服姿で来場の高校生。なんちゃって制服なのかもしれないけど…。
あと、5〜6人の中高校生、大学生くらいの男子グループが多かった。そう、男女でなく、男だけのグループなの。。。男同士で来て楽しいのかな?
んー草食系というか、男子の女子化はこんなところでも垣間見れました。。。

2011年11月17日 (木)

出張

1111172 1年ぶりに1泊2日で東京へ出張。

ダンナさまも出張中で、娘たちの送迎や食事はおばあちゃんにお願いして行ってきました。

今回は初日に千葉行って、午後から銀座へGO。
大きなクリスマスツリーだけ写真撮ってきました。

まだ明るい時間だったので、イマイチ雰囲気出ていませんが、観光スポットにもなっているツリーだけあって、大勢カメラや写メ撮っていました。。。

夕方、同僚と別れてからモザイク銀座にある「マザーハウス」のショップに行ってみました。

可愛らしい店員さんはとても気さくで、色々とおしゃべりさせてもらい、気になっていたバックの実物を見て満足。
本当は欲しかったけど、今回はガマン、ガマン。

この日は新宿泊まり。
今回は誰とも約束していなかったので、ひとりで夜の新宿ブラブラ。

事前にリサーチしておいたブライスの専門店で娘たちへのお土産買って、紀伊国屋書店で立ち読みして、自然食のお店でおひとり様の夕食。
女性のひとり客が多くて少し驚きました。

新宿は久しぶりだったのですが、相変わらず平日の夜だというのに人、人、人。
1日歩いてさすがに疲れて、早めにホテルに戻って貴重なひとり時間をのんびり読書して過ごしました。。。

明けて今日は国立、練馬、茅場町と移動だけでクタクタ。
でも天気がよかったし、国立の大学通りの落ち葉はステキだったし、お客様ともたくさんお話ができて楽しい2日間でした。

帰りに東京駅直結の大丸でお目当ての「麻布かりんとう」と「シュガーバターの木のラスク」を買って新幹線に乗りました。
「ねんりん屋のバームクーヘン」は長蛇の列で断念。

まい泉のかつサンドを新幹線の中で食べて、あとは終点まで爆睡。
111117006
私の留守中、JILLは次女と仲良く寝たらしく、今日も帰ってきたら2階のソファでくつろいでいました。

最近、下のリビングでおばあちゃんと次女がバレーボール見ていると、テレビからのにぎやかな歓声が苦手らしく、必ず逃げて2階にやってきます。

家に帰ってきたらいつもと何も変わらず(あたりまえだけど…)明日もまた弁当作りもあるし、普通に会社だし…早起きしなくちゃ~。

あっという間の2日間だったけど、お留守番ありがとう~。

2011年10月18日 (火)

黒姫&戸隠へGOの続き

111010117 黒姫のコスモス園すぐ側に、テラス席なら犬OKの蕎麦屋さんがありました。
(事前にBanZorroママがリサーチしておいてくれたんだけど…)

いっぱい遊んで、お疲れモードのワン子たちは足元で寝そべってお利口に待っていてくれました。

暑くもなく、寒くもない心地よい太陽の下、お蕎麦と天ぷらでお腹を満たし、次の目的地「戸隠チビッコ忍者村」へ。

111010118 多くの蕎麦屋が軒を連ねる戸隠はどこも人でいっぱい。

トレッキング姿の人も多く見かけました。

道中、車の窓から顔を出して気持ち良さそうなラムちゃん。
JILLと同い年のラムちゃんですが、身軽で元気でおてんばで…とっても可愛い。

戸隠には「忍者屋敷」と「チビッコ忍者村」があり、今回はアスレチック風の施設が充実した
「チビッコ忍者村」へ。

ここは犬同伴OKというワン子連れに嬉しい施設なのです。。。

111010128
ここも親子連れでめちゃ賑わっていました。

さっそく次女とBanZorroママは修行開始。
綱を渡ったり、水上を進んだり…。

次女は「ラムママたちもやりなさーい」と強引に他の大人を誘い、「ニンニン」言いながら楽しんでいました。

111010131
忍者服がレンタルできるらしく、あちこちに可愛い忍たまたちがいました。
(大人用もあるらしい…来ている大人もいました。
BanZorroママきっと似合うだろうなぁ~)




111010151
「からくり屋敷」の中。
ここは楽しかったよ~。

仕掛け部屋はどこから扉がどこか分からず、手探りで探したり、暗い穴を這いつくばりながら進んだら行き止まりだったり…。

111010141 斜めの部屋では「ドリフみたい」と喜んだり、オヤジたちも楽しんでいたよです。

鏡の部屋で次女はいっぱい映る自分の姿に大喜び。
「エグザイル~」とか言いながら踊っていました。。。

そんなこんなで夕方まで遊んで帰路へ。

途中、高速の渋滞にはまりましたが、ブヒたちはお疲れで車の中で熟睡。
次女は帰りもBanZorro家の車に同乗し、最後までしゃべりまくっていたようです。

米山パーキングで休憩をとって解散。
本当に楽しくて充実した1日でした。

しかし、うちのダンナさまとBanZorroパパさんは帽子とメガネでソックリ。
JILLは何度もBanZorroパパさんをじっと見つめていたらしいです。。。
「似てるけど違う…ふたりいる…」と不思議だったんだろうなぁ~。

2011年10月17日 (月)

黒姫&戸隠へGO

111010006 もう1週間近く前になりますが、今年最後のハッピーマンデー、10月10日快晴。

かねてから計画していたブヒお出かけにGO。

1日めいいっぱい遊ぶべく、少し早起きして高速途中のパーキングに集合。

「おはよー、いい天気でよかったね」
ブヒたちも朝のご挨拶。

111010014
それぞれのブヒを乗せて車3台で出発。
我が家は長女がテスト前で欠席。

次女はBanZorro家の車にちゃっかり移動、私はJILLとレニー後部座席でまったり。

車の中の2匹はこんな感じ…レニーはあまり車は得意じゃないようで、いつもおとなしく寝そべっています。。。

111010017 到着したのは黒姫高原コスモス園。

広い敷地には無料のドッグランがあるというので、
ラム家、BanZorro家、我が家の3家族=人間7人+ブヒ5匹でぞろぞろとGO。

コスモスはもう終わり近くでしたが、ダリアの花がきれいでした。

111010029

近所の公園や田んぼ道ではよくフリーでお散歩していますが、ドックランは久しぶり。

スマートな柴犬君が軽快にボールを追いかけて走る姿に、珍しくJILLが食いつきました。。。

普段は他の犬なんて見向きもしないのに、柴犬君を追いかけます。

それがまた、楽しそうな顔して走っているのですよ。。。

111010030 レニーも必死に柴犬君と追いかけっこ。(っていうか、勝手に追いかけているだけ)

足が長くて颯爽と走る柴犬君にくらべ、弾丸のように短い足が走るレニー。

心配していた足の調子も問題なかったようで、思う存分遊んでいたようです。

111010044

少し走りまわってもう満足したのか、JILLは他のワンたちの動きを見つめるだけで、あとはトコトコ、ランの中をお散歩。

レニーやZorroちゃんの行動を冷ややかな目で見ていました。(あいつらおバカや…)

111010058

Banchooくんは上手にボール遊び。

JILLとレニーはボールに興味を示さないので、飼い主と楽しく遊ぶ姿が少し羨ましいです。

得意顔でボールをくわえて戻ってきました。

Banchooくんも楽しそう~。

111010051

この日は本当によい天気で、動くと少し汗ばむくらい。

ブヒたちも少し走るとハァハァ状態。

ラムちゃんの給水タイムです。

111010063

同じ水入れに頭をつっこむZorroっち。

誰かが飲んでいても大きな体で体当たりして、水飲みを奪います。そして、大きな顔ごとつっこんで、水をダラダラこぼしながら飲みます。

Zorroっちが飲んだあとは、水入れがつぶれて、もちろん水はなくなっています。

でもおいしそうに豪快に飲む姿が可愛いからOKよん、Zorroちゃん。

111010067

最初は私たちしかいなかったランですが、柴犬くんを始め、可愛いトイプーちゃんなど賑やかになってきました。

ほぼランは初めてというZorroっちは、「オレと遊んで~」と他の犬に突進して行きそうになり、リードにつながれてしまいました。

それでも隣りのランとの区切りになっている網に突進。

「絶対無理だって…」でも何度も突進。「オレ、あっちの広場で遊びたいんです」

111010073

ランで遊んでほどよくお疲れのブヒたちを連れて、リフトに乗ることに…。

「飼い主の責任で…」と犬もOK。

それぞれのブヒを抱っこしてリフト初体験。

車の窓から顔を出しているのが好きなJILLは、次女に抱っこしてもらい、風に当たりながら気持ち良さそう~。

レニーは少し暴れ気味。そもそも抱っこがあまり好きでないみたい。それでも少ししたら、パパちゃんにいい子に抱かれて、周りの風景楽しんでいました。

111010088

リフトの終点は展望台になっていて、幸せの鐘が。

しつこく鳴らす次女。

少し先の野尻湖もよく見えて、気持ちいい~。

111010096

111010100_2

下りのリフト。JILLの気持ち良さそうな表情。

111010104

時計を見たら、そろそろお昼時。

ここまできたらやっぱりお蕎麦たべなくちゃ。。。ということで、コスモス園をあとにしました。

続きは後ほど…。


2010年11月26日 (金)

TDL土産クリスマスバージョン

101125004 101125005今回のTDL土産です。

これが次女の目玉商品。

見つけたとたん「コレ買っていく~」と一目で気に入ったようです。。。

Nちゃんも同じものを購入。
仲良しの二人はダッフィに続き、おそろいのお土産をゲット。

表はミッキー、裏がミニーのビスケット型のクッション。

隣りのダッフィと比べるとわかるように、枕ほどの大きさがあります。
フワフワで手ざわりもよくて、とっても可愛い。お値段は可愛くなかったけど…。

101125013 他に次女が買ったものは、お友だち用に巾着やペン、キーホルダーなど。

しっかり自分の分も確保していましたが…。

写真には載っていませんが、ミニーの大きなリボンがついた髪ゴムも買っていました。

今年のディズニーランドのクリスマスはミッキーとミニーのビスケットをモチーフにしたグッズがたくさん。
どれも可愛くて選ぶのに苦労しました。

101125009 私は自分用に携帯ストラップ。

ミッキーバージョンと2個セットだったので、ミッキーはおばあちゃんの携帯につけてあげました。

おばあちゃんには他にハンカチと赤いブーツ型のクローバーを育てる小さな植木鉢セット、ミッキーの手の形のご飯用しゃもじを買ってきました。

お菓子も細かい缶入りをたくさん買ってきたのですが、みんな配ってしまい写真に残せませんでした。

101125008
長女にはこれまたミッキーとミニーの2個がセットになっているキーホルダー。

少し大きめで通学カバンにつけると可愛い。

そしてマイクのナノブロック。
コレは嬉しいお土産になりました。。。

マイクは長女の好きなキャラ。
組み立てた姿が楽しみです。

Tdl
シーズンごとに変わるお土産用の袋。
今年のクリスマスはコレ。

次女はおばあちゃんからいっぱいお小遣いをもらっていったのですが、ほとんど使い切ったようです。。。

でも自分でお友だちの分もテキパキと選んで、一人で会計も済ませてくれるようになったので、とっても助かりました。成長したなぁ~。

毎回、お土産は最小限に…と思って出かけるのですが、こうして見てみると今年もディズニーマジックにかかってけっこう買ってきてしまったようです。。。

2010年11月23日 (火)

ディズニーのクリスマス

101120045土曜に次女とディズニーランドへ行ってきました。

今回は夏に次女がお世話になった甲府のお友だちファミリーからのお誘いで、急遽一緒に行くことに…。

お互いのお姉ちゃんたちはテスト前ということで不参加。
うちのダンナさまも一応誘ってみたけど、もちろん不参加。
ということで、我が家からは私と次女。甲府からはパパ、ママ、次女のNちゃんの総勢5人でのお出かけとなりました。

当日の朝、ランド前で集合。
朝から快晴で最高のディズニー日和です。


101120009 開門と同時に入場。と言ってもすでにすごい行列。
クリスマスシーズンに入っていたので混雑は覚悟していましたが、本当にすごい人 でした。。。

入場してまずパパさんにビックサンダーマウンテンのファストパスを取ってきてもらい、次女の希望でホーンテッドマンションへ。

クリスマスバージョンのホーンテッドマンションはすべてがいつもと違い、ナイトメアビフォアクリスマスになっていました。。。

これがめちゃキレイでよかった~。

朝イチだったので並ぶこともなくすんなり入場。でも数分後、出てきたらもう列ができていたのでビックリ。次女の選択は間違っていなかったようです。

101120014
その後、トゥーンタウンで次女たちはお得意のガジェットのゴーコースターへ。

続いてロジャーラビット のカートゥーンスピン。
ここまではまったく待ち時間ナシでした。








101120027

朝から何も食べていなかったので、少し腹ごしらえ。
Nちゃん要望でミッキーの肉まん。

耳までお肉が入っていておいしかった~。




101120020_2

ランド内はどこもかしこもクリスマスムードでいっぱい。

こんなところでもサンタに扮したスティッチが…。

少し前までハロウィンだったのに…一晩で模様替えするのかなぁ~。だとしたらすご過ぎる。

101120035

ショップ内のお土産もクリスマスグッズでいっぱい。

可愛いグッズで目移りして、そしてついついアレコレ買ってしまうのです。

春に来たばかりだから、今回は極力お土産は少なく…と思っていたのですか…。

次女はやはり大きなモノをひとつ購入。それはまた後日写真をアップします。。。

101120049
ファストパスでビックサンダーマウンテンをみんなで乗って、ブラブラしていたらパレードが始まりました。

入場とともに場所取りをしているパレードやショーマニアの人も多いらしく、沿道は人でギッシリ。

私たちはアトラクションがメインなので移動しながらちょっとだけ見学。

101120055_2

2枚目のファストパスはスプラッシュマウンテン。

20分待ちでカリブの海賊にも乗りました。

コレはワールドバザールの巨大クリスマスツリー。
これを見るだけでも価値アリってくらいのツリー。

夜になるともっとキレイでした。

101120060

どのショップもクリスマス用にデコレーションされていて、見ているだけでフワフワの気分にさせてくれる、本当に夢の世界だなぁ~ってあらためて思いました。






101120142
ここは私のお気に入りの香水のお店。

前回も訪れたのですが、いい香りがいっぱいに広がっています。

でもどれも結構いいお値段なので、目と鼻だけ楽しんできました。。。

101120144









今回もいっぱい写真を撮ってきたので、今回はここまで。

次回はキャラクターと夜のTDLを紹介します。

そうそうスプラッシュマウンテンでは私とママさんが一番前の席で、思いっきり水をあびてしまいました。。。

後ろの娘たちは無傷…。化粧もグチャグチャになってやられた~って気分。
でも久しぶりに楽しかったけどね。。。

2010年11月 1日 (月)

忙しい10月

101024002今日から11月。

10月は週末ごとに娘たちの行事やら、急な出張が入ったりとスケジュール帳はびっしり予定がつまっていました。

少し前になりますが、写真は10月21日、22日と一泊で行った東京出張時の写真。

青山の閑静な住宅街にある可愛いギャラリーです。

今回の出張では2日間、青山や銀座周辺のお客様を訪問。
いっぱい歩いて疲れましたが、たくさんの人と会うことができてとても充実した2日でした。

夜は20代前半の頃に一緒に仕事をした女の先輩と食事。
久しぶりの再会だったのですが、話はつきることなく、楽しい時間を過ごしてきました。
で、宿泊は渋谷のビジネスホテル。

これまた久しぶりのお一人様での宿泊で嬉しかった~。

101024193 帰りの新幹線まで少し時間があったので、東京駅周辺をブラブラ。

一度行ってみたかった八重洲口の大丸の1階。
スイーツのお店がズラリと並んでいて、見ているだけで幸せな気分に…。

で、娘たちにはねんりん家のバームクーヘンを買ってきました。

今回はしっとりタイプのものを買ってみたのですが、やっぱり以前ダンナさまが買ってくれた山型の方がおいしい。。。

会社の同僚には「シュガーバターの木」を購入。
列ができていたので、思わず並んでしまいました。(笑)

これが女子の間で評判がめちゃよかったので嬉しかった~。
東京土産はコレおすすめです。

おばあちゃんが翌日から旅行に行くと言っていたので、旅のおやつ用に「麻布かりんとう」の小袋を2種類購入。

これがまたおいしい。(試食しただけですが…)
特に気に入ったのが「きんぴらごぼうのかりんとう」。香ばしくて、ちょっぴりピリ辛。
これもオススメです。。。

101024004 出張から戻った翌日の土曜は、朝から次女の学年行事。

親子で4面ビーチバレーという新しい遊びを楽しみ、総合学習で次女たち5年生が作った新米のおにぎりと、トン汁をみんなでいただきました。

同級生の女の子たちでワイワイ楽しそうにしている次女。
(ピンクのタイツ姿が次女です)

5年生ともなると、背も体格もずいぶん立派になってくるのですが、次女はご覧の通りのちびっ子。。。

まぁ、様子をみていると態度だけは大きく、誰にも負けていないようでしたが…。

101024139 その翌日の日曜は長女の合唱コンクール。

伴奏を引き受けてしまった長女は前日ギリギリまでピアノの前が練習していました。

毎日のように長女の弾いている曲は聴いていましたが、手元は全然見ていなくて、この日、近くで弾いている姿を見てビックリ。

けっこう難しそうなのです…。

私も子どもの頃ピアノを習っていましたが、もうとっくに追い越されたと感じました。。。
5歳の頃から、細く長く続けてきたピアノ。

ほとんど練習しないし、1曲仕上げるのに何ヶ月もかかっていましたが、なぜか「やめる」と言い出さない。。。
っていうか、やめる理由がなかったのかもしれません。

一応、今回の伴奏が終わったら、春までピアノ教室はお休みすることに決めました。
少しもったいない気もしますが、一応受験生なので…。

高校に行って弾く余裕ができたら、好きな曲を楽しみながらまた弾くのもいいかなぁ~と本人も考えているようです。

その代わりといってはナンですが、次女がまたピアノ復活させるようで、今週からレッスンに通うことになりました。

次女も小さい頃、2年ほど習っていたのですが何故かまた「ピアノ始めるよ」と…。
どうやら学校の合唱で伴奏を弾いてみたくなったようです。。。

101024105 写真は合唱コンクールの様子。

長女のクラスは「エール」を歌ったのですが、男子ががんばって声をだしたことがとても評価され、なんと金賞、そして最優秀賞を獲得。。。

「絶対ムリ…」と言っていたので、受賞は意外だったらしく、長女自身が一番驚いていました。

本番は少しミスったようですが、短い練習時間の中でよく弾きあげたと思います。。。

秋の行事もこれで一段落。そろそろ受験モードに切り替えて欲しいと切に願う母です。

より以前の記事一覧